こんにちは。

いつもご訪問頂きありがとうございます♪

 

 

バストについて悩みを抱えている多く方から、

「バストが小さいのは遺伝なのですか?」

という質問をいただくことがあります。

 

 

また、遺伝だからと諦めている方も多いのですが、

もし、バストの大きさが遺伝で決まるしたら、

バストアップするための努力は

無駄になってしまいます。

 

 

そこで今回は、

バストの大きさと遺伝についてお話ししていきます。

 

 

 

 

-*-*--*-**-*-*-*-*-*-*-*-*-*

~目次~

▶バストの大きさは本当に遺伝なの?

▶バストの大きさは遺伝よりも時期の影響

▶バストを大きくするには乳腺がカギ

▶女性ホルモンを崩す原因とは?

▶まとめ

-*-*--*-**-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

 

 

 

 

【▶バストの大きさは本当に遺伝なの】

 

coverimage:weheartit.com

 

 

 

 

 

 

バストが小さいのは遺伝だ!

と諦めている人も多いですが、

結論から申しますと

バストの大きさはそこまで遺伝しません。

 

 

大手下着メーカーのトリンプでは、

1980年以来ブラジャーの販売実績をもとにした

日本人女性のカップ数の推移を調査しています。

 

 

調査当初は、Aカップが約6割と最多を占めており、

A~Cカップが全体の9割以上と

低カップの女性が大多数という結果だったそうです。

 

 

しかし、2000年以降、A~Cカップは減少し、

一方でDカップ以上の割合が急増しており、

年々カップ数は大きくなっていっているそうです。

 

 

バストの大きさが遺伝だけで決まるとしたら、

現在もAカップの女性が大半になるはずです。

 

 

この調査からも、

バストの大きさと遺伝の関連が弱いことが分かります。

 

 

バストの平均値についてや

なぜカップ数が上がっているかについての詳細は、

以前書いたこちらの記事を参考にしてみてください。

↓↓↓

 

「バストの平均サイズを上回るには?」

https://ameblo.jp/yves-jubilee/entry-12381694769.html

                               

 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   

しかし、バストの大きさと遺伝の関連が弱いと言っても、

全く関係ないということはありません。

 

 

バストの大きさと遺伝の関連性は、

おおよそ30%程だと言われています。

 

 

逆に遺伝の要素が強いのは、

バストの土台となる大胸筋や骨格です。

 

 

さらに、ストレスを溜めやすい性格も

遺伝の要素があるのです。

 

 

女性ホルモンのバランスは、

ストレスが溜まると崩れるため

バストの大きさに悪影響を及ぼします。

 

 

ここから分かることは、

バストの大きさがそのまま遺伝するというよりは、

バストの大きさに関わる要素が

遺伝するということになるのです。

 

 

 

 

 

【▶バストの大きさは遺伝よりも時期の影響】

 

coverimage:weheartit.com

 

 

 

 

 

実は、バストの大きさは遺伝というより

時期の影響の方が強いです。

 

 

バストは身体と同じように

「成長期」というものがあります。

 

 

バストの成長は、初経の1年前~初経後の3年の

およそ4年間と言われています。

 

 

この時期は、何か特別なことをしなくても

バストは自然と大きくなります。

 

 

これには、

「成長ホルモン」と「女性ホルモン」

が作用しています。

 

 

「成長ホルモン」は、

20代を迎えると少しずつ減少していき、

「女性ホルモン」は30歳前後にピークを迎え、

そこから徐々に減少していきます。

 

 

仮にこのバストの成長期に、

ダイエットや夜更かしで、

食生活・生活リズムが崩れた人は、

ホルモンバランスが崩れやすくなり、

バストが大きくなりやすい時期にも関わらず、

バストが小さいままになる可能性が高くなってしまうのです。

 

 

ただし、この時期を逃したら

一生バストが小さいままというわけではありません。

 

 

バストの成長に年齢は関係ないのです。

 

 

 

 

 

【▶バストを大きくするには乳腺がカギ】

 

coverimage:weheartit.com

 

 

 

 

 

バストは脂肪が9割、乳腺が1割

という割合で構成されています。

 

 

そのため、乳腺と脂肪が

バストが大きくなる重要な鍵になるのです。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      

 

 

バストの脂肪は乳腺が発達することで増えていきます。

 

 

その乳腺を発達させるのが

女性ホルモンの

「エストロゲン」と「プロゲステロン」が必要です。

 

 

つまり女性ホルモンの分泌を増やすことが

バストアップにつながります。

 

 

☑エストロゲン

妊娠に不可欠な卵胞の成熟を促し

子宮内膜を厚くするなどはもちろん、

自律神経を整えたり

女性らしい体を作り出してくれます。

 

バストアップに必要な「乳腺」を増殖させる力があります。

 

 

☑プロゲステロン

生理や排卵など、

妊娠のための体を作り出してくれます。

 

バストアップに必要な「乳腺」を発達させる力があり、

こちらも欠かせません。

 

 

これらを補う詳細などは、

以前書いたこちらの記事をご参照ください。

↓↓↓

 

「育乳でバストアップ!年齢を重ねたからと諦めないで」

https://ameblo.jp/yves-jubilee/entry-12377888707.html

 

 

 

 

 

【▶女性ホルモンを崩す原因とは?】

 

coverimage:weheartit.com

 

 

 

 

 

ここまで、バストが小さい理由は、

必ずしも遺伝によるものだけではない

ということをお伝えしました。

 

 

女性ホルモンである

エストロゲンとプロゲステロン

それぞれのバランスが崩れると、

大きくなるはずのバストも大きくなりません。

 

 

そこで、女性ホルモンのバランスが

崩れる原因を挙げていきます。

 

 

☑偏った食事…

ジャンクフードなどの過剰摂取は

食生活を乱れさせ女性ホルモンの大敵となります。

 

 

☑睡眠不足…

22~26時のゴールデンタイムは、

女性ホルモンが一番活性化するので

寝ていることが大切です。

 

 

☑冷え…

身体が冷えることによって

血液の循環を悪くしてしまいます。

入浴で体を温める習慣をつけることが大事です。

 

 

☑姿勢…

パソコンやスマホを使用する際の猫背、

座っている時に足を組む、

立っているときに片足重心になるなど

 

 

☑ストレス…

ストレスを溜めこむとで自律神経が乱れ、

女性ホルモンのバランスも悪化します。

悩み事を友人や家族に聞いてもらうなど、

日ごろからストレスフリーの状態を作ることが大切です。

 

 

 

 

 

【▶まとめ 】

 

coverimage:weheartit.com

 

 

 

 

 

バストが小さいのは遺伝だと悩んでいる方は、

この記事で新たな発見が出来たと思います。

 

 

バストを大きくするのに年齢は関係ないので、

まずは女性ホルモンのバランスを

整える努力をしてみてください。

 

 

バストアップするために重要な

女性ホルモンを崩してしまう原因を述べましたが、

そこにあるものは全て

日常生活の中で改善できるものばかりです。

 

 

食生活や睡眠等を意識することが

バストアップの土台となるので、

「生活習慣を整えること」

少しずつ意識してやってみることが

バストアップへと繋がります。

 

 

バストが小さいのは遺伝だから

と鼻から諦めず、

自分の理想とするバストを叶えていきましょう。

 

 

 

 

見たらポチっと!
押していただけると励みになりますうふ
↓ ↓ ↓

エステサロンランキングへ


根本改善プライベートサロン
バラyvesjubileeバラ

お問い合わせ
03-6407-8605

営業時間
11:00~19:00(不定休)

Twitter twetter  

https://twitter.com/yvesjubilee

 

InstagramInstagram 

https://www.instagram.com/yves_jubilee/?hl=ja

 

Facebookfacebook 

https://www.facebook.com/yvesjubilee/