小さい頃、宇宙のことを考えると果てしない気持ちになりました。
夜、寝るときにそんなことばかり考えていたのです。
三面鏡を合わせて映してみると果てしく自分の姿が続いていのにも似ていて、

「終わりがない」ということのすさまじさに、宇宙の果てしなさを思ったものです。
三面鏡の中には宇宙があったのです。

 

 

日本人女性エンジニア、エマ・ハルカ・イワオさんが、円周率計算の世界記録を更新しました。
31兆4000億桁…。
果てしない。
まだその終わりは見えないのですから、三面鏡状態です。。。
 

例えば、いま飲んでいるコーヒーが入っているカップの飲み口の円にも、

31兆4000億桁の数学定数が潜んでいるのですね。

 

空の上ばかりを見て過ごしていては現実が立ちいかない。

現実ばかり追いかけていたら、目に見えない大切なことを見落としてしまう。

 

いま、ここ。宇宙。

 

果てしない空間で、限りある時間を生きている。

これこそが現実。

そこに焦点をあてると、何をしたらいいのか見えてくるかもしれません。

 

いま、ここ。果てしない時空間。


これもまたすさまじいことです。

 

 

 

 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42491490V10C19A3000000/?fbclid=IwAR26OOJFan5UQNn9Aglc5PKMExrhVYDrFnzOzRqi9MSDJf2zdmbNUt2aOFI