ザキタワの近江完食ラーメン

主に滋賀県のラーメンを食べ歩いて偉そうに語ります(笑)
あくまで主観的なブログですんで温かく見守って下さい(*^^*)


テーマ:
最初に言っとくと、オサーン地元ですから、一際厳しく。しかし、地元愛から生暖かく。



\(^o^)/
9月30日オープン(^-^)/
《十二分屋愛知川店》
場所は国道8号線長野北交差点南、ACT愛知川の南側。元味一番~中華そば迦陵~居酒屋楽歩。
能登川店の移転という形ですが、メニューは草津店と同じになったそうです。
オープン直後のあるあるで、ラーメンメニューは三種類に絞られてます(^^;
初日は《近江鶏白湯醤油》
以前、彦根で頂いた鶏白湯は正に鶏肉を食べてるような濃度でしたが、フランチャイズ展開以降は、よりカジュアルに食べやすい鶏白湯。しかし、脂の使い方で鶏感はしっかり、逆に鶏が苦手な方はダメだろうな~ぐらいはあります。
合わせる麺も、ソコに負けないながらも無駄に主張しない所のストレート。
味も絡めたボリューム感という意味では物足りなさがアリナシ、大盛りにすれば良いトカではない所に課題ありかな~とエラソーニ。ランチで来る腹ペコな皆さんが松龍あたりに行く意味合いなんかを考えると、そうしたニーズに対する要素はいるのかいらないか。
焼きめしは、甲西店なんかで感じた《硬さ》に《パラリと芯があるのとは違うよな~》と思ったモンですが、結構絶妙なセンに来てます。個人的にはライスも含めて少し軟らか目が好みですが、あくまで好みレベル。味付けは美味しいです(^-^)
二回目は《KOHAKUブラック》
甘い醤油ダレが油と共に多少《タルい》とも取れる仕上がりながらも、縮れた平打ち気味のピチッとした麺とのマッチングが心地好く啜らせます。
個人的には最近、気持ち良く啜らせてくれるラーメンが少ない中、この気持ち良さは大事です。好きな麺です(^-^)
三回目はメニュートップ《十二分屋そば》です。
正直、コレは賛否が問われるカモ(-_-;)
能登川店で食べた《十二分屋そば》はバランス良く、長く愛されそうなスープでしたがコレは、かなり醤油を前に出した形になってます。
醤油の良さが際立つ仕上がりですが、油で多少マイルドになる最初の旨さから後半は、その醤油感がスープを吸った麺と共にシンドくなって完汁には至らず。夏の塩分欲しい時には染み渡るであろうこのスープも、これからの寒い時期には如何かと思われます、当然個人的に~てなモンですが。後半スープの温度が下がる事もあれば尚更。看板メニューで屋号からすれば期待通りとも言えますが…個性や流行り、フラッグシップメニューに関する考え方も問われるメニュー。正直、個人的には能登川店の《十二分屋そば》の方が好きです。
前記にもありますが、ライスはもう少し柔らかい方が好み。画素はセットの唐揚げですが、この唐揚げは最高(^-^)キャベツ欲しい(笑)まだ餃子食べてませんが、サイドの唐揚げはオススメです。

さて、ジモティとしては立地に不安がないとも言えないのですが、問題はないです。前からのレイアウトでテーブルや座敷も完備。接客は、こらからのものでもありますが、メニューや味と同じく個人店の《伸びしろ》を期待するという事がチェーン店では体質的に難しいとされる事から早急に手を打たないと。火曜日が定休日かな、休み明けに色々期待したいと思います。オサーン煩いジモティですから、オープンの助っ人で奮闘の宮川店主に細かい事を色々お伝えしましたが、その分応援してますし、何より食べに伺います(^-^)

オープンおめでとうございます(^-^)/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

☆タキザワ☆さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。