Inside Skatingより。本当にここフィンランドで優勝したかった。 | まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

テーマ:
inside  skatingに掲載されたコラムです。
素敵なお写真が多数紹介されていますが、割愛しています。
ぜひ見てきてください。



http://www.insideskating.net/2019/01/09/events/through-the-lens-yuzuru-hanyu-in-helsinki-a-season-that-started-like-no-other

Through the lens: Yuzuru Hanyu in Helsinki. A season that started like no other
レンズの向こうに:ヘルシンキの羽生結弦。


With the injury on his right ankle, Yuzuru Hanyu’s current season looks like a carbon copy of his previous one.
右足首に怪我を負い、羽生結弦の今シーズンは昨シーズンの写しのようにも見える。


Except it isn’t.
そうではない部分を除いて。


Yuzuru won his first Grand Prix event in Helsinki, entered the second one, in Moscow, and won it also – even if he had to finish it on crutches. And he qualified for the Grand Prix Final with two wins, even if he had to give up on the final in Vancouver in the end.
ユヅルはヘルシンキの最初のグランプリの試合で優勝し、次のモスクワでの試合に出場し、そしてそこでもまた優勝した ― たとえ最後は松葉杖を使うことになってもだ。結果的にはヴァンクーヴァーでのファイナルは棄権せねばならなかったものの、2勝したことでグランプリファイナルへの出場資格も得ていた。



“This is the first time Yuzu has won two Grand Prix in one season. He’s twice Olympic Gold medalist, he’s twice World Champion, but he has not won two Grand Prix in one season before. And I’ve been with him – this is, I think, season number 7”, Brian Orser will say smiling, in an in-depth interview for Inside Skating
「ユヅが1シーズンに2つのグランプリで優勝したのは今回が初めてなんだ。彼は2度のオリンピック金メダリストで、2度の世界チャンピオンだけど、これまで1シーズンに2つのグランプリで優勝したことはなかった。そして私は彼とは ― もう7つ目のシーズンだと思うよ」とブライン・オーサーは微笑みながら、Inside Skatingとの充実したインタビューで語るのだ。


So, most definitely, up until now, this is not a copy-season.
そういうわけで、最も決定的に言えることは、今現在のところ、これはコピーシーズンなどではないということだ。


But it could be, from now on.
だが、この先は、もしかしたらその可能性はある。



Because, as shown by the experience of last Olympics, Yuzuru Hanyu has the capacity to come back just in time for the biggest event of the season – in this case, the Worlds in Saitama – and finish it in full glory.
なぜなら、昨年のオリンピックの経験から分かるように、羽生結弦はそのシーズン最大の試合にちょうど間に合うように戻ってくる能力を持っているからだ ― 今回の場合、それはさいたまでの世界選手権だ ― そしてそれを完全な栄冠の中で終えるのだ。


***

And so what is this? A (very) detailed photo-story of his triumph in Helsinki – the first time ever in his senior career he won the first Grand Prix event he was assigned to.
では、これは何についての記事だろうか?彼のヘルシンキでの勝利についての(極めて)詳しいフォトストーリーだ ― 彼のシニアのキャリアにおいて、初めてアサインされた1つ目のグランプリで優勝した試合の。



It’s a lot of joy here – and a quadruple Toeloop-triple Axel atop of everything – and we’re coming back to it.
ここには多くの喜びがある ― そして何と言っても4回転トウループ – トリプルアクセルだ ― これについては後で書こう。


And this one is for Yuzuru’s loyal fans.
そしてこの記事はユヅルの忠実なファンのために。


***


With marvelous photos by Natasha Ponarina and quotes from both Yuzuru Hanyu and Brian Orser, meticulously gathered in Helsinki by Wei Xiong. And you’ll notice from the quotes themselves, raw, straightforward, powerful, just how much Yuzuru asks from himself, and how demanding he is right from the start of the season.
ナターシャ・ポナリナによる目を見張る写真と、羽生結弦とブライン・オーサーからの引用とを組み合わせ、ウェイ・ションがヘルシンキで最新の注意を払ってまとめた。

そして生の、率直で、パワフルな引用そのものから、ユヅルが今シーズンの最初の時点から、どれだけ自分に問いかけ、またどれだけ厳しい要求を持っていたかが分かるだろう。


In short: every phrase speaks volumes of his mindset, the mindset of a two-time Olympic champion; and “work hard/train hard” is really a leit-motif of Yuzuru Hanyu’s successful career.

つまり: 一言ひとことが彼の考え方、2度のオリンピックチャンピオンの考え方を雄弁に語り、”work hard/train hard” (「ハードに練習する/ハードにトレーニングする」)という言葉は本当の意味で羽生結弦の見事なキャリアのライトモチーフなのである。


***


In Helsinki, in November 2018, Yuzuru…
• won the short program: 106.69 points
• won the free skating: 190.43 points
• won the overall event: 297.12 points
ヘルシンキ、2018年11月、ユヅル…
・ショートプログラム1位: 106.69ポイント
・フリースケーティング1位: 190.43ポイント
・試合を総合優勝: 297.12ポイント


*** 


His programs this season:
• SP: to Otoñal by Raúl Di Blasio, choreo. by Jeffrey Buttle
• FS named Origin: to Art on Ice by Edvin Marton, Magic Stradivarius by Edvin Marton,
choreo. by Shae-Lynn Bourne
• Exhibition: to Haru yo, Koi by Yumi Matsutoya, performed by Shinya Kiyozuka,
choreo. by David Wilson
今シーズンの彼のプログラム:
・SP: ラウル・ディ・ブラシオ、「オトナル」、振付ジェフリー・バトル
・FSは「オリジン」と命名: エドウィン・マートンによるアート・オン・アイス、エドウィン・マートンによるマジック・ストラディバリウス、振付シェ-リン・ボーン
・エキシビション: 松任谷由実、「春よ、来い」、演奏清塚信也、振付デイビッド・ウィルソン



Yuzuru Hanyu: “I chose the programs because I wanted to show my respect. When I skate, I come to think that the best way to show respect, to pay the tribute, is to achieve a good result. Because I respect them [Johnny Weir and Evgeni Plushenko – Ed.], I don’t want to do any damage to the music of the programs. I want to bring better performances skating to this music”.
羽生結弦: 「このプログラムを選んだのは、自分の尊敬の気持ちを表したかったからです。滑る時、尊敬の気持ちを表すベストな方法、敬意を表す方法は、良い結果を達成することだと思うようになりました。彼ら[ジョニー・ウィアーとエフゲニー・プルシェンコ ―編集]を尊敬しているので、プログラムの音楽に何かダメージを与えるようなことはしたくない。この音楽ですべて、より良いパフォーマンスを届けたい。」



Yuzuru during a practice session in Helsinki
ヘルシンキの練習セッション中のユヅル



The warrior, ready to take on the world
戦士、世界の舞台で戦う準備はできている



Getting ready for the 6-minute warm-up before SP under the attentive eyes of Brian Orser and Ghislain Briand
ブライアン・オーサーとジスラン・ブリアンが見守る中、SP前の6分間練習に臨むところ



Yuzuru Hanyu: “After the performance at Autumn Classic International, I decided to forget about the quad Axel for now. But since I gave it up [to focus on the usual elements – Ed.], I thought I must skate a clean program.
So I pressured myself and trained hard”.

羽生結弦: 「オータムクラシックインターナショナルでの演技の後、しばらく4回転アクセルのことは忘れることにしました。でもそれをやらない[普段のエレメントに集中するために –編集]ことにしたからには、クリーンなプログラムを滑らなければと思いました。
だから、自分にプレッシャーをかけて、ハードに練習してきました。」


Yuzuru Hanyu: “I have practiced the spins a lot for this competition and I was paying attention [to them] during my performance. When I started the step sequence, as the music entered the crescendo, I could hear the audience cheering for me. They really gave me a lot of support, and I felt happy I delivered the performance well”.
羽生結弦: 「この試合のためにスピンをたくさん練習しましたし、演技の時にも[それらに]注意していました。ステップシークエンスを始めた時、音楽がクレッシェンドに入ると、観客が僕のために声援を送ってくれているのが聞こえました。みなさんは僕に本当に多くの声援をくれるので、良い演技ができて嬉しく思いました。」



…when the Pooh-rain starts
…その時プーの雨が降り始める



Sharing a good, happy laughter with Brian
ブライアンと嬉しい、喜びの笑いを交わす
  


The yellow euphoria
黄色のユーフォリア


Yuzuru Hanyu: “It meant a lot for me to break the 100 points, so I felt happy about that. But I am not yet satisfied with my performance. I think I can still improve a lot on my jumps, my steps etc., and I will continue to work hard to improve.
羽生結弦: 「100ポイントを超えることが僕にとってとても重要だったので、それについては嬉しいです。でも、まだ自分の演技には満足していません。まだもっともっとジャンプ、ステップ、そういったものをうまくできると思うし、もっとうまくなれるようにこれからもハードに練習します。



After Autumn Classic International, I realized that under this new rule it is really difficult to get a good score when you make a mistake on the jumps, so it is important for me to balance the consistency and the risk I am willing to take for my short program”.
オータムクラシックインターナショナルの後、この新しいルールの元ではジャンプでミスをしてしまうと良いスコアを取るのが本当に難しいということが分かったので、僕にとっては安定性と危険とのバランスを取ることが大事で、ショートプログラムではそれをやりたいと思う。」


Top 3 men after SP in Helsinki
ヘルシンキのSP後のトップ3



Focus on the champion…
チャンピオンに焦点を当てると…




…who’s relaxed now, and smiles to the camera
…今はリラックスしていて、カメラに向かって笑ってくれる


Getting ready for the free skate
フリーに向けて準備中
 



Determined eyes speak for themselves
決意を込めた目そのものが物を言う




With Ghislain and Pooh
ジスランとプーと




Ready? READY.
いけるな?よし。




And they are READY too.
そして彼らも「準備よし」だ。





Yuzuru Hanyu: “I was very nervous before the short program. For the long, because I had the advantage from the short, I was able to relax a bit and skate. But, at the end of the day, I think I am not myself when I don’t fight to win. I really hate losing, so I think I still need to train hard. Competition is what makes me grow”.
羽生結弦: 「ショートプログラムの前はとても緊張していました。フリーに関しては、ショートからのリードがあったので、少しリラックスできました。でも、終わってみたら、自分は勝つために戦わないと自分らしくないんだなと思いました。負けるのは本当に嫌いだし、だからまだこれからもハードに練習する必要があるなと。試合が僕を成長させてくれます。」



Brian Orser [on the 4T-3A sequence]: “Isn’t that awesome? [laughing out loud] I think it’s such a spectacular combination, you can see the reaction from the audience. It’s never been done before, so that’s a lot of fun. I think this is kind of cool, and he is taking that as some kind of challenge, a new challenge, a different challenge.
You gotta find a challenge somewhere when you’re a two-time Olympic champion”.

ブライアン・オーサー[4T-3Aシークエンスについて]: 「凄いだろう?[大声で笑いながら] あんな壮大なコンビネーションだったから、観客からのリアクションも見たでしょう。まだ誰もやったことがなかったから、本当に楽しいよね。これはクールだと思うし、彼はあれを一種の挑戦としてやっているんだけど、新しい挑戦、今までにないチャレンジだね。
2度のオリンピックチャンピオンともなると、何かしらチャレンジできるものを探さなくちゃいけないんだ。」




Yuzuru Hanyu [on the same sequence]: “Although it was successfully completed without any under-rotation, for me, it cannot be called a success jump unless you receive positive GOE. Nonetheless, I don’t think this would be the only time I do this jump [combo], so I will try to jump better in future competitions”.
羽生結弦 [同じ質問に]: 「回転不足もなくうまくできたとは思うけど、僕にとっては、プラスのGOEをもらえなければ成功したジャンプだとは呼べない。とはいえ、このジャンプ [コンボ] をやるのは今回だけとは思っていないので、今後の試合ではもっとうまく跳ぶようにします。」


Brian Orser [on Yuzuru’s performance in Helsinki]: “It was awesome. For his first Grand Prix of the season, of the 7 years we’ve been together, oh, my God, this is the first time he won, so it was nice. This is the best skate that I’ve seen him [for the first GP], good short, and good long. There is always something to work on, he knows that, I know that. It’s early, but it’s exciting”.
ブライアン・オーサー [ユヅルのヘルシンキでの演技について]: 「素晴らしかった。彼のシーズン最初のグランプリとしては、7年間一緒にやってきたけれど、ああ、何ていうことだ、これが初めての優勝だ、だから良かったよ。これは今まで[最初のグランプリの試合として]見た中で最高の滑りだし、いいショートだし、いいフリーだ。いつも何かしら取り組むことがあって、彼にもそれが分かっているし、僕も分かっている。まだ早いけど、でもワクワクするよ。」


Yuzuru Hanyu: “I don’t think I have got used to the new rule yet. I want to deliver a performance that every element is well executed, and whoever watches it would be impressed, so I would only give myself 60 points [of 100] for today’s performance”.
羽生結弦: 「まだ新しいルールに慣れているとは思わないです。どのエレメントもすべてうまくできて、見た人みんなに印象が残るような演技がしたいです。だから今日の演技に自分で点を付けるなら60ポイント[100のうち]かな。」
 


Brian Orser: “His stamina? Just hard work, hard work. He’s got a great attitude, and just hard work, good old fashion hard work”.
ブライン・オーサー:「彼のスタミナかい?何と言ってもハードな練習、ハードな練習をしているよ。練習態度も素晴らしいし、ひたすらハードに練習するんだよ、昔ながらのハードな練習をね。」



…and after the men’s free skate, Yuzuru needs to get ready for the exhibition as well; so here you have him, finding out the exact time and place in the schedule.
…そして男子フリースケーティングの後、ユヅルはエキシビションの準備もする必要があった。そこで、ここではスケジュールで正確な時間と場所を確認している彼が見られる。



But first there’s the medal ceremony – and Yuzuru cheers for the bronze medalist, his training mate Junhwan Cha
でも、先にメダルセレモニーがある ― そしてユヅルは銅メダリストで彼のトレーニングメイトのチャ・ジュンファンにエールを送る


And then he jumps joyfully, enthusiastically on top of the podium – he really wanted to win in Finland, he really wanted to win the first Grand Prix event of the season. And so he did, and he is happy.
それから彼は楽しそうに、熱意を込めて、表彰台のトップに飛び乗る ― 彼は本当にフィンランドで優勝したがっていたし、今シーズンの最初のグランプリの試合に勝ちたいと思っていた。そしてそうなったので、彼は喜んでいるのだ。
 



Quite a busy schedule for Yuzuru on this day in Helsinki: getting ready for FS, the skate itself, the medal ceremony, now the press conference – and there’s still the exhibition to go
この日ヘルシンキで、ユヅルのスケジュールはとっても忙しい: FSの準備、スケートそのもの、メダルセレモニー、そしてこんどは記者会見 ― それからまだこの後エキシビションが待っている。



Yuzuru Hanyu: “In past years, as long as I could land the jump, I would not consider it a ‘mistake’ even if the landing was a bit weak. But this season, I won’t call any jump ‘without mistake’ when it is slightly under-rotated or the landing is not good. I think this change in mindset means a lot to me.
羽生結弦: 「今までは、ジャンプを着氷できさえすれば、たとえ着氷が少し弱くてもそれを「ミス」とは呼びませんでした。でも今シーズンは、少しでも回転不足だったり着氷がよくない時は、どんなジャンプも「ミスなく」とは呼べなくなります。この考え方の違いは僕にとって大きな意味があると思います。



Under this new scale of GOE, I can feel that receiving positive GOE on all elements can bring huge impact to the result, so I always keep it in mind when I train. I know how difficult it is to receive a perfect GOE. Even under previous rule, when I skated to the ‘Ballade No. 1’, it was extremely difficult for me to receive that kind of score. Now, under this new rule, I think the bar is even higher, and it is much more difficult to get the perfect GOE”.
この新しいGOIの評価で、すべてのエレメントにプラスのGOEをもらえたら結果に大きな影響があると感じているので、練習する時にはそのことを常に頭に置いておきます。完璧なGOEをもらうのがいかに難しいかは分かっています。以前のルールでも、「バラード第一番」で滑った時でも、そういう感じのスコアをもらうのはものすごく難しかったです。だから今度はこの新しいルールの元で、バーはさらに高くなったと思うし、完璧なGOEをもらうのはもっとずっと難しくなると思っています。」



Happy face during press conference
記者会見中の嬉しそうな顔



And there you have him, performing to “Haru yo, Koi” [Spring, Come] at the end of the day – music embraces Yuzuru beautifully, and he embraces it back
そして、今度はこの日の終わりに「春よ、来い」で演技をする彼がそこにいる ― 音楽がユヅルを美しく包み込み、そして今度は彼が音楽を包み込んでいく



Shining star – take two. Remember last season’s photos in Moscow, at the end of Rostelecom Cup, when Ondrej Hotarek gave Yuzuru a helping hand, so that he could be visible in the group picture? Well, he did it again in Helsinki – this time, with the joyful help of Alexander Enbert.
輝く星 ― テイクツー。昨年のモスクワでの写真を覚えていますか?ロステレコム杯の最後に、オンドレイ・ホタレックがユヅルに手を貸して、彼がグループ写真で見えるようにしてくれたことを。そう、彼はまたしてもヘルシンキでそれをやったのです ― 今回は、喜んで手を貸すアレクサンドル・エンベルトと。


Traditional photo of the gold medalists at the end of exhibition – 2018 Grand Prix of Helsinki. And by “traditional” we mean the one below…
いつものようにエキシビションの最後に金メダリストたちの写真撮影 ― 2018年ヘルシンキグランプリ。そして「伝統」と言えば、次の写真のことでしょう…


And there is that: Yuzuru saying goodbye and thank you to the audience, to his fans, before going backstage
そして恒例のあれ: ユヅルが、バックステージに下がる前に、観客に、そして彼のファンに向かって、さよならとありがとうを言っている


Yuzuru Hanyu: “There are many fans who came here to support me. I really wanted to win here in Finland.
I attribute the victory to the wholehearted support from the fans”.

羽生結弦: 「ここまで来て僕をサポートしてくれるファンが大勢います。本当にここフィンランドで優勝したかった。
この勝利はファンの心からの応援のおかげだと思っています。」












saikorinさんありがとうございました。


画像はお借りしました。

ランキング参加中。クリックしてね

ばりぃさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス