最近の記事が雑記風になったのは


私が新しい経験に入ったばかりで
考えや行動をまとめて人に語れる段階では
ないからだな、と今日気がついた。


モラ尾君対策と自分自身ついては
既に分析完了した状態でブログを始めたので
内容が違ってくるのは当然であった。


だから結論は無いし、
マニュアルにもならない。


しかし、後続の方が
ご自分の人生の相場状況を読む上での
判断材料にはなると思うので、書き続ける。




イヒイヒイヒイヒイヒイヒイヒイヒイヒイヒ




最近私は仕事の事や
住む場所の事などで軽く焦っている。
あのまま嘘の結婚を続けていれば
万事楽だったのでは…


などと思いもするのだが、すぐ
「楽じゃないですよ」
と理性さんからツッコミが入る。


私の不安はまず、このまま結婚していても
まずマトモな貯金や老後の蓄えは
できそうに無い、時期予想もできないという
現実であった。


ここ10年 モラ尾君の事業に一点集中し、
散々引き摺り回されて
どうにか自分でも踏ん張って立ち上がって
その仕事を堅実な形にした。
子供も産んで育てた。


が、まだ大して利益は出ていない。
出た利益はすぐ仕事への投資に使われて
貯金はゼロ、事業資金もまだ完済まで間がある。


仮に事業が大化けするにしても
それには拡大やフランチャイズ化などの
更なる負債や労働がついてまわる。


つまり私は今現在、リスク分散が
全く出来ていないのである。


だから、離婚しようがしまいが
私には精神安定の為の場所が必要だし
私だけの稼ぎと資産形成が必要だし
やるべき事項ほとんど変わらないのだ。


変わる部分とは、万が一モラ尾君の事業が
潤沢な利益を生み出した場合
私がそれを享受できるチャンスを失う事だ。


しかしこれはもう損切りしたい株である。
散々損をさせられた長期保有株!
むしろ私はこの株に持ち出しでテコ入れし
買支えしてきた。

根拠はある。この事業の維持は
子供達の生活と未来への投資であったからだ。

モラ尾君の成功は子供への利益と直結する。
その点、私は最後までキッチリできたという
自負を持っている。
また、モラ特有のガラガラポンで無に帰しても
大丈夫なように次の収入を確保しに行く。


今度こそ、私は私自身の為に働く。
できるかわからないけど
やらなければいけない。




笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き




モラ尾君も保険未加入だから
病気したら一発なのであるが、
以前40歳が保険の節目らしいよと
友人から聞いた話をしたら

保険金殺人でも企んでるのか!
俺を毒殺する気だな⁈

と物凄い顔をされて
私がダメージをうけただけであった。
私が近所の野良猫を毒殺したいくらい憎んでいる、と話していたのが一因ではあった。ショボーン汗
(子供の砂箱に毎日想像を絶する量のフンをし、
    外の客用椅子にスプレーをしていたため)



さて、今日も動きますか。