テレビ朝日水曜ドラマ『相棒season16』第8話視聴率と第9話のあらすじ

~テレビ朝日ドラマ『相棒season16』第8話視聴率~

13.6%(前回より0.1%UP)

 

~『相棒season16』全話視聴率~

第1話 15.9%

第2話 16.6%

第3話 14.2%

第4話 16.4%

第5話 14.6%

第6話 13.8%

第7話 13.5%

第8話 13.6%

 

~次回(第9話)のあらすじ~

スナック店主の男性が殺害され、捜査一課では強盗殺人として捜査を開始。犯人らしき二人組の男と遭遇したのは、亘(反町隆史)がひいきにしているキッチンカーの店主・芽依(朝倉あき)だったが、証言が不自然にあいまいだったため、伊丹(川原和久)は彼女にも疑いの目を向ける。いっぽう、逃走した二人組の男は、被害者から奪おうとして奪えなかった“ある物”について、芽依が知っているのではないかと、警察をかたって接触し始める。しかし、男たちを間近で見たはずの芽依は、なぜか目撃などしなかったかのようにふるまう。そのころ、亘と共に捜査に乗り出していた右京(水谷豊)は、彼女がある問題を抱えている可能性を察していた。そんな中、殺害された男性が、不動産詐欺グループと繋がりがあったことが発覚。右京と亘は、犯人たちが探している物が、殺人の動機になったと見て、独自の捜査を続ける。そして、芽依に危険が迫っていることを察した亘は、身をていして彼女を守ろうとするが…!?

目撃者の女性はなぜ犯人を見なかったことにしているのか?
右京が気づいた“目撃しない女”の意外な秘密とは!?
彼女に好意を寄せる亘の決死の捜査が衝撃の結末を生む!

 

 

 

↓他のドラマの視聴率については

ドラマ視聴率

 

↓他のテレビ番組視聴率については

視聴率情報まとめ

 

 

↓クリックしていただけるとうれしいです。

読者登録してね

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

 


テレビ番組ランキング

AD