凄い展示会をプロデュースする株式会社ゼンシン イベントプロデュースSec ブログ

「感動価値創造」凄い展示会をプロデュースする株式会社ゼンシン。あなたの展示会についてのお悩みを解決します。


テーマ:

展示会の立ち位置について理解した上で、展示会だけでなく、いろいろな種類の販促活動の中で、大事になってくることが「マーケティング」です。

 

〇マーケティングとは

 

商品が大量かつ効率的に売れるように、市場調査・製造・輸送・保管・販売・宣伝などの全過程にわたって行う企業活動の総称。市場活動。販売戦略。(引用元:

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0&source=lnms&sa=X&ved=0ahUKEwif1oyCwerWAhVDv5QKHQW7D_sQ_AUICSgA&biw=1795&bih=888&dpr=0.9

 

上記は、辞書から引用したものであります。

 

 

マーケティングの本質とは、

「売れる仕組みを作ること」

 

消費者と商品の接点をコントロールすることです。

 

接点1

消費者の頭の中を制する

 

認知率を最大化する

 

消費者は、知らないものは買わない

 

それが何かわからないまま購入するということはまずありません。

 

消費者の頭の中にあるブランドに対するイメージのことを

「ブランド・エクイティー」といいます。

 

例えば、

 

メルセデスベンツって?

 

熱湯3分 オレンジ色のパッケージは?

 

これらを聞いた時思い浮かぶイメージ

これが「ブランドエクイティー」です。

 

メルセデスベンツなら

高級外車 ドイツの自動車会社

 

熱湯3分 オレンジ色のパッケージは?

ズバリチキンラーメン 日清食品

 

このようなことが思い浮かんだのではないでしょうか。

 

商品の特徴から思い浮かぶイメージ、

ブランド名から思い浮かぶイメージ

 

消費者の頭の中に「選ばれる必然」を作る。

 

消費者の頭の中に「商品=会社名、ブランド名」を作る。

 

これら「ブランドエクイティー」を築くための活動を

「ブランディング」といいます。

 

展示会だけでなく、販促活動における軸となるものです。

 

だから

 

展示会に出ると考えた後、マーケティングを意識した戦略が最も重要

 

になってくるのです。

 

一般的に、すでに戦略を立てた後、もしくは戦略を立てることなく、

装飾に取り掛かる方がほとんどです。

 

そうなると間違ってしまうのが、

 

×展示会=豪華さ・世界観を作り出す箱

〇展示会=利益を生み出す販売促進の手段   

 

です。

 

展示会が特別なイベントと考えず、普段の営業活動と何も変わらないということを知っておいてください。

 

ブース装飾に関してもそうです。

 

長くなりました。詳しいことは、また明日書きます。

 

展示会の成功をサポートする

「凄い展示会」をプロデュースする株式会社ゼンシン

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

z-eventさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。