アクセルは王様のジャンプ。 | まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

テーマ:
時事ドットコムに掲載された都築章一郎さんのお話が良いです。
長文を抜粋しています。ぜひ全文を読んで来てください。


羽生結弦の恩師が語る4回転半 「王様のアクセル」授けた都築章一郎さん


羽生は4回転半への挑戦を宣言した会見で「アクセルは王様のジャンプ」と口にした。
この言葉を幼少期に授けたかつての恩師、都築章一郎さん(80)は「私の中ではちょっとおろおろしている」と案じつつ見守っている。


都築さんは負傷する前の今季の羽生を見ていて、むしろトリプルアクセル(3回転半)が気になっていた。「試合で1、2回失敗していた。4回転半を練習しているからかどうかは分からないが、良いときと悪いときの差が出ているのが少し気になる」と言う。


 都築さんは以前から、ジャンプだけを考えて跳べば羽生には4回転半を決められる能力があると話していた。そう考える根拠は、よどみのない3回転半。しかも今季序盤には、3回転半を4回転トーループの後に付ける異例の連続技を着氷した。助走がほとんどなく、あえて負荷をかけて跳ぶ取り組み。
「これは(4回転半への)一つのステップになる。普通のスケーターにはできない。あの跳び方は3回転半の確率が高く、簡単に跳べるという自信があるからこそできる」と評した。


「ジャンプを跳ぶための軸を作る方向、回転の美しさ、降りたときの姿勢。本能に任せるのではなく、これらを小さいときから厳しく要求した」と振り返る。外から演技を見ている今でも、羽生がアクセルを跳ぶためのチェックポイントをいくつか意識しているのを感じている。
 前向きに踏み切るアクセルは後ろ向きに跳ぶ他の5種類と違い、最初の半回転で重心を移動させながら回転の軸を作ることが求められるため難しく、基礎点も一番高い。羽生は3回転半を武器にのし上がってきた。
都築さんは「彼は基本的なものを積み上げてくれた。小さいときに植え付けられたものが今に生きている。アクセルに限らず、全てのエレメンツ(演技要素)は偶然にできるものではなく、基本があって次がある。4回転半をできると私が思う理由はそこにある」と言う。


4回転半を跳ぶために必要なピースは何か。都築さんは一般論として「ジャンプ力というのはそんなに変わらない。あとは空中での回転の速さ。(今よりも速い)回転を作るためには腕の力、側筋、背筋を集中させる能力が求められる」と語った。
その一方で、筋力を付ける加減が難しいとみる。羽生が3回転半やこれまで決めた4種類の4回転を流れるように美しく跳べるのは細い回転軸を作れるからであり「あの細い体で結構しなやかな筋肉があるからやれている」と付け加えた。


都築さんは「今後4回転半を完成させるには、肉体と精神のバランスが取れていないといけない。コーチはそこまでなかなか指示できない。そこは本人にしか分からない。きちんと自分で言い聞かせてやるかだろう」と話した。
羽生の特性は頭でイメージしたように体を動かせる循環能力だとした上で、「けががイメージを迷わせる要因になってはいないか」と懸念も示す。


アクセルは王様のジャンプ-。都築さんは羽生がまだ1回転半を跳んでいたときから、そう語りかけていた。「歴史の中で語られている言葉。前向きに踏み切るジャンプはアクセルだけで、他は回転を付けやすいから全て後ろ向き。だから昔の人はアクセルは王様と言ったのかな」。
きゃしゃな体で高難度のジャンプを次々と成功させてきたかつての教え子を頼もしく感じつつ、けがの心配もしている。
「彼があの言葉を聞いてどう感じたかは分からないが、王様のジャンプのクワッドを今度はやろうとしており、スケート人生の集大成というか仕上げのレールに乗っている。4回転半を成し遂げたスケーターという地位を築くか築かずに終わるかの瀬戸際ではないか」と話した。



今はまず リンクに戻るのが最大の目標ではありますが。

やはり挑んでもらいたいです。
王様のアクセルに。



画像はお借りしました。
ランキング参加中。クリックしてね

ばりぃさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス