挑戦に価値を求めている選手。 | まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

有料記事なので、全文はご紹介出来ませんが。

元コーチの山田真実さんのコメントです。


懐かしの!



取材・執筆は朝日新聞 岩佐友記者です。


羽生結弦に「重み普通じゃない」 恩師が語る4回転半

 「私なら『やらなくていいよ』って言っちゃうと思う。けがが心配だし、4回転半がなくても、特別なオーラとか、彼の魅力っていっぱいあるんだから」

 7月上旬、札幌市内で取材に応じた山田さんは苦笑いしながら語った後、こう続けた。

 「でも、誰が何を言ってもやるんじゃないですか。結弦は新しいことに挑むのが大好きだから」



羽生が幼稚園の年長で1回転ジャンプを跳べるようになった頃だった。

 「シングルアクセル(1回転半)をやってごらん」

 そう声をかけた。


 アクセルは覚えの早い子でも2、3カ月、普通は半年から1年かかる。できなくて当たり前。遊び感覚でやらせてみたつもりだった。


 しかし、羽生は跳んだ。

 着氷はできずに転んだが、空中で1回転半をまわったのは確かだった。


 「なんだ、これは」と衝撃を受けた。


(一部だけご紹介させていただきました)




画像はお借りしました。


ランキング参加中。クリックよろゆづ