これまで1000曲あまり歌を書いてきましたが、

自分の歌、自分のための歌は一曲もありません。

仕事ですから、そういうものですね。

自分の作品の中には、私を励ましてくれたり、

元気を与えてくれる歌は数多くあります。

でも、自分のために書いた歌ではない。

 

ソングライティング・クラスの受講生の石井聡さんが、60歳の節目にアルバムを制作しました。ご自分の思い、人生をなぞるように書かれた珠玉の7曲。

何よりの記念の一枚です。

 

 

生きた証を残す。

それは、後に残った人のためではなく、自分のためです。

これまで生きてきたこと、

これから生きていくこと。

その人生の一地点で、自分が自分である証です。

 

 

私が書く作品たちも、私が生きた証となるでしょう。

でもそこに、「自分のために書いたもの」がほしいな、と

石井さんのアルバムを聴きながら思ったのでした。

私も、そろそろ節目の何かがあってもおかしくない年齢です。。。

 

ソングライティング・クラス、今年は開催しませんでしたが、

来年は開催する予定です。

 

クラスの作品、希望者には本格的なレコーディングをします。

こちらからお聴きくださいませ。

 

https://www.youtube.com/channel/UC1bwzuD5a_RobuvAmKkNeLA