三男が産まれて3週間ちょっと経ちました





まだまだ3人育児のリズムが掴めてない私...



三男が産まれた日から手伝いに来てくれてる義母は、17日には四川省に帰ってしまいます。
(義両親は離婚していて、義母は四川省で商売をしています)




これからは一人で3人の世話、、、




こんなんじゃ無理ーーー



不安に押しつぶされて、夜な夜な泣いてしまいます










初めて育児が辛い、難しい。。と思ったり









辛いのは、三男のお世話で眠れない。とかそういうのではなく


私の上二人に対する態度について





子供らがちょっと言うことを聞かなかったり

いろいろ動作が遅かったり

ほんの些細なことでイライラしてしまって



自分の感情のままに強く怒って

特に長男にはいつも、キツく叱ってしまいます




ブワーっと怒ったあとに、ふと我に返って

さすがに言い過ぎたなぁって、反省、、涙、



明らかに教育的に良い怒り方じゃない

自分のストレスを発散させるように怒っている

自分でも気付いているのに、次からは気をつけようと思うのに


一度カッとなってしまうと、自分でも止められない











先日、旦那にも指摘された

夜、歯磨きをするのに、長男に洗面所に来るように呼んだけど、遊びに夢中でなかなか来ない

イライラして、怒鳴るように呼びつけた私。


旦那「この前、あんな些細なことで、あそこまで怒る?って思った」

最近の、私の上の子2人に対する怒り方が尋常じゃないと言われた。


自分でもダメだと分かってた、でも自分でもどうしたらいいか分からない

私には3人育児は無理なんだ、と



旦那の前でわんわん泣いてしまった。






私は泣きながら、旦那は冷静に

"本当に悪い事をした時だけ、キツく怒ればいいんじゃないの"

"2人の弟の兄だけど、実際まだまだ4歳で小さい"

"母親は子供たちにとって怖い存在になったらいけないんじゃないの"

とか、2人でいろいろ話しました。










その中で、ひとつ思い出した


三男を産んで、退院して久しぶりに家に帰って来た時


長男が、「やっとママが帰ってきた〜!」と

嬉しそうな顔をして私に飛びついてきてくれたこと

私すごく必要とされてるんだなぁって実感した瞬間









今回の話し合いで

子供たちにとって、いつまでも心の拠り所というか、精神安定剤的な存在でいたいな、と改めて思った。



それからは、怒る前にそれらを思い出して

自分を落ち着かせて、冷静になって

爆発してしまわないように、コントロールできてる。













問題の、3人育児のリズムは、、、

ゆっくりゆっくり慣れていくしかないのかな


夜ひとしきり泣くと、結構スッキリするから、これからも夜ひっそり泣くけど笑











3人の男の子の母親なんだ


優しい肝っ玉母さんに、なりたいな





3人目出産レポ4

テーマ:
無事に産まれてきてくれて安堵の中


始まりました産後処理...



お腹をギューギュー押され、胎盤が出てきて

さらにお腹をギューギュー押され、中を掻き出され

私はグリップを握りながら悶絶!




そして会陰のチェック

今回は、切開も裂傷もなく無傷!!!

あの苦痛の縫合を免れました!

股の違和感もないし、産後のトイレも楽々で本当に良かった(*´∇`*)


15分くらいで処理が終わったんですが、こんな暖かい分娩室なのに、なんだか急に寒気がしてきて体がブルブル

布団を掛けてもらって、足を伸ばして身体を休める

赤ちゃんはインファントウォーマーの中で大人しくしてる



しばらくして赤ちゃんが連れてこられた


次男の生まれたばかりの頃と顔がソックリ過ぎて笑ってしまう!!

小さなお手手や、ふわふわのほっぺ、いろんなところを触って、《この子がさっきまでお腹の中にいたのか〜》と感慨深くなる(´ー`)


携帯で助産師さんに写真を撮ってもらう




旦那が分娩室の外にいると教えてもらったので、wechatを繋げてみた

旦那の第一声は、「もう生まれたの⁈早っ‼︎」でした笑

だってつい30分前に電話で話したばかりだったから笑

次男の時はさらにもう少し早かったけど笑←分娩室入って10分!







すぐ横でスヤスヤ眠る赤ちゃんにおっぱいをあげようとするも、咥えてくれず。。



悪露を出すため、赤ちゃんを再びインファントウォーマーに戻し、私はまたお腹ギューギュー...






休憩中に、右横のベッドにいる先客さんを見てみる

相変わらず静かにしている



ここで、謎が解ける


助産師さん達が、何か話していて、無痛なんたらとか聞き取れた

私「ここの病院、無痛分娩やってるんですか?!」

助産師「今年の1月から無痛分娩が導入されたの」

私「えー知らなかったー( ̄O ̄;)」

助産師「あなたはダメよ〜早過ぎて麻酔が間に合わないからハハハっ!」



通りでこんなに静かなんだ!子宮口は6、7cm開いてるらしいのに、ぐぅぐぅいびきまでかいて眠っていました笑。










私はというと、分娩室で休憩後はさっそく母子同室になるので、今のうちにゆっくり身体休めよう〜と思ったその時、下腹部に鈍痛が...!




後陣痛がやってきました。




3人目産んだ友達が、2人目は後陣痛が辛かったけど、3人目は軽くてすんだ!なんて言ってて

へぇ〜そんなこともあるんだと、あんまり気にせずにいたら

私は典型的な、産めば産むほど後陣痛が辛くなるタイプだったようで

あの陣痛と比べたら全然大したことない痛みなんだけど

産後で弱ってる身体にはキツかったです涙。






くぅぅー...とうずくまって耐えてたら

暇を持て余した助産師さんたちが休憩中につまんでいたイチゴを私の口に一つ入れてくれました(*´∇`*)笑


なんて自由な分娩室の雰囲気!なんか心が和みました!











約2時間の安静を経て、赤ちゃんと一緒に病室に戻る時間になりました


ベッドに寝かされたまま病室まで連れてってくれるので、すごく楽チン!


分娩室から出ると、旦那と義父が待っていました

旦那が「お疲れ様」と声をかけてくれました(*´∇`*)




さっきまで1人陣痛と戦っていた病室には、母と次男が待っていました。


みんな赤ちゃんを見て、ニコニコ笑顔


この暖かい雰囲気が大好き❤







臨月入ってから毎週の健診で

首にへその緒が巻きついてるのがエコーで分かり

1周だったり、2周になったり、うまく解けていたり、また1周巻いてたり...


いろいろ心配もしたし


次男の時よりは少し時間がかかって、じっくり陣痛を味わったけど
(次男は陣痛が始まって2時間、絶望的な痛さを感じる間も無くあっという間に産まれた)


その分いろんな場面を鮮明に覚えていて

優しい看護師さん助産師さんに支えられながら、良いお産ができたかなと思います。






一般的には2人目より、3人目が早いよーとか言うけど

やっぱりお産は1回1回違うんだと、改めて感じました。






もううちは4人目はないので💦

最後の赤ちゃん、お兄ちゃん2人に揉まれながら、逞しく育っていってほしいと思います(*´∇`*)






終わり☆

3人目出産レポ3

テーマ:
車椅子に乗せられて

分娩室の手前、スリッパ履き替える所に到着

ここからは自分で歩いて行きます



看護師さんから、助産師さんにバトンタッチ


立ち会い可能の分娩室と、普通の分娩室どっちにする?と聞かれ


「立ち会いできる人がいないので、普通の分娩室でいいです」と答える



1人だということで、分娩室へ携帯持ち込みOKに!!

次男出産の時だって立ち会いなしの1人きりだったのに、携帯没収されたし、2年の間にいろいろ変わったなぁ

助産師さんが私のこと覚えててくれたから、特別OKだったとか?

とにかく携帯没収されなくてホッとしました(^O^)






分娩室に入る前に


「おしっこ出しちゃおう!そしたら赤ちゃんが降りてきやすくなるよ」

と言われ、トイレへ


トイレのドア開ける直前に陣痛に襲われ、立ち止まる

助産師さんが腰をさすってくれる





用を足すと、もう尿意はないのにまだチョロチョロ勝手に流れ出てくる


トイレから出て歩き出すと、さらに流れ出てきて

私を支えながら一緒に歩いてくれている助産師に

「破水しました、ちょっといきみたい感じもします」と伝えました




「もうすぐ産まれるね、急ごう!」







分娩室は、カーテンの仕切りもなく、細いベッドが4つ並んでいる

寝返りも打てないくらいの細さです



前回は一番右だったな。とか思い出し

今回は右から二番目のベッドを指定されました



左から二番目のベッドには先客がいて

点滴に繋がれて布団をかけられ、大人しく横になっていました

出産終えた人かな?でもまだお腹が大きい!どういうこと?

この謎は後で解けました





分娩台によいしょとよじ登る

陣痛きたらこの狭いベッドでどうやって痛みを逃そうかと考える




その間にも3人の助産師さんがテキパキとすごいスピードで分娩準備!


今回、私たちは臍帯血を保存したいと事前に伝えていたので

そのための道具を準備したり

私のお腹に機械をつけたり

ブルーのシートを被せたり

毛を剃ったり



不思議とその間、今までひっきりなしに来ていた陣痛は来ず


まさかここまできて陣痛消えるとか弱くなるとかないよねぇ( ゚д゚)と不安になる





この分娩台?ベッドは足を乗せる台もなく、両足立て膝の姿勢でなるべく足を開くように言われる


私は極度に体が硬いので、苦戦してたら

「足開けないのね(^-^;」と笑われる



あっという間に準備が整い、2人の助産師さんに

「じゃあゆっくり少しづつ力を入れていきんでみて」と言われる


今回も前回同様、子宮口チェックなしにいきなりいきみOK指示!

もうそんなことしなくても、すぐ産まれるというのが分かるのかな





しかも、少しづつ力を入れていきむって?

難しいなぁと思いながらも、まだ強烈ないきみ感がきてなかったので

自分なりになんとなく、それらしくいきんでみる


でも思いっきりいきまないと、陣痛の痛みをもろ感じてしまって辛い!

ついつい痛みで腰が浮いてしまう





自分なりに30%40%くらいの力でいきむこと2、3回

股の方が熱くなってくる感覚がした

赤ちゃんがもうすぐそこまで降りてきている


するとだんだん体に勝手に力が入るほどの強いいきみ感がやってきて

次からはその力に体を委ねて、思いっきり力一杯いきんでみた


グリップの位置が微妙で、苦戦してたら助産師さんがジェスチャーで教えてくれた





いきむ時って、ついつい目を瞑ってしまう

「目瞑らないで!私の方を見てて!」

私の左足側にいる助産師さんに言われ、そっちのほうを見ながらいきむ




「頭が見えてきたよ!あともうちょっと!」

「いいよ!いいよ!いいよ!上手!」

すごく褒めてくれて、上手にできてるんだ!と安心


思いっきりいきんでると、不思議と陣痛の痛みはまったく感じない


「はい!ちょっと休憩しようか〜」

そう言われても、急にはやめられなくて、息を止めていられる限界までいきむ私

それでも何も言わずに見守ってくれてる助産師さん


私の好きなタイミングで、好きなようにやらせてくれて、本当に感謝でした



いきむたびに、目から勝手に涙がポロポロこぼれてきて

休憩タイムに手で拭き拭き


いきんだ後、息切れして呼吸がハァハァと早くなる

「ゆっくり呼吸して〜」とアドバイスを受ける




思いっきりのいきみを繰り返すこと3、4回

ポンっと何かが飛び出た感覚!←頭だったのかな?

次いきもうとしたら

「はい力抜いて〜もういきまないで〜」と言われ

ズルズル、ブリンっ!!!

三男坊誕生‼️


よく、赤ちゃんが出てくる瞬間が痛いと聞くけど

私は2人目も今回も熱を感じるくらいで痛みは感じませんでした。

1人目は頭の大きい子だったので、痛かったですが。




「あぁ産まれたぁ〜...」と体から力が抜ける


羊水を吸い出してもらって、ンギャンギャ元気に泣き出した三男坊







産まれた時刻はpm12:30


病室で旦那に電話をかけて、今から分娩室行くと伝えたのが12:13だったので

分娩室入って15分で産まれました(^O^)