高須カメラマンの「夢を跳ぶ」写真展。 | まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

テーマ:
写真展はフィギュア関係ではありません。念のため。



以前ご紹介したことのある いとうやまねさんのコラムです。
高須力(つとむ)さんのお名前を知らなくても、おさしんを見たら「あぁ!」って方も多いんぢゃないかな。



スポーツ写真家・高須力が描く『フィギュアスケート写真』の世界(前編)

(victoryより抜粋)

――フィギュア人気で競技会には毎回たくさんのカメラマンがいますが、高須さんの撮る選手はちょっと他とは違う印象があります。 

高須 いつも他のカメラマンとは違う瞬間を狙うように心がけています。

例えばビールマンスピン(片脚を後方から頭上に伸ばし、その脚を手で保持した状態で行なうスピン)だと、ブレードをしっかりつかんでいるところを撮る人が多いですが、ぼくはちょっと手が離れた瞬間を狙ったりしています。 




――Numberの表紙になった『オペラ座の怪人』も仮面を顔に着ける“ちょっと前”です。 

高須 あれも、怪人(羽生)がしっかり顔を隠している写真が一般的ですが、ぼくは顔から手が少し離れたところ、顔が半分見えているところを意識しました。性格が捻くれているのか、人と同じ写真が好きじゃないんです。 




――やはりNumberですが、昨シーズンのフリー『Hope & Legacy』の写真も、すごく綺麗ですね。 

高須 本当のことをいうと、違う瞬間を狙っていました。

練習でやっていたちょっとした仕草なんですが、本番にはありませんでした。

直前で少し乱れたので抜けちゃったのかも知れませんね。

撮影ポジションも最終グループの直前までいろいろ考えて、審査員席の反対側に陣取りました。 

昨シーズンのフリーは、ショートの『Let's go crazy』とは対象的に繊細な表現が多いので、写真で表現するのがすごく難しいプログラムでした。昨シーズンはすべての試合を撮影しましたが、写真的には惨敗続きだったので、すごく苦労させられましたね。 




――前もって動画などでプログラムの構成を研究するのでしょうか? 

高須 見ますよ。もちろん生で練習も見ますし、新しいプログラムは、ここで飛ぶとか、ここで何をするとかチェックします。

例えば羽生選手の場合だと“見せ場”があるじゃないですか。それをリンクのどの位置でやるのかは、前もっておさえておきます。

どの角度で撮るのがこの技は一番綺麗に見えるのか、とか。 


高須さんですラブ



その高須カメラマンの写真展がフジフイルム スクエア(FUJIFILM SQUARE)で開催されています。


【写真家たちの新しい物語】 髙須 力写真展 「夢を跳ぶ。寺島武志、セパタクローに生きる」

 




セパタクローってご存知ですか?
早い話が足でやるバレーボールみたいなもんですが(強引)


ルールなんかはこちらを参考に。

セパタクローとは?基本的なルールやボールなどの知識



ボールが籐で作られていたという、いかにも東南アジア発祥のスポーツなんです。


良いおさしんに触れる機会があればぜひ。

伺いたいもんですえーん





写真展のおさしんは いとうやまねさんにお借りしました。

https://twitter.com/mipolin_tokyo/status/1047747966792949760?s=21




ランキング参加中。クリックしてね

 


ばりぃさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス