音楽とつかず離れず生きています。手術した手で再びピアノにさわり、何度か歌える状態ではなくなった声も、今また、歌ってくれています。

引っ越してどたばたして。そのあいだに子供も成長してしまい、ブログネタにはできません( ;∀;)
自分も子供も未来はまだよくわからないから、ちょっと振り返ったりもしています。他の方の育児ブログが楽しみなのはそのせいかもしれません。

教育には興味をもっています。ずっと。フィンランドの先生たちに出会って、さらに気持ちが解放されています。

なにか役に立てることがあるのかどうか、あまり深刻には考えないけれど、頭の片隅でおもっているみずがめ座。(宇宙人だそうです。)

パリ・日本で歌のレッスンしています。お笑いレッスンになりがちです。
  • 25 Sep
    • 今日は主婦休みの日

      1日休みができたら何をしたい?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう えっ?後ろを振り返ってみた。 主婦の自覚ナシ。   

      NEW!

      1
      テーマ:
  • 24 Sep
    • ピガールの○○劇場で見たもの

      ピガールへついて、同じ名前の通りを歩く。パリに慣れてるからって「そんな、危ない」と思われる方もあるかもしれないけれど、こっち方面(モンマルトルの丘へ登るのではなく、南の方)って楽器店も割とあったりするんです。まああとは、歩いてて危ない年でもないか。 目的地へついてドアをあけると、丸い小さい舞台、そしてそれをぐるっと取り囲む客席。 この感じは・・・ストリップ劇場かぶりつき・・・(行ったことはないんですが) だったのかも。 今は、普通の劇場、とっても小さい劇場で一杯になっても、お客さんは目の前。かぶりつき。・・・遠慮して2列目に座りました。 今日の出し物はマダムトマト。フランスで定評がある Monsieur bonhomme の登場人物なのでしょうか、(さがしきれませんでした。無関係だけど楽しい写真がでてきたのでペタリ。) 「マダムトマト」を書き、たったひとりで舞台で演じるのは、オレリー・ブーケ こちらの美少女 マダムトマトは赤面症なのです。赤面症の女の子は、からかわれがち。でも、子供のころからからかわれてきた女の子が成長して、いろんな話を紡いでいきます。 客席が近いもんだからこっちにも質問が降られてくる~~ 赤いドレス、靴に身を包んだ女優オレリーはほとんどずっと自転車をこいでいる。エコで、舞台照明は自転車で発電しますからネ。ウソウソ。 オレリーに出会ったのはいつだったか思い出せない・・・そしたら17年前だそうです。 「その巻き毛うらやましい!素敵!」って私が言ったこと、オレリーは「直毛がいい!」って言ったこと、よーく覚えています。巻き毛も大変なことがあるらしいの。 当時はとっても若かった彼女・・・私の歌の生徒でした。  上演中、なんだか涙が流れっぱなし。うんうん、その気持ち、よくわかる、ってこともたくさんありました。そういうことばかり、だったのかも。 長い年月を経てとっても強くなったであろうオレリー、でもある意味ではかわらない、昔のオレリーの雰囲気も思い出されて、そういう台本じゃないんだけど目からなんかもう変な水がいっぱい流れました。  いろんな経験があり、今のオレリーがあるのです。  ( ;∀;)が赤くなっちゃうのがなぜダメ?そして、「赤くナッター」とからかう相手にも、本当は、いいところがある。赤は愛の色! 最後にはお客さん同士、ほっぺにキスしあって終わりました。とっても充実した一時間。そのあともパブでオレリーと他のお客さんたちと一緒に話し込みました。 滅多に外出しようと思わないけれど、19時始まりだったし、でかけて本当によかったー。

      テーマ:
    • ピガールへ行ってみた

      ピガールといえばパリの夜の街。のひとつ。ムーラン・ルージュ(赤い水車小屋)もここにあります。 先日、久しぶりにそっち方面へでかけました。 歓楽街だそうで、街角にきれいなお姉さんもしくはお兄さんが立っているところ・・・と昔は「気をつけて」と言われていました。(サンドニの方もそういわれていたっけ・・・)しかし、まだ暗くなるのが遅いとはいえ、観光客でにぎわっているだけに思えます。観光地モンマルトルのふもとですからね。 気をつけるべきは、街角のきれいなお姉さんにさそわれないこと、立ってみない事・・・ではなくて、 すり だったりする街です。ヤダヤダ。 旅行者がサイトで治安について質問していますが、えらい書かれようなのでリンクはやめておきます。ピガールも、普通の人も住んで歩く街です。ただ、たしかに慣れていない方は気を付けた方がいいかもしれません。私は、すりの方に、下線をつけておきます。 でも、ピガールの名前はジョン‣バティスト・ピガールという18世紀の彫刻家に由来するそうです。https://fr.wikipedia.org/wiki/Jean-Baptiste_Pigalle(おや、日本語がない) モンマルトルはもともとブドウ畑があった丘。ピガールあたりは、なんだったんでしょう。 なぜそんなところをうろついて、しかもポールダンス用のポールがある、つまり、ストリップ劇場に行ってきたかは、 次回に書きましょう。

      1
      テーマ:
  • 22 Sep
    • 今日はカーフリーデーの日

      徒歩や自転車で行きたいとこは?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう 日本語読みすると、カーフで切れてしまって一瞬考えこみましたが、自動車無料!でもなくて、車ナシ、ですね。 ウエルカムです!パリ全面車禁止にしてほしいわ、まったく。 涼しくなり暖かくなり20度ほどみたいだけど、なまぬるく排気ガスが一日中漂っている気分。 げほげほ。美しいパリ、ねえ・・・

      1
      テーマ:
  • 21 Sep
    • 9月はじまりは今もやりにくい

      25年住んで、秋始まりちうのに、いまだに、慣れない。アメーバーに来たらいきなり「今年もあとわずか」だし。あと100日、ちょっと今はパワーが出ない気がするのは注射のせいだろうか、時間に余裕がありすぎて、休み過ぎるせいだろうか・・・だろうな。 たとえば嫌なことがあった日は一日つぶれる。寝たらなんとかなるとしても、その日は一日嫌な気分だったりする。 この夏はいろいろ充実していたのはいいけれどそれはそれで疲れて 「強くありたい」という気持ちがあまり意識できなくなったかわり(不要になったから)かよわい温度が出たがっている様子。 そんなとき、新学年だから、と、隣の学校から昼間っからギャーとかキャーとか一日中聞こえちゃったりする環境は、ちとつらい。 毎年、子供がいれかわったとしても、雄たけび競争をする子供が、必ず数人いるのですね。 叫ぶことを学校で放置し、うけつけた結果が、社会で叫ぶ大人を作ってしまうのである。  というか、フランスって叫んだりさわぐのが好きな国である、と、つくづく思う、 新学期。 とほほ。

      テーマ:
    • 今日は漬物の日

      好きなお漬物は?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう テーマには必ず、つらいものがありますね。いや、つけもの、っていうくらいだから、自分でつければ? ということなんだけども・・・ 買うと高かったり、また真っ黄色のたくあんをみると、ちょっと考え込むんです。何処から来たの、君、何を食べて育ったの?みたいな。 たくあんはなぜ昔からあんなどすの聞いた黄色なのか気になるなあ。    とはいえ、昔を思えば、白菜は「ちゅうごくキャベツ」だし大根もうっかりすると普通のスーパーで買えるようになってしまったあたり、長い月日がたったんだなあ、と思います。 ここで暮らして四半世紀・・・

      2
      テーマ:
  • 20 Sep
    • 本日のレッスン

      (時差ありで書いています) 今日は昼前にひとり、夜遅くにふたり。 3人とも、素晴らしい声が出ました。 みなさん初めての生徒ではなく、うち、ふたりは相当長年のつきあいになります。9月は学年始まりだから、ということでリセット のよい機会。 基礎の基礎から生徒と私の「アイデア」を整頓し直す。 呼吸 吸う息 吐く息 肺 横隔膜 毎度のことながら私が説明するのではなく、質問して、生徒本人に知っていると思うことを言ってもらったり、「説明」してもらうのです。(初めての生徒さんにも尋ねます。) 各自、いろんな見方があるから、本人の考えや印象と、歌に通用している実用が真逆のこともある。それを、腑におちる・・・といいなあ、と、すり合わせをしていきます。何回言っても訂正が必要になることもあるけれど、 私自身もあれこれ忘れるから気にしない。ただ、間違ったことというより、「歌に役に立たないこと」を「これが正しい」と思い込んでいると、上達にはつながらないのです。ちょっと方角が違うだけでも、伸びないことになる。 そこを、ちょこちょこっと、その「思い込み」はあっているのか、歌に役に立つのかどうかを、立ち止まって考え直す機会。それが進学年の今でしょ。って感じ。学年始まりだから、と、 呼吸にさらに重点をおいて準備してもらって 曲にはいったら、 みんなよい声がでた。 今、原石から宝石が光りました!ってところ。 その宝石は、 そこにあるっても、あることに気が付かなかったり、うまい具合に光があたらないと見えない。 頑張ったかいはあったと思った。 どっちも。 これが一週間たって次のレッスンでどうなるかは、 生徒の集中力次第かな。 体が覚えていてもすぐ定着するとは限らない、でも、するかもしれない。 わからないものなのです。人間は、毎日変わっていくものなのだから。

      2
      3
      1
      テーマ:
    • 今日は空の日

      空の写真、見せて?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう  空の日?なぜに? みずがめ座はなにか都合が悪いことがあると・・・空を見るのだそうですが・・・。 空が青い、と思った経験は、すっころんで骨折した時でした。 写真はやたらあるので、なし、ってことで。

      2
      4
      テーマ:
    • フランスに台風ふたたび

      なんて書くと???かもしれないけれど、フランスにはとっても遠くに海外県とうのがありそちらに今回は、 マリア が襲ったそうです。 前回はアメリカにも上陸したイルマ。これは相当な被害が出ています。ふだん天候が荒れない気候のよい南の島だから家のつくりもやわなんでしょう。とはいえ、風力が相当すごかったハリケーンなのであっけにとられる光景でした。女性名はやめてほしいな。 さて、実はもうマリアは過ぎ去ったみたいなのですが、今回気づいたのは・・・ なんだか・・・ テレビに映される録画、 充実してるじゃん! と思った私はひねくれもの?みんなスマホに充電して待ち構えていたのか??と思うくらい。 今は普通の人がとった録画でTV番組が成り立つ時代なのね。

      テーマ:
  • 18 Sep
    • 今日は敬老の日

      敬老の日に何贈る?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう  15日でしょ!? といいつつ、毎年機会をのがしてはや何年か。もう何かさしあげる相手も母一人になりました。 現代の敬「老」は何歳からなのだろう・アラフィフの自分もまじかかあ。東京オリンピックのころには55、パリオリンピックの時には59、生きてたら、だけど。 

      3
      テーマ:
  • 17 Sep
    • ”コシファントゥッテ”

       すっかり夜の外出にも疲れてめったに出かけない私ですが・・・(ずっと座ってられないのとトイレが近いため) 日本で外国から来たオペラを見た時の感激ってスタンダードな演出、なのでした。つまり、昔ながらの雰囲気のもの。作品が作られたころの衣装やその時代を見せてくれる装置。モーツアルトなら、ふんわりドレスを着ていてほしい!女中役だけ、足が見えてるスカートでいい!それが望みなんです。しかし現代のオペㇻは演出が命みたいです。あっスター歌手もいますが、ずっと同じ人もしくはころころ新しい人が出てくるって感じなので私はついていけなくて。 パリのオペラって演出が話題になって、上演前に演出家の講演なども行われたりします。それは演出家の意向そして、オペラハウスの意向、ですね。もしくはプロダクションの売り込みの方向なのかなあ?? パリへ住み始めてすぐに出かけたバロックオペラ作品は、主役抜擢!の歌手がバロックのスタイルがなってないうえ、音が外れやすい人だったので、ものすごーーーーくがっかりしたなあ。男性はがっつりバロックのプロだったのに。あの女性歌手、今はどうしたんでしょう。もちろんカルメン歌うならいいかもしれないというタイプ。でもバロックやってたせいか、音が外れるのはとても気になります。この時の演出はモダーンで、バロックのドレスもしくはベルサイユのイメージのかけらもなし。でも気にならなかったのは、演奏がよかったのと(主役意外)、ドラマチックな面がマッチしていたからかなあ。合唱団も踊ってしまっていたけれど、無理のないふりでした。 今年もまた家にこもることが多いと思います。歌手の名前を見ておもしろそうだな、と思ったオペラはひとつあるのですが、合唱団の名前を見て、行かない気持ちが勝っています。バロックオペラでバロックのベテラン歌手なら、合唱もバロックにしてほしいな、たくさん団体はあるんだし。 といったような裏のこと、あんまり考えずに楽しみたいのですが・・・。

      1
      テーマ:
    • 教会は寒いのだ

      教会コンサートを聞きに行ったけれどやっぱり、じわじわと寒くなってくるのね。 音楽はもちろんすばらしいのだけどしんしんと冷えてきてそっちがつらくなってくる。 クリスマスコンサートで歌わないかと誘われていたけれどよく考えたら教会が会場だ。練習が長引くと寒いし本番だって待ってるまでが長いし終わってからも長いし・・・ 曲が合わないからやめます、ということは珍しいのだけど、タイプの違う声用の楽譜を渡されても、ちょっと、あれ。だからやらないことになって実はほっとしました。 「教会出入り禁止」とどこかに書いて貼っておかないとまた忘れてしまいそうな記憶力のこのごろ・・

      3
      テーマ:
  • 16 Sep
    • パリ 気温9度とか

      25度で「秋の気温」と書かれた日本、そうだっけ・・・とびっくり。 暖房がほしい気温のパリ。 ちなみに去年の今頃は30度越えでした。 だからかな、なんか今年は新学期感が強いのは。 日本の「秋晴れ」とは違い、9月って、雨降って、朝も7時によっこらしょっと日が昇ってくる程度。そこを起き上がって外に出るおしたくをします。 「うわー新学年の始まりだ」 と思うのです

      4
      テーマ:
    • オリンピック&オリンピック

      次は東京ですが そのあとが パリ! いいのかなあ・・・ そのあいだどこへ逃げようかと思う。 またこのごろ兵隊さんが街に増えている気がする、もしくは、近所で見かけるようになりました。 もうびっくりもしない、慣れてしまいました。 嫌な慣れ方だなあ。 

      2
      テーマ:
    • 今日は競馬の日

      競馬やったことある?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう 未経験だし予定もなし。子供の頃にはちょっと遠くまで行くと・・・、あ、あれは競輪場だ・・・がありました。 しかしイギリスの競馬!なんていうと、上級階級のお楽しみのイメージ。 パリは、カフェなどでも賭けられるようで・・・いや、別の競技かな?そういうことができるカフェって、はっきり言っておっさんが集っています。でも、平気で入っていく私です。

      1
      テーマ:
  • 14 Sep
    • ”自分がやってきたことが実になります”

       ここで紹介されている、「無料の自動車の運転の練習」にピンときました。ああ、うらやましい。事故とか注意してとかなんとかいってるよりも、こういう実践のほうが大切です。 うらやましいといえば、ATのみの免許もうらやましい。私は四肢の動きを運転用に使うのが苦手だったので必死に時間もお父ちゃんのお金もかけてマニュアルの免許を得ました。でも、ATに乗り始めたらまもなくAT用の免許ができたのです。 むかついた。 マニュアルはフランスでは主流ですが、この頃タクシーでは増えてきています。ついでにハイブリッドだったりもして、あの切り替えのショックがないと、非常に楽だな、と思います。 フランスは左ハンドルと言いますが、あれはマニュアルの時に、右手で操作をすることになるのでその方が右利きの人が多い場合は便利なんじゃないか、と思うのです。そしたら不器用な私でも、もう少し時間もお金も節約できたかもしれない。 左側に決めたのは誰だろう?うらみます。 四肢を使う運転が苦手なのでドラムもだめ。 でもピアノは、なんかちがうんですよねえ。手というよりは指の動きではありますが。 リブログの方は、もっと下まで読んでくださいね。とってもいいこと書いてあります。 

      6
      テーマ:
  • 12 Sep
    • 正義感はしごとのじゃまになりうるか

      夏前から始まった新大統領の元の政治はさっさと夏休みに入り、そのうちにさっさと人気低下したとか。 しごとまだ始めたばかりで低下も何もないと思うんだけど、仕事に関する法律を変更となると何が何でも抵抗する人が必ずいる。そういうい人に限って公務員だったりするような気がするのはなぜ? 今回は高校生も巻き込んでのマニフェスタシオン(これはつまり大通りを練り歩くことなのです)とか ・・・とか、って書いているのはニュースも、もうちゃんと聞く気がないもんで。だってねー 毎年やってるから、スト。 みんなの仕事の権利を守ってやる!今までの法律を替えさせるものか!といいつつ、交通機関がストしてたら 仕事に行けねーぜよ。 他の人の仕事を邪魔するということは無関心、無関係らしい。 かわなんないなあ、フランス。公立学校の先生も公務員でストをする。(理由、いや気持ちはわかるけど)そのため生徒の学業が中断するのはいやです。 そしてこういう動きに、自力で生活していない高校生を巻き込むというのは、どうなんでしょうか。 そうね、愚痴はあまりはきたくなくても、これは言います。もはや愚痴ではなく○○だけどね。進化しないってのはねえ・・・一か月間、仕事に行きたくても行けなかった経験があると、どうしてもこうなります。片道2時間かけて数時間のレッスンへ、しかも生徒もストだから来られない、という経験をしましたからねえ。今どきの若いフランスっ子より、その辺は厳しい視線なのさ、ふん。

      3
      テーマ:
  • 11 Sep
    • 今日は公衆電話の日

      公衆電話使える?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう フランスにも公衆電話はあり、ボックスもありました。でも、ついにほぼ撤去が始まるとのことです。管理費がかかるし、そもそも、形がきれいなままのボックスなんて滅多にないもんね。 しかし私の懐かしい公衆電話は緑色では決してなくカード式でもなく、まさか百円もいれるなんて代物ではありませんでしたね。友人に電話するとしても、家の中では家族に聞かれそうで(親子電話だった)暗くなってからバス停近くの電話ボックスにかけにいったなあ。十円玉もって。 今考えると、自分の家では多少内緒にできても、先方の家族が出る可能性も大きいから、ある意味あんまり秘密じゃなかったかも、です。 ああなつかしい。今は携帯・・・あの苦労はなんだったのでしょう。

      3
      テーマ:
  • 10 Sep
    • ええええーー!

      レディーガガ、活動休止報道【レディー・ガガ/モデルプレス=9月9日】米歌手のレディー・ガガ(31)が、現在開催中のワールドツア..........≪続きを読む≫[アメーバニュース]  特にファンとかそういことでもないのですが、活動力も想像力もすごいなあと気になってるアーティストが休む、ということにはちょっと敏感になる。 まだ31歳でいらしたのですね。マドンナとごっちゃになっちゃった。 いい時間をとれますように。

      1
      テーマ:
    • 今日は牛タンの日

      焼き肉で好きなお肉は?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう 食べ物の話題ってつらいわあ。焼肉、いつから食べていないんでしょうか。どちらかというと、魚なこのごろです。 あっ、でも、最近レッスンで「牛の横隔膜」の話が出ました。横隔膜って呼吸に欠かせないんです。 

      3
      テーマ:

プロフィール

zakkayamusic

性別:
女性
お住まいの地域:
海外
自己紹介:
フィンランドの歌とシャンソン、フォークソングなどを中心に弾き語りします。歌とピアノの先生、ときどきク...

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。