CBC SPORTSより。羽生の進化。 | まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

テーマ:
9月23日付のCBC SPORTS に掲載されたPJクオン氏のコラムです。


https://www.cbc.ca/sports/olympics/figureskating/yuzuru-hanyu-evolution-figure-skating-1.4834978?utm_content=bufferb382e&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer


The evolution of Yuzuru Hanyu: How one of the best ever keeps developing
ユヅルハニュウの進化: 史上最高の1人はどのように発展し続けるのだろうか


Japanese figure skater debuts new, bar-raising routine in victory at Autumn Classic International
オータムクラシックインターナショナルで、日
本のフィギュアスケーターが新たな、限界を押し上げるルーチンを初披露

Pj Kwong · for CBC Sports · September 23
PJクオン



Yuzuru Hanyu of Japan performs his free skate in the men's competition at the 2018 Skate Canada Autumn Classic International event in Oakville, Ont. on Saturday. (Geoff Robins/AFP/Getty Images)
日曜日、オンタリオ州オークビルの2018年スケートカナダオータムクラシックインターナショナルの大会で、男子の試合においてフリースケーティングを演技する日本の羽生結弦。



Eleven-hundred spectators bought tickets to watch some of figure skating's superstars start their competitive season at the Autumn Classic International competition hosted in Oakville, Ont.
フィギュアスケートのスーパースターたちがオンタリオ州オークビルで開催されたオータムクラシックインターナショナルの大会でそれぞれの競技シーズンを開始するのを見るために、1100人の観客がチケットを購入しました。


Canadian ice dancers Weaver, Poje win gold at Autumn Classic




Some of these fans were even camped out overnight in the arena parking lot, in order to be first in line for a prime seat to catch a glimpse of their skating hero Yuzuru Hanyu. A crowd of adoring fans, many of whom had travelled from Japan, were anxious to see the debut of Hanyu's two new programs.
一部のファンは、そのスケート界のヒーローである羽生結弦をひと目見るために特等席を確保するべく列の先頭に立つために、アリーナの駐車場に夜通しキャンプを張る者さえいました。

熱心なファンの集団は、その多くが日本からやってきた方たちでしたが、羽生の2つの新しいプログラムの初披露を見たくて仕方がない様子でした。
(訳注:私(saikorin)の見た限り、テントが張られていたのは駐車場ではなく、建物の入口部分の庇の下で、1張りのみでしたので、念の為申し添えます)



I wondered what would drive a two-time and defending Olympic champion to continue? The truth of the matter is that Hanyu isn't finished with the sport and seemingly has things left to share. His trick this season had to be figuring out how to evolve as an athlete and artist and to persist in breaking new ground.
二度の、そして現在のオリンピックチャンピオンに続けようと思わせるモチベーションとなるものとは何か、と私は考えました。実のところ、羽生はまだこの競技を終えたわけではなく、どうやらまだ見せたいものが残されているようなのです。今シーズンの羽生の仕掛けは、アスリート、そしてアーティストとしてどう進化すべきか、そしていかに新天地の開拓をやり遂げるかについて、答えを出すこととなるはずです。



Grabbing from the past
過去から掴み取る

Interestingly, moving forward for Hanyu includes looking back at the generation that came before him. For this season, each program is a tribute of sorts to a couple of Hanyu's skating idols — Johnny Weir in the short program and Evgeny Plushenko in the free.
面白いことに、羽生にとって前進するということは、彼よりも前にやってきた世代を振り返ることが含まれるのです。
今シーズンは、どちらのプログラムもいわゆる羽生のスケート界のアイドルたち、すなわちショートプログラムはジョニー・ウィアーに、そしてフリーはエフゲニー・プルシェンコに捧げられたものとなっています。


The short program took place on Friday with Hanyu the non-disputed star of the men's event. The goal for all the skaters in these early season competitions is to get some mileage on the programs and to test if they reach the maximum in their score.
ショートプログラムは金曜日に、男子の試合において議論の余地のないスーパースターである羽生が出場して行われました。
このようなシーズン初頭の試合における全スケーターの目標は、プログラムをある程度行って、最大スコアに届くかどうか試すことにあります。


There is nothing for which Hanyu could qualify by competing; it was simply an opportunity to compete.
試合に出場することで羽生に何か資格が与えられるというわけではありません。

単に試合で戦う機会だっただけです。



Hanyu's winning short program was beautiful, but even by his own admission, not perfect. For me, I wanted to see if Hanyu could still hold my interest. That he did.
羽生が1位となったショートプログラムは美しいものでしたが、彼自身も認めるように、パーフェクトではありませんでした。

私としては、それでも自分が羽生に興味を持ち続けられるか見極めたいと思っていました。そしてそのとおりになりました。


There is something about this man's skating that commands not only respect but your full attention. No tweeting, no texting, no chatting — just spellbound observation.
尊敬だけでなく完全に注目することを要求するこの男性のスケートには何かがあるのです。

ツイートもせず、メッセージも送らず、チャットもやらずに ― ただうっとりと見つめるのです。




Continues to raise the bar'
「これからも限界を引き上げていく」


World 2003 ice dance champion Shae-Lynn Bourne was called on again to choreograph for Hanyu. It was her work on Hanyu's free program that helped him clinch his second Olympic title in Pyeongchang this past February.
2003年の世界選手権アイスダンスチャンピオンのシェイ-リン・ボーンが再び羽生に振り付けを依頼されました。
今年のさる2月、平昌で彼の二度目のオリンピックタイトル獲得をサポートした羽生のフリープログラムを振り付けたのは彼女でした。


"Yuzuru continues to raise the bar in men's figure skating. Because of what he does, the rest of the men do what they do. He's bringing light and energy to the sport in a positive way," said Bourne.
「ユヅルは男子フィギュアスケートにおいてこれからも限界を引き上げていくのよ。彼のやっていることを見て、他の男子も自分たちのすべきことをしているのだから。羽生はこのスポーツに前向きに明るい光とエネルギーとをもたらしているの」とボーン。


Not to mention fans. Lots and lots of fans.
ファンについては言うまでもありません。とてつもなく多くのファンがいます。


Hanyu's nod to Olympic and world champion Plushenko in the free program is in using the same music from Plushenko's 2003-04 season.
羽生はフリープログラムで、オリンピックおよび世界選手権のチャンピオンであるプルシェンコが2003-04シーズンに使用したものと同じ曲を使用することにしました。



"In feeling the spirit of the music," said Bourne, "Plushenko did his program as a tribute to Nijinsky, the ballet dancer."
「音楽のスピリットを感じる時」とボーン、「プルシェンコは彼のプログラムをバレエダンサーのニジンスキーに捧げるものとして演技したのよ。」


Bourne's take on the music was very different.
この曲に対するボーンの取組は全く異なるものでした。


In Bourne's mind, the music sounded epic and on the suggestion of her husband Bohdan Turok, she looked to Japanese mythology for a storyline. She was inspired by Kojiki, the Japanese Account of Ancient Matters, which chronicles the mythical creation of Japan.
ボーンの心にはこの曲は英雄史のように響き、彼女の夫であるボーダン・テュロクのヒントを得て彼女は日本の神話にストーリーラインを求めました。
ボーンは『古事記』という日本の古代を記した書物に閃きを得ましたが、そこには日本の神話的な創造の物語が記されています。


She could envision that creation and wanted to illuminate it through movement on the ice. Although she won't speak for how Hanyu interprets the music, she offers theirs was a rich collaboration in creating the movement and the program's framework.
ボーンはその創造を思い描き、氷上の動きを通してそれに光を当てたいと思いました。
羽生がこの曲をどのように解釈しているかについてボーンが語ることはないものの、動きやプログラムの枠組みを作る上で、彼とは深く話し合ったことを明かしてくれています。





"I want the audience to feel 'change,'" Bourne said. "I want people to see something different in his [Hanyu's] skating. I want them to see his package of skills as a skater. He has musicality that is beautiful. He feels it."
「観客のみなさんには『変化』を感じて欲しいんです」とボーン。「[羽生の]スケーティングに違うものを見て欲しいと思っています。彼のスケーターとしてのスキルの集大成を見て欲しいのよ。彼には美しい音楽性があるんです。彼はそれを感じているのね。」


As Hanyu skated, we did too.
羽生が滑った時、私たちは確かにそれを感じましたね。

Although there were some technical errors in Hanyu's free program, he had created enough of a buffer with his lead in the short program to stay in first place overall. As one of the best ever, I am not worried in the short term about Hanyu's ability to stay competitive.
羽生のフリープログラムではいくつかテクニカル面でエラーはあったものの、彼は実際にショートプログラムで十分に得点差をつけていたため、全体では一位に留まりました。

史上最高の1人として、短期的に見て羽生の競争力を維持する能力については心配していません。


Hanyu's program component were the highest marks in the event by more than six points. This is the area of skating where legends and legendary programs are made. Again.
羽生のプログラムコンポーネントは、6点異常の差を付けて今大会の最高得点となりました。

これはもうレジェンドが伝説的なプログラムを滑るという領域なのです。またしても。





温かいコラムです。最高の賛辞ですね。
saikorinさんありがとうございました。


画像、動画はお借りしました。

ランキング参加中。クリックしてね

 

ばりぃさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス