HFC26 ニッサンセレナ 不具合修理 | Y&Y AUTO TECHNOLOGIES

Y&Y AUTO TECHNOLOGIES

日常の出来事を順次アップします

裏の会社さんからのご依頼で

HFC26 セレナの入庫

 

オークションで購入後

チャージランプが点灯しているので

点検というご依頼だったのだが

 

エンジンルームを開けてみると

ベルトがない(このMR20は一本ベルト)笑い泣き

おまけにテンショナーにピンが刺してある

 

何か作為を感じます

オルタネーターがロックしてるかも?

手で回してみるもロックの気配なし???

 

試しにベルトを手配し張りエンジン始動

❝シャー?ジャー?❞という轟音

しばらく我慢して轟音の原因を探す

 

下から見上げるとエアコンのコンプレッサープーリーから火花アセアセ

慌ててエンジンストップ

ベルトを掛けていなかった理由は轟音の為か?!

でもベルト掛けてなかったらWPも回らない

これ完全に売ったやつ作為でしょ

酷いですね

 

A/Cコンプレッサーのマグネットクラッチかなと思ったけど

コンプレッサー自体のロックもあり得るので

結局、コンプレッサー交換です

 

 

でも一番びっくりしたのは

外したコンプレッサーのプーリーベアリング

こんなの初めて見ました