12月1日(土)・2日(日)の2日間、ポートメッセ名古屋で開催された

クリエーターズマーケット(以下クリマ)vol.39に出展してまいりました。


ブースにお立ち寄りくださった皆様、ありがとうございました。

差し入れを下さった方、お買い上げいただいた皆様、重ねてありがとうございました。


今回は2日間とも程良くお天気に恵まれていたと思います。


両日とも、ホテルから会場までの道中はジャケットを羽織っておりまして。
『寒いかな……?』と、土曜日にはシャツの下には更にヒートテック長袖肌着を着て行きまして……
暑がり&汗かきのため、設営作業時から熱がこもり、後半戦の頃には時々立ちくらみをおこしそうになってました……( ̄▽ ̄;)
日曜日は、思い切ってヒートテックをやめたところ、ちょうどいい感じに。


土曜日の早朝。
宅配搬入受け渡し開始が7時ですので、それを目安に5時起きで朝食、シャワー、変身して出発です。

 

あおなみ線で好きな曲を聴きながら移動中、名港トリトンをくぐると

『よし。本番だ』と気が引き締まります。

 

   

 

 

前回6月のクリマvol.38では、ブース位置が食べ物販売エリアのすぐそば、奥の奥でしたが、今回はほどよく真ん中近く。


両日とも、ブース前を通るお客様の流れがある位置でした。

 

土曜日の設営で。
いつもの体感よりも30分くらい早く作業が終わってしまい

『なにかおかしい……なにか忘れてたりしてないか……?』

と不安になる一幕も。

 

   

 

ひとり出展ですと、開場中はなかなかブースを離れるわけにいかず。
実質、設営後~開場前くらいしか挨拶回りの時間がなく。
いつも、あらかじめ公式の出展者一覧やtwitterのフォロー・フォロワー様のブースリストを作って持っていくのですが。

 

クリマは当日搬入のため。
土曜日は皆様、設営準備でお忙しい状態で。
早めに設営完了された方も、挨拶回りに行かれていて不在という事が多かったり。

 

いつもお世話になっているのに御挨拶が出来なかった出展者の皆様、失礼いたしました。

 

そんな開場前の挨拶回りで『このブースは見ておきたい』とお伺いした、はじめましての作家様に
「あ~!!twitterで見たことがある南京玉すだれの人だ!!」とおっしゃられたり。
型を演じつつ、南京玉すだれをおぼえたきっかけに話がとんだので

「こんな動機からです。そしてこんなオチがありました」

という、いつものエピソードを語ってみたり。


そんなこんなで1日目開場。

 

   

 

ありがたいことに、何度も足を運んでくださる方も少しずつ増えてまいりまして。

わざわざ、こびんペンダントやイッカクピアス、ペン先ピアスを装備してブースを訪れて下さったお客様が何人もいらっしゃいました。


今回は出展されてない作家様が、来場者としてわざわざブースに立ち寄ってくださるという場面も。

 

いずれも、ものすごくありがたいことです。

「twitterで見て来ました」「twitterでこのラッピングを見て来ました」

とおっしゃるお客様も。


どこでどうリツイート先の流れがあるのかは不明ですが、自分で思ってる以上に多くの方に見ていただけてるんだなぁ…と毎回思います。


今回は。
クリマでは初投入の「ヘンな粗品」と「ヘンな封筒」もありました。

 

「ヘンな粗品」を実演しながら
「並行世界のアヨガンには魔法の概念がありますので、こういうものも作ることが出来るんです」
というツカミネタ。

 

ラッピングのモチーフにも実は物語性が込められており、それは、こびんペンダントや風鈴ピアスにもつながっている…という仕掛け。

 

「並行世界・アヨガンから来た行商旅芸人」が繰り出すライブパフォーマンス型のブースを楽しんでいただけておりましたら幸いです。

 


イベント出展の一番の楽しみといえば、なんといってもお客様の反応が直接感じられることと、お客様とのおしゃべりです。


何気ない話の中から、アイテムのヒントや、いろいろな情報をいただいたり。
タイミングによっては、お客様が多くてあまりお話が出来ず、申し訳ないという場面も。

トイレ休憩の間にブースを訪ねてくださった方、不在で失礼いたしました。

 

実は今回も。
土曜日のお昼前におしゃべりの中で浮かんだ『これは使える』と思った2つのネタを取り入れて。
その後、しれっと、さも『以前からこんな設定でした』かのごとくしゃべってました…( ̄▽ ̄;)
どの口上かは内緒です。


大阪・西成区民センター開催のイベントではおなじみの

「ヘンな粗品」と「ヘンな封筒」はクリマでも好評をいただきました。
(とはいっても、今年4月からの歴が浅いアイテムですが)


「え?!6月のクリマの時も立ち寄りましたけど、これ持って来てました?!」
「あ~。もともとクリマには持ち込む予定がなかったんですよ。
でも、twitterをご覧になった方が「ヘンな粗品ください」といらっしゃるかも…と思って用意してきました」

というやりとりを何人かの方とする一幕も。

 

お昼ごろに「ヘンな粗品」をお渡した方が、1時間ぐらいして
「ギブアップなので答を教えてください…」と戻っていらっしゃいまして。
「あぁ。申し訳ございません。答は教えてないのです。解かれた方には解き方を確認して、正解の方には正解だと答えてはいます」
「そうですか……」
16時頃に戻っていらして「あの…たぶん解けたのですが…」
手順確認の上、正解認定をさせていただきました。

「今回のクリマで、「ヘンな粗品」に出会えたのが一番の収穫でした」と大喜びで、「ぜひ一緒に記念写真を撮らせてください」と、ツーショットの写真を。

 


そんなこんなで1日目も無事終了。
貴重品等を持ち、ブースに布をかけて帰るだけなので撤収は楽です。

 


日曜日。
開場前に挨拶回りに動くも、同じように挨拶回りに動かれてるらしく、不在ブースな事が多く。
ブースだけ眺めて、作家様に御挨拶が出来ずのパターン多し。

 

そして2日目、開場を迎えます。

 

土曜日に「ヘンな粗品」をお渡しした方が、わざわざ日曜日にも何人か再訪してくださいました。

 

実は午後に「ヘンな粗品」のちょっとしたトラブル…否、痛恨のミスが発生しまして。
土日とも、各日100本の配分で用意していたのですが。
なぜか日曜日の13時頃、残り20本ほどになりまして。
もうひとつの「ヘンな粗品」と書いた50本入りの箱を開けると…空き箱…

 

『おかしい……

午前中に、そんなハイペースで配った記憶はないし、昨日は10本ほど余ってるぞ……?』

 

14時30分ごろ。
蓋が入れ替わった状態で、商品在庫の箱側から50本入りの箱を発見。
(本来は中身を出した空き箱が入ってるところに、おそらく設営中に蓋が入れ替わっててそうなったのだと思われます)

 

発生したトラブルはこれくらいだったので、そこは幸いというもので。

 

そして流れる「蛍の光」

 

撤収作業と宅配搬出です。

祭りの後の静けさと余韻につつまれてポートメッセを後に金城ふ頭駅へ。

 


次回のクリマvol.40開催日は、2019年6月29日(土)・30日(日)
ポートメッセなごやで開催されるクリマは次回が最後らしく。

 

2019年12月のvol.41は、セントレア空港隣接の新国際展示場で開催予定だそうです。

 

 

 

イベント出展活動3年目の今年は。


『他の作家さんも月イチで遠征出展されたりしてるのだから、自分にもできるだろう』
と安易に考えた結果……

6月30日(土)・7月1日(日) クリマvol.38
8月25日(土) 黄昏市場(大阪・西成区民センター)
10月7日(日) アーティズムマーケット2018大阪-秋(大阪・堺市産業振興センター)
10月28日(日) アート・ウェイ・オオサカ5 お化け恐和国(大阪・西成区民センター)

平均すれば月イチペースの遠征出展の年内のトリになった今回のクリマvol.39。

 

 

正直に白状します。
このペースの遠征出展、むちゃくちゃ疲れました…( ̄▽ ̄;)

 


次回は2019年4月20日(土)・21日(日)の「アリスと歯車4」まで準備期間……

と思いきや。


6月1日(土) 黄昏市場(大阪・西成区民センター)
6月29日(土)・30日(日) クリマvol.40

 

2019年上半期はこの3イベントに出展申し込み予定ですので、いい感じにバタバタの再来です。


また、今後のイベント出展詳細等は、当ブログ『アヨガン雑記譚』や雑居工房こびん屋twitterにて告知をさせていただきます。

 


雑居工房こびん屋twitter: https://twitter.com/zakkyo_koubou