続編
2日目の朝、リクトの口の中に大きな口内炎が2つ。
痛すぎて朝ごはんは食べられず。
りんごジュースのみ。
加えて母も体調悪く、「レースどうする?大阪帰ろうかな…」と弱音を吐いてしまう…

そこでリクトがレース走りたい‼️と強く訴えてくれた。
その強い気持ちに動かされ…
もう結果じゃなくて、リクトが楽しく走ってくれたらそれだけでいい…
という気持ちで、会場入り。

前日とコースは同じため試走はしなかった。
スタート音練習1回のみの調整で予備予選へ。

トランプのグリッド。昨日は1番を引いたけど、今日は1番アウト。
励ますためにアンパンマンのシールをハンドルに貼る。
が、気になって貼って剥がし貼って剥がし、粘着力なくなる😭
これ、落ちても絶対探さないで‼️とお願いしているうちにシグナル…
元気よく飛び出す。
アウトから最短距離を一目散に。1コーナーは1番グリッドのお友達に届かなかったものの、2コーナーで抜いてトップに。
そのまま自信に満ちた顔で1位でゴール。

本予選。リクトは1番グリッドへ。
2戦で大本命だと思っている選手が隣へ。
スタート1コーナーまで良い勝負…⁉️と思ったらやはり大本命選手がトップでコーナー通過‼️その後も頑張って離されないように必死についていくリクト。
4バイク差?くらいでのゴール。

充分すぎる結果に喜ぶ母と裏腹に、今にも泣き出しそうなリクト。


なんでなん…なんでそんなに悔しがるの〜もう充分。そんな悔しがって🅰️決勝、昨日みたいにレースで止まってしまったら…と不安に😭

しかしここで、🅰️決勝の代名詞。RCSのレッドカーペットを初体験。

リクトのテンション上がっていくのが分かった。

ものすごく集中している姿に声をかけられず。
ただただ息をのんで祈りました。

スタート、イン側の中国人選手2名が勢いよく飛び出る。
リクトはとにかく足を止めずに1コーナーに向かう。
3位でコーナーを通過し、そのまま順位を落とす事なくゴール。
ゴール手前では疲れてフラつく場面も…それくらい力を出し切ったのが伝わりました。

こんな大舞台で自分の力をすべて出し切ることが出来たのは、チームメンバーみんなの支えがあったから。

母子参戦でも不思議とみんなの応援を身近に感じることができました‼️

みんなからのお祝いメッセージにまた涙…
最高のRCS開幕戦となりました‼️

2歳ラストの3戦に向けてまた頑張ります‼️