フリースクールはストレス発散の場所だという子どもに | NPO法人 ゆずりは学園のブログ

NPO法人 ゆずりは学園のブログ

ブログの説明を入力します。

約6か月間、警察やら行政やら、相談所やら、病院やら多くの機関との連携をしながら、

ひとりの生徒の支援をしてきました。

 

家族だけでは難しいケースもあります。

病院へ行くか、ゆずりは学園に行くかの選択。

子どもはゆずりは学園を選択。

急遽、部屋の準備。

時には、深夜まで家族を呼んだり、行政が来たり。

電話だったり、メールだったり、いろいろ対応しましたが、

それでも2か月以上は宿泊させることも出来ず、家庭に戻しました。

落ち着いて暮らす方向に向かっていました。

 

私たちの高校には入学せず、他の夜間高校に入学。

昼間の時間をフリースクールでと言う希望で、再びフリースクール高校生の部開始。

 

「夜間の高校に行くために、フリースクールでリラックスし、落ち着いて夜間高校に行っている。

ストレスでいっぱいになるから、フリースクールで発散している。今日はいろいろ壊したくなった。

壊していけないなら、人を殴りたい。嫌がることをして何が悪い。悪口や暴言を言って何が悪い。」

 

スタッフへの暴力、暴言、他の子どもへの暴言、嫌なことをしないと言うと、もっと激しくなります。

落ち着いて話すと、素直に聞きます。優しい面を出します。明るく帰宅します。imageしかし、繰り返します。

 

他の子ども達からも「もっと大人にならないと」と言われても、

「なぜ自分が我慢しないといけない。悪口を言っても、聞かなければいい」と言います。

「悪口や暴言やいじめをしないと、ストレスの発散が出来ない」と言います。

 

もう、これ以上は限界でしたので、「退学処分」としました。

救えないケースでした。残念ですが、20年フリースクールをしていますが、二人目の退学になりました。