やっとプロトコル。 | まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

テーマ:

やれやれ。おさしんに萌えてばかりで進まんったらガーン


おさしんたくさん!

フォートキシモト

岡崎さんのコラムです。

【岡崎真の目】圧巻Vの羽生 昨季よりもうまくまとめられている

(スポニチより抜粋)

演技の冒頭は少し抑えめに入った感じでスピードがなく、羽生本来の高さと流れのあるジャンプができなかった。4回転ループは少し詰まったような感じで回転不足を取られた。ただ、そこで転倒することもなく、最小限のミスでとどめたのはさすがだった。
全体を通じて素晴らしいジャンプはたくさんあったのだが、少し前傾したようなジャンプも何回か見られた。
恐らく本人の中では100点のジャンプは少なかったに違いない。実際にGOE(出来栄え評価)もマイナスがついている。
しかし、以前だったら転倒していてもおかしくないようなジャンプでも、うまくかわして最低限のミスにとどめている。
昨季よりも力強さが増したと言うか、枠が広がったと言うか、いい意味で凄くまとめられるようになったという印象を強く受けた。

まとめると言っても演技が小さくなったわけではなく、攻めるところは果敢に攻めている。
4回転ループも跳んでいるし、4回転トーループからトリプルアクセルという新しい試みにも挑んだ。新ルールになってジャンプが1本減ったとはいえ、昨季までの自己ベストを上回ってやろうと思っているに違いない。

300点超えは時間の問題だろう。 
(ISUテクニカルスペシャリスト、プロコーチ)




んでプロトコル。



4T+3A+SEQ。
SEQったらシークエンス、連続で跳ぶからな!てことです。
×がついてるのは「いかん!」ではなく、ここから後半やから基礎点×1.1になる、てことですね。




ここに持って来てることに意義があります。
前述の動画の中でも語られていましたガーン


回転不足のジャンプもありましたが、新ルールのもとジャンプが1本少なくなったにもかかわらず!
300点に迫る点数、岡崎さん曰く300点越えも時間の問題とはびっくり




画像はお借りしました。
ランキング参加中。クリックしてね

ばりぃさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス