【出張食育レッスン】感謝して食べよう | こどものうちから伝えたい 心と体をつくる 食育と料理〜一緒に食べたい行事食と季節を感じるごはん

こどものうちから伝えたい 心と体をつくる 食育と料理〜一緒に食べたい行事食と季節を感じるごはん

正月,節分,ひなまつり,こどもの日(端午の節句),七夕,お月見,重陽の節句など行事食,その由来、お花見,遠足,運動会,誕生日,ハロウィン,クリスマスなどの行事のメニュー、レシピをご紹介。幼児,小学生などこどもの食事,食育,好き嫌いなどの悩み解決のヒントも。板橋「青空キッチン」開講中。


テーマ:

 

昨日は、板橋明星幼稚園さまで

 

月1回行っている年長さんの食育レッスンでした。

 

今回はレッスンもお父さん、お母さんにも見ていただきました。

 

 

テーマは「米」。

 

(※写真をお借りしています。)

 

 

板橋明星幼稚園さんでは毎年

 

年長さんが5月に田植えに行きます。

 

 

その苗が成長し、実りました。

 

みんなの稲です。

 

 

今年は台風が多く、より大変だったのではないでしょうか。

 

こうやって実るまで育ててくれたことに感謝したいですね。

 

 

 

 

毎年、幼稚園では昔ながらの道具を使い

 

親子で脱穀をしています。

 

私もその様子も見せてもらいました。

 

 

掲載の許可をいただいています。

 

 

なかなかできない体験ですね!

 

玄米にして精米してみんなが食べられるようになります。

 

 

 

お米を炊きました。

 

お米の炊ける様子をみんな楽しそうに見ていました!

 

 

この後、自分のおにぎりを作って食べました。

 

何も入れず、塩も振らなかったのですが

 

「もっと食べたい〜!」の声が聞けました。

 

 

自分たちが植えたお米は特別においしいよねー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田植えをする前に農家さんはその苗を育ててくれています。

 

田植えをした後も、収穫できるまで、たくさんの

 

手間をかけながら一生懸命育ててくれました。

 

お米も生きていました。

 

ありがとうの気持ちを持って「いただきます」。

 

おにぎりを食べる時にも心を込めて言えました。

 

 

これからも言えるといいな、と思っていたら

 

その後のお弁当の時間でもいつもより元気に

 

いただきます! 

 

そして、感謝しなくちゃ!と言っていたと

 

担任の先生から聞きましたきらきら

 

素直な心を大切にしたいです。

 

 

 

たくさん食べて大きくなってね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

。:*・☆。°+°。°+ °。.。:*・☆。°+°。°+ °。°。.。:*・☆+°。°

 

 

メルマガ配信しています。

 

行事食のこと、食育のこと、

 

講座・イベントのお知らせなどを配信します。

 

もちろん無料です。

 

登録は↓をクリックしてください。

 

 

 

 

 

 

 

もしよかったらフォローしていただけると

嬉しいです。

 

Instagram

 

 

 

 

 

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 

キッズ食育トレーナー・行事食コーディネーター増田陽子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス