「みらい とんでん」の火災で、当直だった女性職員(24)が入居者の介護のため、灯油ストーブのある居間を離れた間に出火したとみられることが15日、道警などへの取材で分かった。札幌北署は、のどにやけどの重傷を負って入院中の女性職員が回復後、詳しく事情を聴く。

 道警と市消防局によると、女性職員は救急隊に搬送された際、「1階の入居者のおしめを交換しているときに、居間のストーブ付近から出火した。消火器で消そうとしたが、消せないぐらい炎が上がっていた」などと話したという。出火当時、当直は女性職員1人のみで、施設内には消火器と住宅用火災警報器が設置されていた。

 灯油ストーブ周辺の燃え方が激しく、近くで焼け焦げた衣服や物干しざおが見つかっており、同署などはストーブ付近に干してあった洗濯物に引火した可能性があるとみて調べている。

 また、同署は15日、身元不明の5人のうち、村上吉宏さん(当時65歳)と家山信子さん(当時81歳)の身元を歯型から特定した。2人は入居前、札幌市内で暮らしていた。残る3人はDNA鑑定で身元確認を進めている。【金子淳、中川紗矢子】

【関連ニュース】
厚労省:グループホーム防火体制の徹底、全自治体に通知
札幌7人焼死:現場前で家族が献花
火災:住宅全焼、1人死亡 大阪・茨木
札幌ホーム火災:居間のストーブから洗濯物に引火か
札幌ホーム火災:福祉施設の指導を都道府県に通知 消防庁

<山内康一議員>元秘書を詐欺で起訴 東京地検(毎日新聞)
空き地で爆発音、車2台全半焼 茨城・神栖市(産経新聞)
最先端研究基金、配分決まる=iPS山中教授は「満額」-科技会議(時事通信)
「北陸」「能登」ラストラン=半世紀の歴史に幕-「撮り鉄」3000人・JR上野駅(時事通信)
阿久根市長「駆け引きとマスコミへのお仕置き」(読売新聞)