警視総監の兄弟 | エホバの証人 JW.ORG 2世の心の整理ブログ

エホバの証人 JW.ORG 2世の心の整理ブログ

30年以上エホバの証人2世として育つ。
脱JW、脱マイコンを目指して心の整理をつけている途中です。
アメンバーについては、JWに関しての考えなどを
メッセージでください!


テーマ:

昔から噂があったようで、
○○(私の地元の都市名)に、警視総監の兄弟がいると聞いたんですが、
本当ですか?と聞かれることがありました。

警視総監というのは、警視庁のトップ。警察官の階級の最高位です。
JWが警視総監になったら大ニュースでしょうが、
実際にはありえないことでしょう。

話に尾ひれがついて「警視総監」になってしまったと思いますが、
警察幹部の兄弟は確かにいました。
現在は亡くなってしまいましたが、柔和ですが、なんともいえぬ凄み(笑)のある兄弟でした。先日アップした地域大会のプログラムにも名前が載っている兄弟です。
自分が現在の仕事を始める際にも、背中を押してくれた方でした。

JW組織内でも、地域大会等の対外折衝などでもご活躍されたと聞いています。
名刺を持っていたのですが、警察庁の手口捜査課(正式名称は違うかもしれません)の課長でした。
全国の警察を束ねる警察庁の課長ですから、警視総監ではありませんが、相当の経歴ですよね。

こういう立派な人がいることは、組織にとって得に働いていたように思います。
未信者のご主人たちは、あの人がいるなら変な組織ではないだろう、と考えるでしょうし、その人個人に惹かれて組織に導かれた兄弟もいたように思います。
結果として組織のマインドコントロールを強めることになってしまいます。
あんなに立派な人が信じているんだから、間違いない。こう思わせるのは、マインドコントロールの手法「権威性」ですね。
こういう誰から見ても立派な人が組織にいると、マインドコントロールは解けにくくなってしまいますね。

しかし、警察庁の手口捜査課の課長が、マインドコントロールにかかっていることに気づかず、JWのために力を尽くしていたということになります。
犯罪の手口を知り尽くしている人でも、自分の信仰は疑えない。
手口捜査課の課長でも、マインドコントロールの手口には気づけなかった。

当時は現在のようにマインドコントロールに関しても情報がなかったでしょうし、JWに関しても情報を得ることが難しかったと思います。

そう考えると、自分たち家族は良く辞められたなぁと、改めて感じました。
情報の大切さ。調べることの大切さ。
JWを辞められたということは、警察庁の手口捜査課課長が気づかなかった嘘に気づいて、行動できた。それってすごいことですね。

組織のウソに気づいた人、おめでとう。警察庁手口捜査課の課長が見破れなかったウソを見破ったんだよ。

これまでの数十年間積み上げたと思ってきた「信仰」、築いてきた人間関係すべてを後にして、組織を出た人。おめでとう。
勇気がいったでしょう。悲しかったでしょう。でも、良かったね。自由になったね。

もうすぐ断絶から2年。
感慨深いです。
 

ザンギエフさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.