今さら聞けないフィギュアのジョーシキ。現地で応援する時は。 | まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

テーマ:
過去記事を加筆修正しました。



日本スケート連盟HPに、観戦ガイドも掲載されています。

 

https://skatingjapan.or.jp/guide/



んで世界選手権HPにも、観戦マナー等について記載があります。


http://wfc2019.jp/faq.html

 



 
では具体的に検証します。


観客による写真撮影はオケですか?

 

国内外ともに、開催する大会ごとに概要が発表されます。

必ず目を通しましょう。

写真、ビデオ撮影が許可されたとしても、フラッシュは禁止です。選手の目に入り、とても危険だからです。

 

 

 

 

席の移動は可能ですか?

 

指定席ではない場合や公式練習の見学などで、自由に席を選べる場合もあります。

んが、関取・・・・もとい、席取りはNGです。

椅子の上にバッグを置いてどっか行ったり、良い席を取るために会場の外で徹夜で並んだり・・なんてこっぱずかしいことはおやめください。

 

 

 

 

演技終了後、花束・プレゼントは投げ入れて良いのですか?

 

投げ入れは、許可されたお席はオケです。世界選手権は、プレミアム席のみです。

しかも遠投に自信のある方のみお願いします。花束が降って来て頭に当たった!なんてアリーナ席からの嘆きは毎度聞こえてきますから。

国内の大会では、プレゼントBOXが用意されているところがほとんどです。プレゼントはそちらに入れましょう。

 

花束がゆるんで辺り一面に花びらが散乱し、えらいこっちゃになった大会もありました。

角がとがったプレゼントの投げ入れで、リンクに傷が付くなんてこともありえます。

競技の進行が止まるような自己チューな行動はご法度です。

 

そして、エキシビションでは投げ入れは禁止です。回収する時間がないし、照明が暗くて拾えませんからね。

 

 

 

 

その他、特に会場内で気をつけることはありますか?

 

親分だけの大会ではナイことは念頭に置きましょう。

親分以外の選手の演技中に席を立ったり、演技が終わってもしれっと拍手もしなかったり・・・なんてことは避けていただきたいです。

みなさん全力で演技されています。讃える気持ちは持ちたいですね。

 

それと、観客席は意外と目につきやすいってことにお気をつけください。

手すりなどの目立つところに手持ちバナーを干したり、これみよがしに ぷーをぶら下げたりする行為は、以前 問題視されましたね。

無駄に奇声を発することも控えてください。

選手に集中していただくために、観客席では壁になりましょう。

 

 

 

 

手持ちバナーについてはどんな注意点がありますか?

 

ご自分の席の幅(約50cm)の範囲内で振るようにしましょう。

高く掲げたり 横に大きく振ったりすると、周囲の視界を妨げます。

バナーを振るタイミングにも注意しましょう。演技中はおひざの上に置くと良いですね。

 

ちなみに、風呂敷3号は50cm四方です(計算づくです・フッ)


 

 

 

会場外で気をつけることはありますか?

 

当たり前ですが、選手の出待ち入り待ちはNGです。

みんながやってるから・・・と小学生の言い訳みたいな理屈はやめましょう。

リンク上の選手を応援してナンボです。 

 

いろいろあるのでぇすガーン





では、世界選手権についても少し詳しく。



会場の たまアリは、さいたま新都心駅西側にあります。

駅東側には大型ショッピングモールがあり巨大なフードコート(故にトイレ)があります。

JRで移動であれば、大宮駅まで足を伸ばせば、改札を出る前に駅中商業スペースがあり、お弁当やパンの調達をしてそのまま電車でさいたま新都心に戻るのが便利です。



そうです、食料調達とトイレの確保は基本です!


観客席は飲食禁止です。

会場外で食べてくるか、会場内なら通路やロビーで丸呑みするしかないですね。




たまアリの空調は、たぶん熱気がすごいのでそんなに冷えないでしょう。

氷上席はわかりませんが、一般席は膝掛けがあれば十分かと思われます。

上半身は、スプリングコートやカーディガン、スカーフなど 脱ぎ着が出来るものがあると良いですね。



座布団もあれば良いですが、座高が高くなり後ろの席の人の視界を遮ることのないよう。

同様に、幅広の帽子やデカいおだんごヘアなんかにも注意が必要です。



席についてて起こる自然現象に ノメラーがあります。

つまり、知らぬ間に前のめりになって 後部座席の人達に迷惑をかけてる人、いるんですこれが。



テレビで観戦していて、ありゃああかんだろ的な行為を目にすることがありますね。

自分がその当事者にならんように。


お互い気をつけましょう。



「ブログ主  随分 長文だな」

「力尽きてヨレヨレしてるらしいですよ」




画像はお借りしました。

ランキング参加中。ポチっとよろ

 



ばりぃさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ