上から  ↓



先週一週間、南アフリカ金融市場は非居住者の資金が戻り始め、かなりの回復を示した。

特にランドは過去 2ヶ月において対ドルで最も早い速度で反発。 先々週金曜日 7.5905 まで

打ち込まれていたランドは、先週月曜日に 7.3275 まで上昇。 その後もなだらかな上昇が

続いたあと、水・木曜日は買い疲れの反動からか 7.2500 レベルでほとんど横ばい。 そして

週末前の金曜日、米国時間に再び買いを集め、結局 7.1680 の高値で引けている。 

対円でも先々週金曜日に付けた 14.74円が直近の安値。 その後大きく反転し、先週の

終値は 16.24円と一週間のほぼ高値引け。 この期間対円でなんと 10.1 % もの回復を

見せて終わっている。

今週は 7 CPI の公表が控えている。 前月比やや下落の予想が出ているものの、依然

中銀のターゲット上限を超えている数値になることは間違いなく、金利高止まりの観点からも

ランドは今週も強含みする可能性が高そうだ。

金利もランド高を背景に小幅ながらも順調なる低下を示している。 2年国債利回りは先週

月曜日 9.58 % の高レートを一瞬記録したが、その後毎日穏やかな低下を続け、先週

金曜日は 9.46 %。 一週間で 12 bp もの金利低下。 10年国債利回りも 8.28 % と、

先々週金曜日に記録した直近の安値 / 最高利回りである 8.52 % から 24 bp もの利回り

低下、 8.28 % で一週間を終えている。

今週はインフレ経済指標の発表ラッシュとなるため、金利動向には要注意が必要と

なってくるであろう。

米 ド ル/対 円:  116.65円 + 0.60     02年国債:  9.46 % - 3.4 bp

ラ ン ド/対 円:   16.26円 + 0.28    10年国債:  8.28 % - 5.3 bp

  ル/ラ  : ZAR 7.1655 + 0.081   原油価格:   $ 71.09 + 1.26ドル

  ロ/ラ  : ZAR 9.7990 + 0.046    金価格:  $677.50 + 9.50ドル

  8 24 ()ヨハネスブルグ証券取引所における非居住者の南ア証券売買額

国内債券 ネット: ZAR +  366 mil  購入: ZAR 2,761 mil  売却: ZAR 2,395 mil

国内株式 ネット: ZAR + 2,496 mil  購入: ZAR 3,910 mil  売却: ZAR 1,414 mil