人生の先輩お二人と、夢のようなお寿司をいただいた夜。

どんなおもしろいことができるか。

どんなことで人を楽しませ、自分も楽しくなるか。

その思いが創造的な生き方になり、創造性に溢れた人生になる。

ビジネスとなれば厳しいこともありますが、

それを超えるわくわく感があれば、茨の道が花道になる。

何気ない会話から、学ぶことがたくさんありました。

 

 

生き方は、エネルギーなのだな、と思いました。

成功していると、していないということと関係なく、

高い、低い、でジャッジするものではなく、

生き方そのものが、その人のエネルギーとして発せられている。

 

北原さんと、内堀お兄ちゃま(親友のお兄様)との穏やかな語らいを通して、

お二人のエネルギーが心に染みいりました。

 

来年の4月から、新しいことが始まる予定があり、

それは仕事というよりも、学びと労力が多そうで。

この冬は、その準備。

 

しあわせなお寿司の時間。

ありがとうございました!