ルサンク上陸。

今日はシャンシャンのBIRTHDAYルンルン(It’s you~♪)
年に一度の~(Congratulation!!)ルンルン



というわけで、シャンシャンパンダ1歳ですハート

次の東京公演こそは、シャンシャンに会いたい!!!!

と思い続けて1年。



休演日は上野動物園も休園日だという この悲しみ。


りお様もシャンシャンなかなか見れないね。
かわいそうに。(←パンダに興味あるかどうかは謎)


そんな日本の中心・東京から遠く離れた西の果て 福岡でも昨日ようやくルサンク特別版が発売されました。



毎日びっくりするくらい膨大な量の新刊が出るので開店に間に合うように必死に朝、仕分けしたりビニールかけたり、いろいろ準備をします。


コミックと雑誌と実用チームは特に新刊の量が多いので、他のチームより1時間早く出勤します。


この1時間が本当に大変でニコニコアセアセ

皆、自分の仕事に必死すぎて、誰も他人の話を聞いていない。


天然先輩が後ろでブツブツひとりごとを言っているのをスルーしてムックを仕分けていると



麗しき りお様登場!!キラキラ



私「おおおーー!」(ひとりごと)

私「弟さん(大海人)やね!だって お顔が柔らかいもん!」(ひとりごと)


裏を向けたら、裏にもドーン!と りお様がおられたので

私「おおー!裏にも!裏はお兄ちゃん(中大兄)やね!間違えようがない!小林幸子やもん!」(ひとりごと)



天然先輩「ねーねーねー。念の為に聞くけど、ひとりごとだよね?」


私「そうですよ。ひとりごとですよ。」

天然先輩「よかった。」


私「飾ろうかな。りお様で私を囲んでみようかな!兄・弟で交互に置いてみようかな!」


天然先輩「念の為に聞くけど、ひとりごとなんだよね?」


私「そうですよ。ひとりごとですよ。」


ルサンクを私の周りの壁に立てかけてみた。

大海人・中大兄(小林幸子)・大海人・中大兄(小林幸子)・・・×30冊

囲まれる私。


私「ぐふふふふ」


天然先輩「念の為に・・・」


私「今のは心の声が漏れただけ!」





りお様兄弟に囲まれてニヤニヤ作業すること1時間。他のチームの人達が出勤し始めた。


ここまでくると新刊のゴールが見えてくるので安心して、他人の話を聞く余裕も出てくる。


出勤してきた人達を片っ端から捕まえて(←迷惑なやつ)

「りお様!お綺麗でしょニコニコ
「れいちゃん!お綺麗でしょニコニコ


と解説しました。



朝から私に捕まった可哀想な職場の皆さんの感想(抜粋)です↓


ナベさん(博多座観劇)「知っとう!見たことある!これも知っとう!見たことある!わー!!(興奮)りお様もう完璧に分かる!」


宝塚初見の先輩(博多座観劇)「早いね~!この前終わったばっかりなのにもうムック出ると?!NGが無いんだろうね。どのタイミングで撮ってもキレイな顔なんやろうね。みだれ髪いいよね。(←酔った大海人のこと)」


上長(博多座観劇)「瀬戸かずや!」(上長はあきらくんが気になる模様)



病弱DJ(未観劇)「どう貼る?(←壁に)これ2冊いるやろ。切り取らないと貼れんやん。」(2人でああでもないこうでもないと壁に貼るシュミレーション)


天然先輩(未観劇)「皆いろんなもんが頭についてるのに「頭についてますけど何か?」みたいな顔でスっとしてるのがすごい」


お局(未観劇)「りお様は目だけ見ても、どんなお芝居をしてるのか分かるので いい役者やね。」


オネェ男子(未観劇)「きゃー♡♡眉間のシワが素敵♡女にしとくのもったいない。(←え?)」


芸術書担当(未観劇)「キレイねえ。大変なんやろうねえ。明日海さん、お顔が見る度にほっそりなる。」


タヌキちゃん(未観劇)「私はまだまだ修行が足りません。見分けがつきません。メイクすごいですね。色使いきれいですね。お化粧品の減りが早いでしょうね。」



レジチーフ「まあ。きれか~(訳:きれいね)。博多座に来んしゃった方?(訳︰いらっしゃった方)あら~。良かね~(訳︰いいね)。こんなん華やかとを(訳︰華やかなのを)生で見よったら(訳︰見ていたら)、今寂しかろう?(訳︰寂しいでしょ?)」





ルサンクの感想を書くつもりでしたが、同僚達の感想だけで終わってしまいましたてへぺろ



ちなみに同僚達からの一番人気は表紙の大海人皇子りお様でした。(さすが表紙。)



パンダパンダパンダパンダパンダパンダパンダパンダ

注釈コーナー

りお様→みりお様。博多座サンテのメイクはいつもより濃いめに見える気がする。

れいちゃん→柚香光。載せて欲しかった写真が載ってなかったのでちょっと残念。