大学の最終授業が終わったとき、

ミュージカルコースの学生3人が公演のフライヤーを持ってやって来ました。

 

「先生、観に来てください!」

 

午前午後の2公演が二日間。

それぞれに自分がソロで出る回を教えてくれる。

もう、観に行くことを前提として。

 

かわいいです、学生たち。

 

ということで、昨日、大学のホールへ観に行って来ました。

 

洗足学園音楽大学は『のだめカンタービレ』のロケ地です。

千秋さまが指揮した演奏会の撮影も、このホールで行われました。

 

「Winter Musical Showcase Vol.2 STAGE + SCREEN」

 

素晴らしかった!

洗足学園音楽大学の施設の充実度は日本一なのではないかと思うほど素晴らしいでのですが、

作品としての完成度も高いのです。

ミュージカルコースですから、もちろん歌やダンスの素地がある学生たちばかりですが、

ここまで仕上げるには相当な鍛錬を積んだと思います。

 

授業中、ポーッとしている学生たち、

当然といえば当然なのですが、

生き生きとして、歌もダンスも素晴らしく、

楽しそうで、本当にかわいい。

 

私はほとんど親心で観ていたというのか、

娘のバレエの発表会を観るような。

 

学生たちの多くはミュージカルの世界を目指しているのでしょう。

狭き門です。

そして舞台の上で活躍できるのは、一握りの中の一握りの人たち。

みんなそれぞれの夢を叶えていってほしいと、最後は祈るような気持ちで観ていました。

 

学生たちのパフォーマンス。

楽しみが増えました。

 

 

今年の秋、シアタークリエで『RENT』上演です。

今回はオールキャストをオーディションで選抜したと聞いています。

半泣きで翻訳した2008年・・・干支が一周り。

どんな『RENT』になるのか、今から楽しみ。

そういえば、このオーディションを受けた学生がいたとか。

 

 

ニューヨークのレストラン「Stardust」。

ブロードウェイを目指す若い役者たちが働きながらパフォーマンスを披露する。

このフランチェスカちゃん、キュートで歌も素晴らしかった。

今もここで歌っているのでしょうか。