エドが、11月9日に永眠したと
お母様からご連絡をいただきました。
(これは我が家で保護してた時の写真です)




お母様からのメッセージより


11月9日にエドが永眠しました
立ち上がることが出来なくなっても、ご飯の時間になると手足を動かして起き上がろうとしていたエド。
切ないけれど、最後まで微笑ましいエドでした。

エドに逢わせてくださってありがとうございました。
キキさん、ロイド君。エドを見守ってくれてありがとう
ワコちゃん、元気に長生きしてね。


ご連絡本当にありがとうございます。






エドを保護した頃の記事です
(保護当時の仮名はロクでした)






エドは保護した時すでにシニアで、歯が全て抜けており10歳は超えているか、という感じでした。
いつも舌が出ちゃう








よく寝ていることが多く


何度もその愛らしい姿に癒されました。








基本、寝てるか、立ち止まってるかで動きがほとんどないのに、ウン○と、ご飯の時は機敏だったエド。









キキの前足が邪魔で立ち止まるエド

避けるか、またぐかすればいいんだけど、フリーズ
キキもどかない笑







エドの記事





シニアはそれだけでチャンスが減りますが、エドは心臓の心配もありました。

それでもエドを家族にと言ってくださった、ご家族様。
初めてお母様と会った時のエド。
あまり表情を出す子ではありませんでしたが、この時はとても嬉しそうでした。








子犬から飼いたい、とおっしゃる方は多いのですが、シニア犬って、本当に可愛いです。

穏やかで、愛嬌があって、なんともいえない魅力があります。

シニアから迎えた方は、その魅力にどハマりします。
上の動画のように、シニアからでもトイレも覚えるし、ルールも覚えてくれるし

でも何よりも、人が犬に寄り添って暮らすと
たくさんのことが伝わるようになります。








保護犬を検討されている方がいましたら、シニア犬もぜひ、その候補に入れてみてください。
そして飼育に悩んだら、お気軽にご相談ください。







去年の10月に虹の橋を渡ったウメちゃんと、エドの写真。
ウメちゃん、エドがそっちに行ったからよろしくね。

みんな大好き。
エド、本当にありがとう。



エドのご家族様、最期までありがとうございました。