光の在り処

テーマ:

自分の中の闇を知っているから、光が見える。

あたりまえのことは、何もないということ。

 

少しの隙間からでも、光は射し込む。

きれいね。

 

 

それは、感じる心の中にあるのかも。