羽生結弦と鈴木誠也。 | まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

テーマ:
素敵なコラムをご紹介いただきました。
1年前の記事です。

羽生結弦と鈴木誠也
(2018年2月18日付  日刊わしら より抜粋)



命を懸けて努力を続けた羽生選手の晴れ舞台。
見ていて鳥肌が立ちました。

周囲の声を封じる圧倒の演技。
たとえ崩れても絶対に倒れない執念。
そして逆境をものともしない王者としての意地。

あれだけの不安と期待を背負いながら五輪の舞台で完璧な結果。まさに異次元。羽生選手の心はどれだけ強いのでしょう。

競技終了後、羽生選手は「右足には感謝しかない」とコメント。怪我が羽生選手の心をグッと成長させる新たなきっかけになったのかもしれません。

右足の大怪我でどうしても頭に浮かんでくるのが鈴木誠也選手。鈴木選手も右足首の怪我と向き合い、足りなかったものを見つめ直し、以前までの自分を超えるべく前に進んでいます。

そしてじつはこの2人は同級生。もしかしたら…いやきっと鈴木選手も羽生選手の演技を見ているはず。そう思うと、羽生選手の執念と意地の演技が、鈴木選手の怪我からのレベルアップを後押しするような気がしてなりません。







アスリートに怪我はつきものです。
怪我を克服し、以前までの自分を越える。それは並大抵の努力で出来ることではありません。

怪我を言い訳にして 成績不振を振り返る、そんな弱虫なアスリートはいません。
口にするのは一部のメディアでしょう。


正々堂々。
それが立派なアスリートです。


Aさんありがとうございました。



画像はお借りしました。

ランキング参加中。クリックしてね

 

 

企画会議やってますウインク

くばりがかり。

ばりぃさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス