函館~札幌 インラインスケートの旅   第1話 | ここから始まる変な挑戦の話。

ここから始まる変な挑戦の話。

いろいろやった変なことを紹介できたらと思います。


テーマ:

第1話

えー前回書きましたように
まぁ、30代はいろいろなことをやってきました。

その中でも、もっともインパクトのあるものを
まず始めに書いていきたいと思います。

それは、33才の時にやった

「函館~札幌間 インラインスケートの旅」

です。
行程は約260Km位です。

まぁ バカなことを考えたものです。
そもそもインラインスケートとは何か?
簡単に言ってしまえば、 

「ローラースケート」のことです。

インラインスケートとローラースケートの何が違うかといいますと、
付いている車輪の位置が違います。
ローラースケートは

タイヤが自動車のような配置で4つ付いていますが、
インラインスケートは縦に4つタイヤが付いています。


         こんな感じです。

 

まぁこれだけの違い何んですけど、
滑ってみるとインラインスケートほうが
タイヤが縦に付いているだけに少し難しいです。
(僕はそう思いました。)


インラインスケートを始めたきっかけはスキーでした。


就職で北海道・函館に引っ越してきてから
冬のスキーにドップリはまりました。

夏は雪がないので滑ることは出来ないのですが、
ある時、スキーの選手は夏場のトレーニングに
このインラインスケートを使用してトレーニングしていると
テレビか雑誌で知りました。

これはいいと早速、
アルペン(スポーツ用品店)で購入しました。

小学生の時、ローラースケートは少しやったことがあったので
初めてでも、そこそこは滑れたのですが、
さすがにスキーの練習とまではいかないので、
しばらくは公園や駐車場なんかで
早くうまく滑れるようにひたすら練習をしていました。


つづく

 

 

追記

 

 少し前置きが長くなると思います。

 ご勘弁を。

 

 

 

 

最速忍者さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス