THE JAPAN TIMESより。いつまでも最高であり続けるだろう。 | まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

テーマ:

THE  JAPAN  TIMESに掲載された、ギャラガー氏のコラムです。

 
 


Yuzuru Hanyu won his opening Grand Prix event for the first time in his nine-year senior career on Sunday in Helsinki with three record scores. | REUTERS
日曜日、ヘルシンキにて、3つの世界記録をマークした羽生結弦は、9年間のシニアにおけるキャリアで、初めてグランプリ初戦を優勝で飾った。

FIGURE SKATING | ICE TIME
Yuzuru Hanyu amazes again in Helsinki win

ヘルシンキでの優勝で、羽生結弦が再び世の中を驚かす

BY JACK GALLAGHER
ジャック・ギャラガー

STAFF WRITER

Just when you didn’t think he could go one better, he did.
もうこれ以上の演技はないだろうと思えども、彼はやってのけた。



Two-time Olympic champion Yuzuru Hanyu stunned the skating world again with his artistry and technical prowess on the way to a commanding victory at the Helsinki Grand Prix last weekend.
二度のオリンピックチャンピオンである羽生結弦は、先週末グランプリヘルシンキ大会で圧倒的な勝利を収める過程において、その優れた芸術性と技術とで再びスケート界をあっと言わせた。



Hanyu set three world records in the process for highest short program (106.89), free skate (190.43) and total score (297.12) under the new +5/-5 GOE system. But it wasn’t the numbers that resonated, it was the manner and passion with which he achieved them that did.
羽生は新たな+5/-5のGOEシステムの元で、ショートプログラム(106.89)、フリースケーティング(190.43)、および総合得点(297.12)でそれぞれ最高得点を獲得しながら、3つの世界記録を打ち立てた。

 

 

As if that wasn’t enough, the Sendai native also threw in another historic first — a quad toe loop/triple axel combination. Never before landed in competition in the history of skating.
それでは満足いかないとでもいうように、仙台出身の羽生はこの他にも歴史的な初仕事をやってのけた ― 4回転トウループ/トリプルアクセルのコンビネーションである。
スケート史上これまで誰も試合で着氷したことがないものだ。
 

Lost in the glare of the records and the quad toe/triple axel was one more first. One that is almost hard to believe. The triumph marked the first time in Hanyu’s nine years on the senior GP circuit that he has won his opening event.
各記録や4回転トウ/トリプルアクセルの輝きの中に埋もれてしまったが、もう1つの初があった。それはおそらく誰も信じられないことだろう。
今回の勝利は、羽生の9年間のシニアGPシリーズにおいて、彼の初の初戦勝利の記録となったのだ。


“Actually I was fighting my condition, as it was not so good before I came here and after I came here,” Hanyu was quoted as saying by the ISU website. “But I beat myself. Although the quad loop and quad toe were not perfect, I am pleased I was able to stay on my feet.”
ISUのウェブサイトによると、羽生は「実際、コンディションと闘っていました。ここに来る前も来た後もあまり良くなかったので」と語っていたという。
「でも自分に勝ちました。4回転ループも4回転トウもパーフェクトではなかったけれど、立つことができたのには満足しています。」


Michal Brezina of the Czech Republic came in second (257.98), nearly 40 points behind Hanyu.
チェコ共和国のミハル・ブレジナが2位(257.98)となったが、羽生との差は40ポイント近かった。
 

 

Just as in the Sochi and Pyeongchang Olympics, the stage for the win was set by Hanyu’s sublime short program. Skating to “Otonal,” he began with a beautiful quad salchow, followed that with a nice triple axel, then hung on to the back end of his quad toe loop/triple toe loop combination jump.
ソチおよび平昌の両オリンピックと全く同様に、勝利のお膳立ては羽生の名演技といえるショートプログラムによってもたらされた。

『オトナル』で滑る羽生は、冒頭を美しい4回転サルコウで始めると、続けて素晴らしいトリプルアクセルを跳び、さらに4回転トウループ/トリプルトウループのコンビネーションジャンプの最後に至るまでしっかりとやり切った。



He only received a level three on his step sequence, but it hardly mattered. The plaudits poured in from the experts afterward.
ステップシークエンスでレベル3がわずかに1つ付いたものの、ほとんど影響はなかった。その後専門家たちからは次々と賛辞が寄せられた。



“Even by his standards, it was phenomenal,” stated Eurosport’s Simon Reed.
「彼の標準からしても、これは驚異的なものだった」と述べたのはユーロスポーツのサイモン・リードだ。



“One of his best ever. It is just utterly amazing,” commented Reed’s partner Mark Hanretty. “He’s still come back and is not just sustaining his excellence, but improving his excellence.”
「彼の中でも最高の部類に入るものだ。ただ完璧に驚きとしか言いようがない」とコメントしたのはリードのパートナーであるマーク・ヘンレッティーである。

「彼はまだ戻ってきたばかりで、本来の卓越性は見られないものの、どんどん磨きがかかってきている。」



Tara Lipinski and Johnny Weir, both Olympians themselves, were wowed by Hanyu’s majestic performance.
いずれもオリンピック経験者であるタラ・リピンスキーとジョニー・ウィアーは、羽生の壮大な演技に心を奪われていた。

 

 

“In this short program he was absolutely mesmerizing,” Weir said on the NBC telecast.
「このショートプログラムで、彼は本当に魅力的でした」とNBCのテレキャスとでウィアーが言った。



“He is just one of those skaters I feel honored to watch,” Lipinski remarked.
「彼は見ていて誇らしく感じるスケーターの1人だわ」とリピンスキーがコメントした。



Lipinski and Weir were just getting warmed up for the main event — Hanyu’s free skate to “Origin.”
リピンスキーとウィアーはメインイベント、すなわち『オリジン』で滑る羽生のフリースケーティングへの心の準備はもうできていた。



Though the superstar’s opening quad loop and a quad toe loop were deemed under-rotated by the judges, Lipinski and Weir were floored by what they saw.
スーパースターの冒頭の4回転ループと4回転トウループはジャッジの判定により回転不足を取られたようであるが、リピンスキーとウィアーは目にした光景に打ちのめされた。



“There were so many beautiful delicate moments in that program. There was a strength to the choreography,” Weir stated. “You could see that he believed in it so 100 percent.”
「あのプログラムには数多くの美しく、繊細な瞬間が詰まっていた。コレオには強さが備わっていた」とウィアーが語る。

「彼が100%それを信じているのが見て取れたよ。」



As Weir analyzed a replay of Hanyu’s free skate, he saw in it a lesson.
羽生のフリースケーティングを再生して分析しながら、ウィアーはそこからある学びを得たという。

 

 

“First time ever, quad toe/triple axel sequence. Just brilliant,” Weir remarked. “The fact that he is back again, not letting his level dip below what it was at the Olympic Games, it’s so inspiring. All the young skaters out there should be looking at this and know that there is no end unless you decide it is the end.”
「史上初の4回転トウ/トリプルアクセルのシークエンス。ただ素晴らしい」とウィアーが言う。

「オリンピック大会の時よりもレベルを下げることなく彼がまた戻ってきたという事実には、本当に感動を覚えます。世の中の若いスケーターたちはこの事に目を向け、自分で終わりだと決めなければ終わりはない、ということを知るべきです。」



Weir credits Hanyu’s success in part to his ability to block out distractions.
ウィアーは、羽生の成功の一部は、外野の喧騒をシャットアウトできる能力にあると認めている。



“He completely disconnects himself from what is going on around him and only focuses on the skating,” Weir noted.
「彼は周囲で起きていることから自らを完全に切り離し、スケーティングだけに集中しているんです」とウィアーが述べる。



Lipinski, the 1998 Olympic champion, was impressed by Hanyu’s presence while performing.
1998年のオリンピックチャンピオンであるリピンスキーは、演技中の羽生の存在感に感銘を受けている。

 

 

Watching him at center ice, where I think he is most natural, most comfortable, the joy that he brings to his fans,” Lipinski said. “The aura and the presence that he brings to ice, it’s unlike anyone else. I think he has had it for a long time. This is just who he is.”
「氷の中央にいる彼を見ると、そこで彼は最も自然体で存在し、最も快適な様子で、彼がファンにもたらす喜びといったら」とリピンスキー。

「彼が氷上に放つオーラや存在感は、他の誰とも違うものだわ。もう彼はずっとそれを持ち続けてきたとと思うの。これが彼本来の姿なんだわ。」



Lipinski admitted that Hanyu is one in a million.
リピンスキーは羽生が100万人に1人の存在であると認めている。



“It’s just rare to see this type of perfection in skating. Today wasn’t absolutely perfect,” Lipinski said. “But we talk about what he embodies. He is the entire package. He has the artistry, he has the technical ability, he has the performance ability, and he is able to withstand pressure.”
「スケーティングにおいてこのようなタイプの完全性を見ることは稀としか言えないわ。今日はただ絶対的に完璧というわけではなかったけれど、私たちは彼が体現しているものについて話しているのよ。彼はすべて揃っている人なの。彼には芸術性があり、技術的な能力も持っていて、演技する能力も持ち合わせていて、さらに彼はプレッシャーに耐えられる能力を持っているのよ。」

Four-time world champion Kurt Browning and top analyst Carol Lane echoed the sentiments of their American counterparts on the CBC broadcast of the Helsinki GP.
4度の世界チャンピオンであるカート・ブラウニングと優秀なアナリストであるキャロル・レーンも、ヘルシンキGPのCBC放送のアメリカ側の相手と同じ感情を抱いていた。

 

 

“This guy is creating new expectations of the sport and longevity that I don’t understand,” Browning commented. “How can he do those quads for such a long period of time?”
「この人はこのスポーツに新しい期待をもたらしているし、ここまで維持できるのは僕には分からないよ」とブラウニングはコメントする。

「あんな4回転をこんなに長い期間やり続けることができるのはなぜなんだろう?」


“Maybe not just the best there is, but maybe the best there ever will be,” Lane stated. “He’s that good.”
「おそらく、ただ 今最高だというだけでなく、いつまでも最高であり続けるでしょう」とレーンが言う。

「それほどまでに彼はすばらしいのよ。」

 

 

 
saikorinさんありがとうございました。
 
画像はお借りしました。
ランキング参加中。クリックしてね

ばりぃさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス