帰国後近況報告★

テーマ:

4日に帰国して、9日に社宅に入りました。

 

今日冷蔵庫がやっと届いて、明日船便が着きます。年末にはどうにかこうにか落ち着くかな?

 

久しぶりの日本は帰るまでは本当に不安な気持ちでいっぱいでしたが、

美味しいご飯にいろいろ吹っ飛びました(笑)

 

カルフォルニアで、なんと車で30分圏内にミツワが6つもあって、もうここ日本じゃ~んなんて思っていましたが、いや、もう全然本当の日本食は比じゃなかった・・・。私たち頑張っていたよね、と夫と話す日々・・・。近所のスーパーに行くのが最上の喜び・・・。生でちくわが買える幸せ、薄切り肉が買える幸せ。数日連続で白菜のミルフィーユを作った(笑)

 

とはいえ、小さな娘と妊婦の私、家族3人でかえって生活を立ち上げるのは本当に無理があったと反省しています。

 

ずっと落ち着かないホテル住まいを10日以上も続けて、時差ボケもあるので、娘のストレスはすさまじく、自分で自分をたたいたり、髪の毛を食べたり、頭を打ち付けたり、奇声をあげたり・・・・。

 

家族が遠方だしなかなかヘルプが頼みにくいので、2人でできると思っていましたが、できることとやっていいことは別と学びました。

 

環境の変化やストレスにしっかり向き合うためには彼女を見てあげられる人員確保は必要でした。

 

手続き周りもかなり時間がかかり、役所、銀行、家電屋などなど、待ち時間も長く、移動につぐ移動。車社会からいきなりの電車生活も大変で。今までは移動時間でとれていた睡眠もとれなくなり・・・。

 

親もストレスを感じるから小さな子どもには相当堪えたと思います。

まだ、私が元気ならいいのですが、さすがにお腹がきつくて、抱っこも長時間できないのが可愛そうで・・・。

 

これからは子どもが二人になるので、本当に慎重にしなければと思いました。

やっとお家に入って、私がご飯を作り、自分のチェアに座ってご飯を食べて落ち着けるようになって、彼女も落ち着いてきました。

 

それまでは、本当に心配で、様子を見ては私も思わず泣いてしまい・・・。とにかくまだまだ荷解きもありますが、彼女に付き合うことを第一に考えたいです。

 

その他のこと、メモ風に残してみます。長くなりますが、帰任する人の参考になれば幸いです。

 

※本当はあと一回、これで最後の更新にするつもりでしたが、ごめんなさい。あと、1回新しいブログを紹介したら終わりますね。す、すみません。やめる辞める詐欺(笑)

 

****

 

● カルフォルニアは天気がよく、本当にのんびりできてよかった。たくさん観光はしなくて、ひたすらビーチを見てのんびりしたり、疲れをいやすためによく寝たり。何にもしない贅沢を4日間楽しみました。

 

HOTELとてもよかったので、シェア

 

ラグナビーチ:http://www.innatlagunabeach.com/

 

 

{14438C66-3B25-4D75-AAE7-E9617A3B55DD}

 

{601B7875-8996-411B-BEE6-16EC2A04871B}

 

 

窓から見える海が本当にきれいでした。残念ながらタブ無し。

 

 

サンディエゴ:http://www.t23hotel.com/

 

 

{D561E754-3C0A-42EB-A893-3809650524B4}

 

 

ベランダからサーファーを眺めてゆっくり陽が落ちるのを眺めていました。近くに日本食のお店もたくさんありすごくスタイリッシュでいいホテル。タブが深いのも魅力です。

 

途中有名な桟橋で、バックパッカーの大学生と出会い、3日間ブラウニーをふやかして食べ、野宿していると言ってたので、しこたまハンバーガーをごちそうしました。

自分たちもおじさんおばさんになったな~ってなんかしみじみしちゃった。

 

{E0582607-F60A-472F-B8F9-2FF896F55009}
 
 

サンディエゴズーにも行きました。広かった〜。ゴンドラは楽しそうでした。

 

 

● 格安携帯にしました

アメリカでSIMフリーのiPhoneを購入して帰り、日本で格安携帯にしました。というか、Yモバイルなんで、正確には格安携帯ではないらしいのだけど・・・。

 

家のネットと、携帯の契約で、なんと7万円分のキャッシュバックと、3つ合わせても月々1万円行くかどうかの契約でフィニッシュ★すごくお得になりました。

(ただ、粘り強い交渉と、理解が必要です。ノウハウ知りたい人は声かけてね。でもほんとに普通のキャリアにお金払うのがバカバカしいよ。)

 

● 妊婦健診初診

日本の産院での初診が終わりました。さすがの日本、3時間以上かかってお疲れ・・・。

アメリカでの出産の話をするとかなり同情されて・・・。そして、やはり慎重に見たいということで、ずっとこの総合病院に通うことに。子どもの同伴不可なので、急ぎ娘の預かりを探す必要があります。

 

ただ、アメリカに比べて本当に細かく見てくださって、

胎盤の位置だったり子宮頚管の長さだったり、子宮の形状や手術痕なども教えてくれました。年明けには日本でもスクリーニングをしたいとのことで、しっかり見てもらえそう。

 

前回の出産での不安点やトラウマをしっかり話せて受け止めてくれそうな先生なのでほっとしました。私の例をカンファレンスにかけて相談してくれるそうです。

 

(ちなみに麻酔は硬膜外は入れないんだって・・・なんでなんだろうね。でも、本当に前回ひどい目にあったので、強く希望して例外にできないかカンファにかけてくれるそうです。)

 

そして、さすがにお医者さん、英語のレポートはすらすら読めていました。素晴らしいわ。残り、血液検査の結果書類と、出生前診断のレポートと、子宮筋腫の手術レポを持っていく予定です。

 

● 飛行機と時差ボケ

4か月の一時帰国より格段に楽ちんでした。とはいえ12時間のフライトで寝たのは1時間弱ですが・・・。故に親は寝ていませんけどね・・・。サンディエゴ→成田便はあまり大きくない飛行機なので、通路を歩かせることはできませんでした。

 

でも、3席あったおかげで、座らせてビデオを見せたりお菓子を食べさせたりとなんやかんやとやり過ごせました。すさまじいぎゃん泣きもなかった。ずっと抱っこで、吐き戻し、漏れなんかもあった前回の悪夢を思えば快適なフライトで、私は君の名はも見れたし、夫はシンゴジラまで見てた。

 

時差ボケも前回ほどひどくなかったです。前回は本当にフラフラで、3日くらい足元がおぼつかなく、ずっと天がぐるぐる回っていました。初日だけ、夜中の2時くらいに娘が起きてしまい、明け方までやり過ごしたりしたけど、でも、1日でほぼ解決しました。

 

予定をぎゅうぎゅうに詰めなかったことと、カルフォルニアに数日滞在していたのも大きかったかも。

 

● 手続き周り

市役所は本当に時間がかかりました。まずは本籍地からの謄本と附票を出して住民登録。そうか、マイナンバー制度ってのがあるのね、とびっくり(後日カードが来るらしい)

 

住民票にコードを記載するかしないかで、待ち時間が違います。うっかり記載してほしいといったので長くなったけど、直ぐ使うものではないので、いらなかった・・・。

(ちなみに企業では年末調整でコードが必要らしいですね)

 

その後は、児童手当の申請。

これもお金がもらえるって知らなくてびっくりしました。

私たちは12月に入ってからの申請なので、1月分からの支給です。1万5千円大きいです。

 

そして、私はハローワークに、雇用保険の受給延長の解除へ。残り22日分支給されます。たぶん合計15万くらいはもらえるかな。大きいです。

 

4日に帰国して、8日に来庁。で、12日にすぐ認定日でしたが、それは活動の必要がなく、年明け1月16日が最終認定日です。それまで2回活動が必要。

 

子連れで行っても見てくれて相談できるスペースだったり、直ぐに仕事はできなくても、探す手立てやアドバイスももらえると聞いたので、頑張って行ってみようと思います。

 

****

 

ざっとこんなところでしょうか。

 

冷蔵庫やエアコンを買ったり、これから車も買うし、子どもの学資保険も入らないとと考えるとかなりのお金が出ていく今月。帰省もあります。

 

なので、家計管理は来月から始めるとして、今月はちょっと甘やかしてゆるりと行きたいと思います。

 

にしても、妊婦で子連れで日本の生活やはり辛いです。電車が慣れないせいもあるけど・・・。日本のママたち、みんなタフだなぁ。旦那さんが毎日遅いのだろうし、みんな本当によくやっている。

 

たくさん子どもを連れたママを見ると、無条件で尊敬しちゃいます。

 

日本はもちろんすごくいい部分を感じるけど、やはり、アメリカの自由さも良かったなと思う最近です。

 

早く生活を落ち着かせて、娘にも友達を作ってあげたいのですが、なかなか・・・。

頑張ります。