いつかは誰か 子ども達を見守ってくれる人に | NPO法人 ゆずりは学園のブログ

NPO法人 ゆずりは学園のブログ

ブログの説明を入力します。

薬の副作用の症状がまだあります。もちろん、いつの段階でこの嫌な症状が治るのかわかりません。

自分でしてしまったことですから、どうしようもありません。

 今日はメディア学習の初日。講師の先生とはメールで打ち合わせしてあります。

パソコンの準備もスタッフさんと打ち合わせが出来ています。

東愛知新聞の記者さんとも打ち合わせは終えてあります。

 

10時にもうひとつの打ち合わせ。

動画、インスタの係の人も来ます。

メールで今日の約束は、もう6月に入った時ですから、今回の私のミスは計算に入れてありません。

動画、インスタ すべてパパさんとスタッフの二人にお願いしました。

 

さらに、午後からはクラウドファンディングの人とのGooglMeet 。

それも出来なくなり、豊川稲荷校の息子に来てもらいました。

 

標高223メートルのゆずりはの森、その存続をどうしたらいいのか。

フリースクールの無料化が最後の目的です。

でも、スタッフの人件費、施設の管理費、設備費は年間かなりかかります。

国からの支援、県からの支援、何もない民間のフリースクールの経営。

1年だけの支援・・それでは持続可能にはならないです。

民間のフリースクールとしては、多分かなりの広さを持っています。

 

思いだけはあるのですが、このゆずりは学園を思いのある人が受け継いでくれる人が困らないためにも

もう少しがんばらないといけないです。

もちろん、すべて私のいないimageゆずりは学園が存続できることが大切です。