Apache Derby

テーマ:
Apache Derby(アパッチ・ダービー)は、IBMから寄贈されたCloudscapeのソースコードを元に、 Apacheソフトウェア財団によってプログラムの開発が進められている、Java技術で実装されたRDBMSのソフトウェア。歴史1996年Cloudscape Inc. 設立1997年Cloudscape Inc. よりJBMSという名称でリリースされ、その後Cloudscapeと改名。1999年Informix Software, Inc.により、Cloudscape Inc が買収される。2001年IBMがInformixからCloudscapeを含むDBMSのソフトウェア資産を買収。IBM Cloudscapeとブランド名称が変更されリリースが続けられる。主に、IBM製品の組み込みDBMSとして使われる。2004年IBMよりソースコードがApacheソフトウェア財団に寄贈される。2005年incubationを卒業してApache DBのsubprojectとなる。Sun MicrosystemsがApache Derbyを基にしたJava DBを提供することを発表。2006年Sun MicrosystemsがJDK 6にJava DBを同梱することを発表。2007年IBMがCloudscapeの販売終了を決定。[1]特徴Java技術により実装されている。APIとしてJDBCを提供する。特に10.2.2.0より提供されるバイナリはJDBC4.0をサポートする。構成EngineとNetwork Server、Network Clientおよびツール群から構成される。EngineRDBMSの機能を提供する。トランザクション処理が、IBMが1989年に開発した、ARIES(Algorithm for Recovery and Isolation Exploiting Semantics)というアルゴリズムにより実現されている。 [2][3]アプリケーションにライブラリとして組み込んでembedded modeで利用可能。プログラムのフットプリントが小さい。 Engineが固有のインタープリタを持たずに済むよう、SQLの実行計画からバイトコードが出力され、Javaのクラスが内部的に生成される設計となっている。Network Server/Network Cli

民主議連の緊急提言、「十分検討」―足立政務官(医療介護CBニュース)
首相が小沢氏に「お互いに説明尽くす努力を」(産経新聞)
ダン・ブラウンの新刊が来月登場(産経新聞)
協会けんぽの後期高齢者医療費「肩代わり」案 健保連が反対行動(産経新聞)
<銀座時計盗>香港の捜査員来日 大丸神戸店視察へ(毎日新聞)
AD