2018.8.11はみんな揃って大空(SORA)Caféの「おおぞらプチマルシェ」でお会いしましょう!


さて、今回は出店者紹介第10弾です!
それは「hori pan」様です。



もう、当マルシェ常連出店者様です!
毎回行列ができ、2時間しないで完売してしまう大人気!!

「hori pan」様の店主さんは小学時代に来客へインスタントコーヒーをお出しし、「美味しいね」の喜びの一言がきっかけで料理に興味を持ち、台所で母親の隣に立つようになりました。中学時代に初めてパン作りにチャレンジし、将来はパンと料理を提供するお店を出したいと思うようになったそうです。中学卒業後、高校、大学で陸上を嗜み、22歳のときに仙台と姉妹都市のフランス、レンヌ市で開催されているマラソン大会へ出場を決めました。そこで初めてパン文化に触れ、ますます思いが高まりました。そして改めて、パンのためにフランスへ行くことを決意したそうです。大学卒業後、仙台市内のパン屋、イタリアンレストランでお勤めされているうちに、食べる人の顔が見える、会話ができるようなお店がしたいと思うようになり、31歳で独立。


準備を進めている最中に東日本大震災・・・
同年5月より、平日はボランティア、土日はパンを焼く生活が徐々にスタートしました。そして人との出会い、様々なご縁で仙南、槻木で販売を開始!! 



2014年3月から角田市のはじっこ、 田んぼに囲まれた小さな集落にある築70年の古民家で、パンを焼いておられます。

地元の食材を使い、蔵王産の卵を使ったカスタードや角田市枝野産の小豆のあんこなど作れるものはなるべく手づくりで、 毎日食べたくなるようなパンを焼けるようにと、毎日愛情込めてパンを焼かれております。

私自身「hori pan」様のパンが大好きで、大好きすぎて当店のイベントで自分が食べたいからという理由だけで、出店のご依頼をしてしまったのです(笑)



是非、この美味しい「hori pan」様のパンをみんなで頬張りながら「おおぞらプチマルシェ」を楽しみましょう!


みなさまのご来場をお待ちしております☆