再掲 闇の勢力は他人がお金を持つことを望みません。それは彼らに対する脅威になるからです。

http://ameblo.jp/z777x888/entry-12210360288.html

しかし、金塊詐欺に騙されっぱなしのゴイムですが。

金塊そのモノがどこにあろうが、それが、食べ物でも、飲み物でも、着る物でも、乗り物でも、住居でもない。

誰かが造ったり育てたりしないと、複製機レプリケーターでも支給されない限り、誰かを奴隷扱いして、搾取するピラミッド魔トリックスシステムはエンドレスの、王族特権階級上級国民と下流ゴイム奴隷階級の魔魔。

兵隊軍隊自衛隊、警察、ヤクザ魔フィア暴力団が、秩序維持じゃなくて、支配階級の用心棒、監視役、が延々と続くだけですね。

 

偶に、支配階級同士の、覇権争いで、天皇制廃止、日本分割支配、阻止する為に、シベリア抑留の、ゴイム奴隷階級66.6万人の、生贄を差し出させたり、戦後賠償復興費、エアロ・ガリオア資金とか、無期限の、血税奴隷酷使の、担保にされたりと、何れも、王と奴隷の、戦争と税金システムが、続くだけの、あとは、全て、法律とか、娯楽だとか、ガス抜きの、ゴイム奴隷支配の、ピラミッド魔トリックスシステム維持するための、馬鹿バカしい、自由を享受してるかのように、見せかける、講釈に過ぎない。

 

ホログラム、電磁波グリッドの、無限輪廻転生システムの、籠の、監獄の中の、奴隷システムが続くだけの、儚いゴイムの、66.6年前後の、一生の、ほんの短い、一瞬の今、があるだけですが。

もう一度、復習して、尿出し温浴夢予知タイムですね。ッテカ。 Φ(´゜π゜`)φ

 

再掲 闇の勢力は他人がお金を持つことを望みません。それは彼らに対する脅威になるからです。

http://ameblo.jp/z777x888/entry-12205354754.html

ロズウェル墜落宇宙人ドメイン情報に嵌って、特に、旧約聖書の、エホバ、ヤハウエの、選民死相、生贄儀式殺人、輪廻の牢獄無限ループに、黒魔術集団の、洗脳警報発霊中ですが。
可笑しなメールも来たんで、とりあえず、基本的スタイルは、C組P+ピーターですが。
今のところまだ、アーミッシュとか仙人みたいな、生活は無理ですから、A組コーリーやB組コブラ支持で、時間稼ぎしてますが。
基本的には、周波数波動上げて、闇の宇宙人、カバル、追い出すしかないって、親族身内の同じ釜の飯を食った、親の兄弟姉妹に、自身の2親等からして、もう、既に、カインとアベルですから、ホログラム、集団催眠からの覚醒も、ほとんど、絶望的な洗脳ですが。
とりあえず、勘違いしてる、拝金死相関係にアプローチされたんで、C組スザンヌ・リーもやっときますかね。ッテカ。


再掲 日本わ貧しい国になりました
http://my.shadowcity.jp/2016/10/post-9992.html
IMFが、日本の労働者の賃金が安すぎると心配している、という話なんだが、ユダ菌のラストリゾートなので、すっかり食い荒らされています。アメリカは内戦状態だしw こないだTVに出ていたのは、「黒人だけの自警団」とかいうヤツw クロンボが自動小銃抱えて団体で歩いてるw 警官と出くわしたら、市街戦になるのかw

国際通貨基金(IMF)のルーク・エバアート氏は29日、IMFは日本の賃金が低すぎることを懸念していると述べた。
エバアート氏は、「我々は企業の資金が増えているのを背景に日本の賃金が低下しているのを懸念している。状態は悪化しすぎた。現在、労働条件は雇用主にとってあまりにも有利で柔軟だ」と指摘した。

自民党がバカのひとつ覚えで、大企業優遇、貧乏人イジメを続けているから、賃金がちっとも上がらない。それでも昔は、大企業に外資が入ってなかったので、顧客である日本人、スタッフである日本人のための会社だった。今は違う。顧客は世界だし、株主はどこの誰とも判らないようなファンドだ。誰のための会社、誰のための仕事なのか、経営者に考える余裕はない。得体の知れないファンドの言うがままに、ひたすら利益を上げ続けるしかない。利益を追求する上では、必要以上の給料を払う経営者はバカだ。

 

再掲 限りなく転生を繰り返してしまう「罠」 ④
http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/post-3c38.html
興味や魅惑、注意、対立、反撃など反応するとき罠が作動する
.
   IS-BE(霊的存在)に対するさまざまな種類のトラップ(罠)は、64兆年前に「旧帝国」を築き始めた文明のような、他にも存在する侵略的な文明によって作成され、この宇宙の領域に設置されてきた。こうしたトラップ(罠)は、頻繁に攻撃されるIS-BEたちの「領域」の中で作動する。ほとんどの場合、トラップ(罠)にはIS-BEの興味と注意を引くために「美しさ」(を感じる)電波がセットされる。IS-BEがこうした「美しさ」の波、たとえば美しい建物、あるいは美しい音楽の源に向かって動くと、そのトラップ(罠)はそれに対してIS-BEから放射されるエネルギーによって作動する。
.
   最も一般的なトラップ(罠)の仕組みは、IS-BEがトラップ(罠)を攻撃したり、それに反撃したりしようとする時に、IS-BE自身の思考エネルギーの出力を使うものである。つまりトラップ(罠)は、IS-BE自身の思考のエネルギーによって作動し、エネルギーを与えられるのだ。だからIS-BEがトラップ(罠)に対して強く戦えば戦うほど、それはさらにIS-BEをトラップ(罠)の中に引き寄せ、トラップ(罠)の中で「動きが取れない」状態にし続ける。

.
   この物理的な宇宙のすべての歴史の中で、今述べたような形で宇宙の新しい領域を侵略し、他の宇宙文明の広大な領域が占領されて植民地化されてきた。そして過去においてこれらの侵略は、常に共通した要素を共有してきた。それが、
.
   圧倒的な武力の使用。大抵は核、あるいは電磁波兵器による。
.
  ②  電気ショック、ドラッグ、催眠術、記憶の消去。その地域のIS-BE(住民)を従属させ奴隷にする意図で、偽りの記憶、あるいは偽りの情報を通してマインドコントロールを施すこと。
.
  ③   侵略する(宇宙の)IS-BEたちによって、その惑星の自然の資源が搾取される。
.
  ④  現地の住民を政治的、経済的、社会的に奴隷にすること。
.
   こうした活動は、(1947年の)現時点においても継続されている。   そして地球にいるIS-BEたちのほとんどは、全員が過去のいずれかの時点で、こうした活動の一つ、あるいは複数に関わってきた。それは侵略者として、あるいは侵略される側の住民の両方において。この宇宙には「聖人」はいない。なぜなら(その魂の全歴史において)IS-BE間のあらゆる戦争を避けることができた者や、あるいはそうしたことから免除された者はほとんどいないか、あるいは非常に少ないからである。
.
繰り返される転生が、魂の脱出を防ぐ巧妙なトラップ(罠)・システム

.   そして地球のIS-BE(人間)たちは、(1947年の)この瞬間も未だにこうした活動の犠牲者である。人間たちが転生と転生の間に施される記憶喪失は、IS-BEの魂が脱出するのを防ぐ巧妙な「旧帝国」のIS-BEトラップ(罠)・システムの仕組みの一つである。こうした作戦は、「旧帝国」では認められていない反乱分子秘密警察組織によって管理されており、自分たちの政府やドメイン、あるいは自分たちの犠牲者たちから発見されるのを防ぐために、活動を偽装した偽旗作戦が用いられている。それらは精神医学者によって開発されたマインド・コントロールの手法である。
.
   地球は「スラム街」の惑星である。
    それは銀河間で起きた「大虐殺」の結果である。そしてIS-BEたちは以下に挙げるどれかの理由が原因で「地球行き」を宣告された。
.
  1   その者たちはあまりにも凶暴な精神障害者であるか、変質者であるため、いかにある文明が堕落して腐敗していようとも、その一部としてさえ機能することができない。
.
   2   あるいは他の者たちは、「旧帝国」が非常に入念に確立し、容赦なく実施してきた社会的、経済的、そして政治的なカースト制(最下層民の制度)に対して革命的な脅威となる者たちだからである。「旧帝国」のカースト制の中では、生物的な体は最も低い地位の存在となるように特定に設計され、指定されている。そうしたIS-BEが地球に送られて、その後生物的な肉体の中で機能するよう強いられたり、騙されたりするわけだが、その時IS-BEは実際には(地球という)牢獄の中の(肉体という)牢獄の中にいる。


再掲最近の日本の社会構造
http://ameblo.jp/kissy-seed/entry-12096370774.html

 

再掲【万世一系 大日本カースト帝国を認識する】 (09/30)

http://jfcoach.blog49.fc2.com/blog-entry-281.html
日本カースト制度

カースト

上の図では、天皇の位置がうまく表現出来ませんが、まあ、支配者は支配者なんですが、実際は◎元奉公衆が最高権力者で、天皇は飾りみたいなポジションと言いたい訳です。

http://www.fastpic.jp/images.php?file=9691685537.jpg
http://www.news-postseven.com/archives/20160513_411471.html?PAGE=2

 

再掲スザンヌ・リー 2014年5月30日 層状の世界
http://japonese.despertando.me/%E3%82%B9%E3%82%B6%E3%83%B3%E3%83%8C%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%BC-%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%94%E5%B9%B4%EF%BC%95%E6%9C%88%EF%BC%93%EF%BC%90%E6%97%A5-%E5%B1%A4%E7%8A%B6%E3%81%AE%E4%B8%96/

スザンヌ・リー

2014年5月30日

層状の世界

Layers of Reality – Higher Light YouTube

5-30-14

http://www.suzanneliephd.blogspot.co.uk/2014/05/layers-of-reality-higher-light-youtube.html

アルクトゥルス人は語る

層状の世界

世界は振動数の異なるいくつかの層でできています。それは、地球 の3次元と4次元のホログラムに埋め込まれています。この世界においてあなたたちが苦難にぶつかるのは、カバル(悪党)とか闇の勢力と呼ばれる人たちのせ いだけではありません。それは、あなたたちの一人一人が、どの振動数の層に同調しているかによるのです。

もしあなたが、第4次元の低いアストラル界や、第3次元の低いサ バイバル(生存競争)レベルを見ているなら、闇の勢力がまだその振動数領域の支配力を握っているのが見えるでしょう。実際、他人に力を振るいたい者たち は、このような低い世界に移動したのです。それは、彼等が、ガイアの4次元や3次元にますます深く浸透してきている高次の光に耐えられないからです。

一方で、あなたたちのますます多くの人が、ガイア自身とともに、 振動数の高い層に移動しています。そこでは、出て行ったエネルギーがすぐに戻ってきます。闇の勢力やその他の怒りと怖れに支配されている者たちは、自分が 送り出したエネルギーがすぐに戻ってくることを非常に怖れています。彼等は、自分が世界に向けて送り出したエネルギーがわかっています。そして、それが自 分に戻って来ることを望んでいないのです。

自分勝手、他人からの略奪、力づくの支配、怖れに基づく怒りによ る支配など、彼等は、(自分が送り出した)そういうものを自分の人生で受取りたくないのです。そこで、彼等は、振動数の低い層に逃げ込みます。そこでは、 送り出したエネルギーはなかなか戻ってきません。彼等は、そこで、同じ振動数の低い層に住む人々を支配するのです。

振動数の高い世界で生きるためには、「何が大切か」ということに ついて3次元的な概念を手放さなければなりません。特に、お金に対する執着を手放す必要があります。それは、物理的な地球世界においては、お金はネガティ ブな力になってしまったからです。お金は、しばしば、殺人、戦争、支配、権力の乱用などの原因になっています。

4次元の上の方や5次元の世界では、お金はまったく存在しませ ん。実際、低いアストラル界を除いては、4次元にもお金はほとんど存在しないのです。あなたが意識を高く広げれば広げるほど、あなたはお金を「十分」、あ るいは「もっとたくさん」持つために一生懸命働かなくてはならない、という3次元的な考えを放棄するでしょう。

お金を一番欲しがる人が、闇の勢力に支配されている低い振動数に いる人たちだというのは興味深いことです。闇の勢力は他人がお金を持つことを望みません。それは彼らに対する脅威になるからです。一方、あなたの意識の振 動数が上昇すれば、お金の力が偽物だとわかるようになります。なぜなら、あなたはますます「一つなるもの」の流れの中で生きるようになるからです。そこ で、あなたは、ますますお金に対する必要も欲望も手放して行きます。

地球の振動数の高い層の流れの中で、あなたは、あなた自身の創造 力に気付いて行きます。その流れの中でどうやって生きるかを思い出すにつれて、あなたは3次元的な時間から離れ、「いま」の中で生きるようになります。あ なたが意識の拡大をつづけ、お金を超えた世界、つまり、お金や物を獲得することや他人に力を振るうことを超越した世界に同調するにつれて、あなたの創造力 は拡大し、あなたの自由も拡大します。

この変化を遂げるあなたたちが多くなるにつれ、まだ一生懸命働い てもがいている人たちも、もしかしたら自分も平安と豊かさを感じながら人生を流れることができるようになるかも知れないと思うようになります。この豊かさ は、お金や、お金で買うことのできるモノのことではありません。それは、あなたが平安と愛と幸せに共振することができることを思い出させてくれる心の状態 なのです。

多くの人が会社での仕事を離れ、田舎に引っ越し、自分で食物を育 て、必要なものを物々交換で得るようになれば、モノが少なくても完璧に幸せでいられることを見出すでしょう。このような選択は、高次の世界から送られてく る無条件の愛と同じくらい急速に、闇の勢力を打ち負かします。

そして、いよいよ臨界点に到達すると、何が起こるでしょう? 地 球やほかの人々のことや創造的であることを考える人が多数になり、溜めこんだり、成功したり、権力を得ることを考える人が少数になった時、何が起こるで しょう。人々が、何かを得ようと夢見てもがくのをやめれば、人々は、もっと容易に高い振動数に流れ込むことができ、「もっと欲しい」という幻想を超えたと ころに共振するようになります。

「もっと欲しい」は「感謝している」の反対です。「もっと欲し い」と言っているとき、あなたは、「いまは足りない」ということを宣言しているのです。すると、あなたの多次元的創造的自己は、(それ自身は)不足の幻想 を超えているのに、「私は、足りないと考え、それに感情をつぎ込んでいます。だから、もっと多くの不足をもってきてください」という声を聞くのです。

反対に、あなたが「いま持っているものがありがたい」と考え、それに感情をこめると、あなたの創造的自己は、「いま持っているものが、どんなにありがたいことか」という声を聞き、さらに多くの感謝の種を持ってきてくれるのです。

あなたたちの多くにとっての問題は、3次元のゲームのルールが変 わったにも拘わらず、多くの人がそれに気付いていないということです。3次元の地球の古いルールでは、あなたたちは前に進むために、ものすごく働かなけれ ばなりませんでした。けれども、古い3次元はたくさんの高次の光を取りこみ、激しく働く代わりに、スマートに働いて、新しい(ほんとうは古いけれども長く 隠されていた)技術を発見(ほんとうは再発見)するようになりました。それによって、人生は、ほとんど働かなくてよいくらいにシンプルになるのです。

別の言い方をすれば、あなたたちは「いま」新しい地球に流れ込ん でいるのです。5次元の地球への境界を越えれば、あなたたちの先祖であり、あなたたちの自己の高次の現れである銀河連邦が、あなたたちとの再会を待ってい ます。この世界にお金は存在しません。もう必要ではないからです。

(そこでは)あなたたちはみんな複製装置を持っています。それは あなたが必要とするものを、何でも、即座に作り出します。食べ物や家具から、個人用のトライコーダー(スタートレックに出てくる万能探索記録装置)、声を 認識する自動翻訳装置、反重力自動車に至るまで何でも。事実、これらの装置の多くが、いまの移行中の世界で、「発見」されつつあるのです。

あなたたちが、新しい地球の、もっともっと高い振動数のレベルに 流れ込めば、このような技術が日常生活の中で見られるようになるでしょう。それは、このような技術を隠していた闇の勢力が、このレベルの振動数にもはや共 振できなくなるからです。このため、このような技術がすべての人に行きわたるようになるのです。

あなたたちが新しい地球にさらに深く入って行くにつれて・・・そ れは毎日々々あなたたちがしていることですが・・・あなたたちの銀河の家族が空から舞い降り、レムリアやアトランティスにいた祖先たちが新しい地球から現 れるでしょう。彼等はあなたたちの間を歩き、新しく目覚めた人たちを助け、愛し、支えます。新しく目覚めた人とは、怖れを手放し、愛と創造性に基づく新し い生き方を始めた人たちのことです。

はじめは、あなたたちはこの新しい層に入ったり出たりするでしょ う。それは、新しい地球のこの層に常にとどまっているためには、思考と感情をコントロールする練習が必要だからです。あなたの思考と感情と身体の感覚が、 あなたが新しい地球の振動数に戻ったことを教えてくれます。

まもなく、あなたたちは自分のエネルギー・フィールドをマスター した意識状態を維持する方法を思い出すでしょう。あなたたちは、学んだり、試したり、待ったりする必要はありません。単にあなたの意識をその層まで拡大す ればいいだけです。その層では、あなたはいまマスターであり、既に新しい地球に住んでいるのです。

あなたたちが歩くことを覚えた時、あなたたちはよく転びました。 あなたたちが話すことを学んだ時、あなたたちはよく間違えました。練習、練習、練習。そうすれば成長します。あなたたちはいま成長しており、多次元的な自 己に帰る途中なのです。自分自身に対して、あなたの愛する子どもに対するように、忍耐強くありなさい。実際、あなたは、宇宙の愛する子どもなのです。

高次の光があなたたちの世界に浸透するにつれて、あなたは容易にもっともっと高い振動数の世界に流れ込み、あなたの真の自己を思い出し、あなたが既にそうであるマスターを思い出すでしょう。

私たちが言ったことは真実です。それをあなたのハイ・ハートで感じ、多次元の心で受け入れてください。私たちは、聞く意志のある人すべてに語っています。

私たちは、暖かい火を焚き、灯りをともして、あなたたちの帰還を待っています。

アルクトゥルス人より

翻訳:Ken