Japan Timesより。世界選手権での日本の結果は不安材料にはならない。 | まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

テーマ:

遡りますが3月26日にJapan Timesに掲載されたギャラガー氏の記事です。

羽生選手に関する部分のみご紹介します。

 

 

https://www.japantimes.co.jp/sports/2019/03/26/figure-skating/japans-results-worlds-not-cause-concern/#.XKRCGuQVCUl

 

Japan's results at worlds not a cause for concern
世界選手権での日本の結果は不安材料にはならない


BY JACK GALLAGHER
ジャック・ギャラガー

MAR 26, 2019

 


SAITAMA - The world championships turned out to be a disappointment for Japan. With a realistic chance at four medals in singles, the host nation had to settle for just one in Yuzuru Hanyu’s silver.
さいたま - 世界選手権は日本にとって残念な結果になった。実際には4つのメダルが視野に入っていたのだが、開催国には羽生結弦の銀1つのみという結果になったのだ。

 


Despite the results, Ice Time does not believe there is reason to be discouraged. To the contrary, if a few more jumps had been landed, Japan could have had four skaters on the podium in singles.
結果はこうなったが、Ice Timeはがっかりする理由はないと思っている。その反対に、あといくつかジャンプが決まりさえすれば、日本はシングルで4人が台乗りした可能性があったのだ。

 


Though his legion of fans were unhappy that Hanyu did not win the gold, coming back from an injury and getting the silver behind defending champion Nathan Chen was actually a positive development.
羽生が金メダルを獲らなかったことで彼のファン界隈はがっかりしたかもしれないが、怪我から戻ってきて現世界チャンピオンのネイサン・チェンに続いて銀メダルを獲得したというのは、実質的にはプラス方向の動きであるといえる。

 

 

It was clear to Ice Time that Hanyu has still not fully recovered from the right ankle injury he suffered at the Cup of Russia back in November in Moscow. This appeared most evident on his salchow jumps.
Ice Timeから見ると、羽生は11月にモスクワのロステレコムカップで痛めた右足首の怪我から完全には復活していないのは明らかだった。

これがもっともくっきり見られたのはサルコウ・ジャンプだった。

 


Hanyu’s class was on full display at the press conference after the free skate on Saturday night. After thanking all of the people who made the world championships possible, he was full of praise for Chen and bronze medalist Vincent Zhou of the United States.
土曜日の夜のフリースケーティング後の記者会見では、羽生の礼儀と教養が十分に見て取れた。

世界選手権を実現してくれたすべての者に謝意を述べた後、彼はチェンやアメリカの銅メダリストであるビンセント・ジョウに称賛を惜しまなかった。

 


“I am disappointed with the result somewhat of being in second place,” Hanyu commented. “Even so I’m also very glad I was able to compete with these two skaters here and I want to thank them for making me feel that I want to become better now.
「2位という結果にはがっかりしている」と羽生がコメントした。

「それでも、この2人のスケーターとここで勝負できたことをとても嬉しく思っているし、もっとうまくなりたいと今思えていることについて、彼らに感謝したい。」

 

 

“I have nothing but full respect for these fellow skaters and I would like to thank you because now I am determined to evolve and grow more and become closer to you and catch up as a skater one day.”
「彼らのように一緒に戦うスケーターに対してはとても尊敬しているだけでなく、今もっとうまくなろうと決意して、彼らに近づきたい、いつか1スケーターとして彼らに追いつきたいと思えているので、そこに感謝したいと思う。」

 


Some may see the result in Saitama as a passing of the torch. Ice Time disagrees.
さいたまでの結果を、バトンを渡したかのように見る者もいるだろう。Ice Timeはそれには反対だ。

 


Hanyu is a genius, and when he is 100 percent healthy will figure out a way to defeat Chen.
羽生は天才であり、彼が100%健康なら、チェンを負かす方法を見つけるだろう。

 


The decision for Hanyu to skip next month’s World Team Trophy in Fukuoka, though sad for his supporters, is a wise course of action. The hope here is that he will be fully fit by the time the new season rolls around in the fall.
羽生が来月福岡で開かれる世界国別選手権を欠場すると決めたことは、サポーターにとっては残念だろうけれど、正しい方針だと思われる。

ここで願うべきは、彼が秋に新しいシーズンが始まる頃までに、完全に治っていることである。

 

 

 

 

 

最新の記事でも羽生選手について書かれています。

併せてフジテレビがTV放映時に採用したIceScopeについても紹介されています。

 

https://www.japantimes.co.jp/sports/2019/04/02/figure-skating/rafael-arutunian-says-never-felt-yuzuru-hanyu-unbeatable/#.XKRE8-QVCUk

 

 

Yuzu the main attraction
ユヅが一番人気


Following last week’s IOC executive board meeting in Lausanne, Switzerland, the chief of the fledgling Olympic Channel talked about Hanyu’s popularity amongst its viewers, Kyodo News reported.
先週スイスのローザンヌで開かれたICOの役員会に続けて、まだ新しいOlympic Channelの主導者が視聴者の間での羽生の人気について話した、と共同ニュースが報道している。



Yiannis Exarchos, the Olympic Channel Services executive director, said at a news conference that Hanyu is the biggest attraction of the IOC’s content provider, the Olympic Channel.
Olympic Channel Servicesのエグゼクティブディレクタであるヤニス・エクサルコスは、記者会見で、IOCのコンテンツプロバイダであるOlympic Channelの最大の人気者が羽生であると語った。

 

 

“Yuzuru Hanyu is the biggest star of the Olympic Channel, not just in Japan but everywhere,” Exarchos said. “Figure skating has an extraordinary performance. Obviously, all the content we do for Japanese athletes has a lot of traction, but I would like to single out figure skating as a very special case of increased traffic.
「羽生結弦はOlympic Channelの最大のスターであり、それは日本だけでなく、世界中で」とエクサルコスは語った。「フィギュアスケートには並外れた演技がある。明らかに、日本のアスリートに対して私達が送るあらゆるコンテンツは多くの牽引力を持っているが、特にフィギュアスケートはトラフィック数が増える極めて特別なものとして取り上げたい。」



“We have seen Japan exploding and becoming our second country in terms of traffic after the United States and continuously growing,” Exarchos added.
「トラフィック数という点では、日本はアメリカに次いで2番目の国として爆発的人気を博しているが、その数はますます増えている」とエクサルコスは付け加えた。



“We don’t even have the rights for figure skating, but it has a huge following on the channel there, among other things based on the star quality of Yuzuru,” Exarchos commented.
「フィギュアスケートの放映権は持っていないが、何と言ってもユヅルの持つスター的脂質によってチャンネルのフォロー数は絶大だ」とエクサルコスがコメントした。

 

 

 

IceScope stats revealing
IceScopeの統計から分かること


Fuji TV’s IceScope high-tech device, which measures height, speed and distance covered on jumps, illustrated at the world championships just how superior Hanyu’s triple axel is to his competitors.
フジテレビのIceScopeというハイテク装置はジャンプがカバーする高さやスピード、距離を測定するものだが、世界選手権では羽生のトリプルアクセルが他の選手と比べていかに優れているかを描き出していた。

 


According to the stats recorded by IceScope, Hanyu posted the greatest height (70 cm) and distance (362 cm) of any male skater on the jump at the worlds. By contrast, Chen’s height (58 cm) and distance (266 cm) were far less than Hanyu’s.
IceScopeが記録した統計情報によると、羽生は世界選手権でのジャンプにおいて、どの男子スケーターよりも高さ(70cm)、幅(362cm)を記録していた。比べて、チェンは高さ(58cm)と幅(266cm)となり、羽生よりもかなり少ない数字である。



Hanyu’s stats were not the only ones that were mind boggling.
頭をガツンとされたのは羽生の統計情報だけではなかった。

It’s no secret that Kaori Sakamoto’s jumps are powerful, but the IceScope revealed a pretty amazing fact. It clocked Sakamoto’s landing speed on her double axel as the second-fastest of the entire competition — men or women — at 20.7 kph.
坂本花織のジャンプがパワフルなのは知れたことではあるものの、IceScopeによって極めて驚異的な事実が明らかになった。坂本のダブルアクセルの着氷スピードは今大会全体でも男女通じて2番めに速く、なんと20.7kphであった。

 


The only person with a higher landing speed was the Czech Republic’s Michal Brezina’s with 21.0 kph on his triple axel.
これよりも速い着氷スピードを記録したのはチェコ共和国のミハル・ブレジナのトリプルアクセルの着氷時の21.0kphだけであった。

 

 

 

 

そのハイテク装置による正確なジャッジが求められます。

今後の判定にいかされることを期待します。

 

saikorinさんありがとうございました。

 

 

画像はお借りしました。

ランキング参加中。クリックしてね

ばりぃさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ