味覚を育てる 味覚の実験

テーマ:
五味(甘味、塩味、苦味、酸味、旨味)を
一つずつ感じる機会は、
日常ではなかなかないと思います。

食べ物には、
どんな味があって、
どのように感じるのか。

子どもに、あらためて感じてもらうと、
いろいろな気付きが得られます。


【やり方】
方法としては、写真のように、
それぞれの味を水で溶かしたものを用意します。
どの味かは伝えずに、味見し、
感じたままを表現してもらいましょう(*^^*)
甘味  砂糖    20g/1L
塩味  塩         7g/1L
酸味 クエン酸  0.8g/1L
苦味 カフェイン  0.7g/1L
旨味 グルタミン酸  3g/1L






感想を書き出したものです。
人により、感じ方も表現の仕方も違います。




味覚を感じることで、味覚が育ちますので、
五味それぞれを意識して感じることで、
食事の感じ方が豊かになると言われています。


小学校くらいのお子さまの
自由研究にもできる内容です。味覚の授業
今年はもう終わってる方が多いと思いますので、
良かったら来年の課題にしてもいいですね。




    キッズ食育トレーナー 古田あゆみ