スポーツ界におけるIT活用について。 | まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

テーマ:
かた苦しいタイトルをつけましたが、読み応えがあります。



これからのAIの話をしよう(スケート編):

元フィギュアスケート選手とディープラーニングの華麗な出会い 「選手の役に立ちたい」社会人大学院生の挑戦 

(AIプラスITメディアより抜粋)



廣澤さんの研究のモチベーションは、「あいまいな採点基準をAIで正したい」というよりは、「AIを使って選手の競技力向上に貢献できないか」という部分にあるようです。

 「フィギュアスケートでは、ジャッジが評価したものが“正解”になります。回転不足やスピンのレベルなど技術的難易度を評価するジャッジ、技の出来栄えや曲の解釈を判定するジャッジで役割が違うんです。技術の評価をするジャッジは3人いて、その中の多数決で決まります。全員の意見が一致することもあれば、分かれることもあるそうなのです。そこで意見が分かれていたら何が誤審なのかは分からないですよね」(廣澤さん)

 体操のように、AIで採点をサポートするような可能性はないのでしょうか。廣澤さんは「全てを機械に採点させるのは難しいかもしれないですが、部分的には機械の方が得意なところがあるはずです」と強調します。

 廣澤さんは、現役選手にも機械による判定について尋ねたそうです。

 「技術的要素が強いジャンプの判定についてはAIを導入すべきという選手もいます。ただし、音楽との調和など芸術面を評価する演技構成点は人間がジャッジする方が適しているんじゃないかという意見をもらいました。僕自身もそう思います」(廣澤さん)

 構成点を評価する場合、教師あり学習だったら何を正解と定義するかが難しく、教師なし学習でも分類されたところで評価の甲乙が付けがたいという課題が残ります。

 廣澤さんは「後から滑る人の方が点数が上がりやすいとか、同じジャンプでもジャッジによって同じ点数になるわけでもないとか、そういう小さな矛盾も含めてフィギュアスケートなので、簡単に割り切れるものではないと思います」と説明します。

オトナル姫がおるブルーハーツ



筆者である松本健太郎氏の後記です。

廣澤さんによると、米国ではスケート連盟と大学が手を取り合っていろいろな取り組みをしているそうです。果たして、この記事の公開後に日本スケート連盟から何らかのアクションはあるのでしょうか。

 青木教授は「各競技を束ねている連盟によって、スポーツにおけるIT活用の温度感はかなり異なる」といいます。後援する企業、連盟だけでなく、指導者や現場のコーチングスタッフ、選手が同じ方向を向かなければ、AIどころかITの恩恵を受けることすら難しいのかもしれません。ラグビーサッカー、野球、バレーボールなどは、早い段階からIT活用が進んでいる印象です。

 青木教授は「AIがはき出したデータをどう活用するか考えないといけません。テクノロジーと現場をつなぐスポーツアナリストの役目はこれから大きく変わるでしょう」と述べましたが、私も同感です。

 選手の成長を願わない指導者などいないのですから「このデータが選手育成にどれくらい重要か」を説明できる監督やコーチの育成が欠かせません。選手からも「テクノロジーを活用してより良い練習はできないだろうか?」という提案があって良いのかもしれません。



我が国のスケ連がどのようなアクションを起こされるかは未知のはなすですが、AIを活用して更なる技術の向上をはかる時代が そう遠くありませんように。

楽しみな令和時代となるよう願います。



画像はお借りしました。
ランキング参加中。クリックしてね

ばりぃさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ