The Japan Timesより。フィギュアスケートの神。 | まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

テーマ:

The Japan Timesに掲載されたギャラガー氏のコラムです。

 

https://www.japantimes.co.jp/sports/2018/11/20/figure-skating/hanyus-health-paramount-concern/#.W_Pn9Oj7SuU

 

Hanyu’s health a paramount concern
羽生の健康状態に最大の関心が集まる


BY JACK GALLAGHER
ジャック・ギャラガー

NOV 20, 2018

 


When a country takes the gold and bronze medals in the same discipline at a Grand Prix it would usually be considered a successful weekend.
グランプリの1試合で、同一のカテゴリで一国が金メダルと銅メダルを獲得すれば、通常は成果を喜ぶべき素晴らしい週末になったと思われることだろう。



The joy for Japan at the Cup of Russia, however, was tempered by the injury suffered by two-time Olympic champion Yuzuru Hanyu after his triumph and Kazuki’s Tomono’s third-place finish.
しかし、ロシア杯での日本の歓喜は、二度のオリンピックチャンピオンである羽生結弦が優勝し、友野一希が3位に入ったものの、羽生が怪我を負ったことでやや抑えた感じになった。

 

 

A day after one of the greatest performances in his career in his short program to “Otonal,” the superstar twisted his right ankle during an unfortunate fall on a quadruple loop in the morning practice on Saturday in Moscow.
ショートプログラムの『オトナル』で、そのキャリアにおいて最高とも言えるパフォーマンスの1つを演じた次の日、スーパースターはモスクワで行われた土曜日の朝の練習の際に4回転ループでの不幸な転倒で右足首を捻った。



Despite barely being able to walk, Hanyu pulled on the boots for the free skate a few hours later and scored a convincing victory. It was a courageous performance by the Sendai native, who could have easily withdrawn, but once again took into account the feelings of the many fans who had traveled to see him compete as well as his desire to honor Evgeni Plushenko.
やっと歩くことができる程度だったにも関わらず、羽生は数時間後にはスケート靴を履き、フリースケーティングで圧倒的な勝利を収めた。

仙台出身の羽生による勇気のあるパフォーマンスであり、辞退してもおかしくはない状況であったが、またしても彼が試合で滑るのを見にはるばるやってきた多くのファンの気持ちや、エフゲニー・プルシェンコを称えたいという自身の熱い想いを考慮したのだった。

 

 

So many athletes in other sports will beg off at just the slightest hint of an injury these days. It has become an absolute disgrace in recent years. Take a look at the NBA if you want some reference.
近頃は、他の競技の場合、わずかに怪我の気配がみられただけでも言い訳にするアスリートも数多くいる。ここ数年全く面目潰れの状況が見られている。NBAを例にあげてみるとよいだろう。



But Hanyu is a different breed. He is old school and takes us back to the days when men were men and toughness was admired. Time and again he has answered the bell when he was injured.
しかし、羽生は違うタイプのアスリートだ。彼は古いタイプで、男は男らしく、またタフであることが尊ばれるという時代に連れ戻されるかのようだ。

彼は何度と無く怪我をするたびに期待に応えてきた。


 

There was the Cup of China collision with Yan Han in 2014, the serious ankle injury at the NHK Trophy last season, and now the fall in Moscow.
2014年には中国杯でのハン・ヤン選手との衝突もあり、昨年のNHK杯では足首に重度の怪我を負い、そしてこんどはモスクワで転倒した。



The questions now revolve around Hanyu’s potential fitness for the Grand Prix Final next month in Vancouver, British Columbia, and the Japan nationals in Osaka. It seems highly unlikely he will be able to compete in either.
現在のところ、来月ブリティッシュ・コロンビア州のバンクーバーで行われるグランプリファイナルと、大阪での全日本選手権に羽生が間に合うかに焦点が集まってきている。どちらも羽生の出場の見込みはかなり低いようだ。

 

 

As disappointing as that is, Ice Time is certain that fans don’t want to see Hanyu’s ankle problem become a chronic one. I think that is the risk here.
同様に残念なことだが、Ice Timeは、ファンは羽生の足首の問題が慢性的なものになるのをきっと見たくないはずだと思っている。私はそのことがここでリスクとなると思っている。



He needs to let the injury completely heal before resuming training. Yuzu is such an aggressive athlete that holding him back is not easy. This is where coaches Brian Orser and Tracy Wilson are going to have to step in and protect Yuzu from himself.
トレーニングを再開する前に、羽生には怪我を完治させる必要がある。

ユヅはあのように勇猛果敢なアスリートであるだけに、彼を押し止めるのは容易なことではない。

ここはコーチのブライアン・オーサーやトレイシー・ウィルソンがどうしても踏み込んで、ユヅ自身を納得させねばならない点である。

 

 

Hanyu no doubt feels worse about the injury than anybody. Of course he wants to be out there competing. I feel bad for the fans in Japan who have not seen him skate competitively in-country for two years (since the 2016 NHK Trophy in Sapporo) now.
間違いなく、怪我について誰よりも残念に思っているのは羽生に違いない。

もちろん彼は出場したいに決まっている。私はここ2年間、日本国内において彼が試合で滑るのを見ることができていない日本のファンをとても気の毒に思っている(2016年の札幌でのNHK杯以来だ)。



If he is ruled out of nationals, that time period will stretch to nearly 2½ years, with the next chance coming at the world championships in Saitama next March. It is important to keep in mind that not everybody can spend money to travel abroad and watch Hanyu compete.
全日本を棄権することになると、その期間は2年半近くにもなり、次のチャンスは来年3月のさいたまでの世界選手権ということになる。

羽生が試合で滑るのを見るために誰もがお金を払って海外に出かけることができるわけではないことを念頭に置くことが重要だ。

 

 

Overshadowed due to the focus on Hanyu’s injury, was the fact that the win in the Russian capital marked the first time in his senior career that he has won both of his GP assignments in one season.
羽生の怪我のおかげで影が薄くなってしまったのが、ロシアの首都での勝利により羽生はそのキャリアにおいて、1シーズンにグランプリで割り当てられた2つの試合の両方に勝利したのが初めてであったという事実である。



Hanyu’s world record of 110.53 points in the short program on Friday was really phenomenal. I remember feeling that he was finally fully healthy again as he soared so high on his jumps.
羽生が金曜日に出したショートプログラムの世界記録である110.53ポイントは実に驚異的であった。

羽生がジャンプを跳ぶとあまりに高く舞い上がるため、やっと完全に健康な状態に戻ったのだと感じたことを覚えている。

 

 

Eurosport’s Simon Reed continues to shower Hanyu with praise.
ユーロスポーツのサイモン・リードは、羽生に次々と賛辞の雨を降らせた。



“It’s got to a stage now where he almost transcends the sport,” Reed stated after Hanyu’s short program. “Rather like Tiger Woods a few years ago or Roger Federer.
「とうとう彼がこのスポーツの限界を通り越すまでのステージに達したようだ」と羽生のショートプログラムの後でリードが語っている。

「数年前のタイガー・ウッズやロジャー・フェデラーのようだ。」



“The question for me is, how does he have the motivation to keep getting better and better? He’s been at the top of his game now for seven, eight years, but he continues to improve. He’s consistently utterly brilliant.”
「私が疑問に思うのは、彼がもっとよくなりたい、もっとだ、というモチベーションをどうやって持つことができるのかということだ。

もうこの競技で7、8年もの間トップを走り続けているのに、まだ向上しようとしている。彼は常に究極的に素晴らしい。」



Reed’s broadcast partner Chris Howarth tried to provide an answer.
リードの実況パートナーであるクリス・ハワースはその答えを出そうと試みた。



“He obviously still has a love for the sport and a love for competing,” Howarth remarked. “To be honest, he makes it look easy. Every movement is finished off. The attention to detail in the program is second to none.
「明らかに彼は今でもこの競技に情熱を持っており、試合が大好きなんだ」とハワースが言う。

「正直言って、彼がやると簡単に見えるんだな。どんなムーブメントもさらっとやってしまう。プログラムの細部に至るまで注意を払う点はでは誰も比肩する者はいないよ。



“Technically just brilliant. That wonderful soft knee bend. The top half of the body doesn’t move on anything. I don’t think I have seen him any better. It’s incredible.”
「技術的に言ってもただ見事だ。あの素晴らしい柔らかな膝の曲げ方。体の上半身は全く動かない。こんなにうまくやっている彼を見たことはないように思う。信じられないよ。」

 

 

The experts even marveled during Hanyu’s free skate to “Origin” in which he had to improvise and move jumps around due to the injury.
エキスパートである彼らは羽生の『オリジン』のフリースケーティングの際にも驚いていたが、この時羽生は怪我のためにジャンプを構成し直して順序を変えねばならなかった。



“He has his own unique fingerprint,” noted CBC analyst Kurt Browning, a four-time world champion. “That way that he creates speed on the ice. The way he uses both legs and massages the ice is just very unique.”
CBCのアナリストであり、4度の世界チャンピオンでもあるカート・ブラウンニングはこう言う。

「彼には独自の指紋があるんだよ。そうやって彼は氷の上でスピードを生み出すんだ。2本の足を使って氷をマッサージしていくような彼の滑り方は本当にユニークなんだ。」



Tara Lipinski, the 1998 Olympic champion, kept her analysis succinct on NBC.
1998年のオリンピックチャンピオンであるタラ・リピンスキーは、NBCで自らの分析を簡潔に述べた。



“When he touches the ice it’s magic,” Lipinski commented.
「彼が氷に触れると、それは魔法になるのよ」とリピンスキーがコメントする。

 

 

Perhaps Reed put it best when Hanyu took the ice for his free skate.
羽生がフリースケーティングのために氷に踏み出して行ったとき、最もうまく表現したのはリードだろう。



“The god of figure skating,” Reed said as Hanyu was introduced.
リードは羽生を「フィギュアスケートの神」と紹介していた。





saikorinさんありがとうございました。


画像はお借りしました。

 ランキング参加中。クリックしてね

 

 

ばりぃさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス