2005-09-27 12:11:10

ショートフィルム「峠越え」

テーマ:自転車
ショートフィルム「峠越え」クッリクで再生

峠に辿り着けば至福の一時。なんとなくホッとしてもらえるのではないかなあ。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-09-08 10:08:53

再録・徒然走稿第三回

テーマ:自転車
追分クッリク>大きい画面

『追分け』1997.8
■信濃追分宿
軽井沢から国道18号線を西へ7km、中山道と北国街道の分岐点。
最寄り駅はJR信越本線(今秋より第3セクターに移管される予定) 信濃追分駅。
分去れの碑、枡形茶屋、道祖神などが往時の宿場の面影を留めている。
堀辰雄や立原道造の定宿だった油屋旅館、本陣の他、唐
突にシャーロック・ホームズの銅像が立っていたり(ド
イル作品の翻訳者がここの出身なのだそうな)と、通過
してしまうには惜しいところである。

杠聡  イラストライター
 休暇をとって新潟の奥只見へ行ってきた。
計画ではそこから会津、日本海に出て糸魚川、松本を経て東京に
戻ってくる予定だったのだが、都合がつかなくなって奥只見だけに
なってしまった。
 奥只見は素晴らしいところだった。
が、雪渓を見に行くトレッキング中にウルシでかぶれてしまい、
東京に帰ってきてひどいことになってしまった(食事中の方もい
るといけないので詳しくは書かない)。
初期にもっとちゃんと処置しておけば、こんなことにはならなかっただろうに…。
そうだ、今度、応急処置の特集をやりましょう!

※イラスト中の書き文字は石灯籠前にある水盤に刻まれていた物です。
考えてみたら、連載時はモノクロだったんだよね。
カラーで紹介できるというのはうれしいなあ。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-09-06 14:50:38

アゲハ

テーマ:アート
???

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-09-02 18:43:41

新・徒然走稿第四回

テーマ:アウトドア
那珂川・境橋クリック>大きな画面

『水面からの眺め』
カヌーに揺られて川を行く。年に一度のことになってしまったけれど。
そんなに厳しい瀬を攻めるわけではない。が、それなりに緊張する。
何故かというと、このカヌー、カヤックという奴は船底がまあるくて(断面が弧を描いているのです。いわゆるキールという三角断面ではない)、水の上での滑りはすこぶる良くても、黙っているとクルクル回ってしまって方向が定まらない。始終乗っていればドロップハンドルの自転車と同じで慣れの問題もあり、おとなしやかな場所を運行する分にはなんの支障もないのだろうが、年に一回となるとそうはいかない。

クルクルクルクルとトロ場で体を慣らして、クルクルがクッと来て、パドル(櫂)の一かきで”グッ”と進行したい方向に舳先を向ける感覚が戻ったところで流れに乗って川面を下る。
自転車は上りがあって下りを楽しむことが出来るけれど(峠越えの場合ね)、カヌーの上りというのはあまり楽しいモノではない。
まあ、技術がある人が楽しい瀬を下っては逆流を利用して遡上し、またそこを下って攻める、というゲレンデ的な楽しみがあっても、これは技術と体力が伴う場合の話で、年に一回、体を慣らしてからやっとこ流れに乗る人間には無縁の話である。

やっとこだろうと、ひょっとこだろうと、流れに乗れば川はきちんと迎えてくれる。
カヌーの操縦者は水の中に腰から下を入れた状態で流れてゆく(喫水線が腰骨よりも少し上のあたりかな)。つまり川面から自身の座高程度の高さの視点で移動してゆくのだ。
この視点はあまり経験できるモノではない。これは水面に立つ波の視点といってもいいのではないか、と思っている。

波の視点で見ていると、立ち上がってみればどうってことのない白波が、ゴオゴオと音を立てて覆い被さってくるように見える(まあ、技術不足で波が実際よりも大きく迫ってくるように感じるのかもしれないが)。大きな鯉とすれ違うと船が揺れる。ちょっと手を伸ばせば水の中に肘まで浸かってしまう。数十センチ下で水が澄んだり、濁ったりしながら一緒に流れてゆく。

香りと清さと、臭いと汚れが岸辺に住む人たちの気持ちをそのまま映すかのように変わってゆく。

すっかりと悟ったような気持ちで橋の裏を眺めていた次の瞬間、小さな隠れ岩に乗り上げたカヌーはクルリと横転して、僕は逆さまになって水中を眺めているのであった。

■栃木県・烏山町 五万図:烏山(リバーツーリングの時は二万五千図の方がよい)
この境橋を拠点にして上流の馬頭町のあたりから下ってきたり、御前山方面へ下ったりしている。
絵に描いてあるのは本文のカヤックとは違い、ファルトボート(折りたたみ式のカヌー)なのでキールがある。
直進性能が良いので乗りやすいけど、喫水が深いので浅瀬に弱いのと、あまり激しい瀬だと岩などにぶつけて船体布や木製のフレームをぶち折って悲しい思いをすることがある。
昨年も破損させてしまった。でも、メーカー(フジタカヌー)に送ったらしっかりと修理してくれた。結構前の製品なのに現役でサポートは万全なのだ。
こいうところ自転車メーカーも見習って欲しいなあ。

◆ゆずりは さとし イラストライター www.yuzuriha.com
今年の休暇は洞窟探検。福島のあぶくま洞、入水鍾乳洞とハシゴした。
入水鍾乳洞がイチ押し。蝋燭を手に暗がりを行く鍾乳洞として結構有名なところだ。
探訪コースランク最高のCコース(コースがA~Cまでにランク分けされている)がおすすめ。
Cコースは案内人無しでは進入することが出来ない(なぜか案内人は皆、便所サンダルを履いている)。ヘッドランプを装備して、身を切るような地下水の中(5分ほどで痺れて感覚がなくなるから大丈夫?)を時には膝まで浸かり、時には四つん這いになり、はたまた貴重な鍾乳石の間に体をよじいれて通り抜ける。途中で灯りを消してみると、もう鼻の先も見えない真の闇。福島方面にお越しの節は是非お試しあれ。

入水鍾乳洞 http://www1.plala.or.jp/CUE/cave_irimizu.html
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。