タレントパワー炸裂。 | まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

テーマ:
タレント…親分はタレントか…
てなツッコミは飲み込んで。



1位であることを純粋に喜ぼうではないか!




2018年上半期のNo.1タレントは、羽生結弦
(メタラボより抜粋)

スーパースターの定義は、テレビ露出力上位20%以内とTwitter話題力上位20%以内を同時に満たすことだ。テレビ露出上位20%は番組露出分数に換算すると週平均約200分になることは前回の記事でご紹介した。


な、なんだ?



Twitter上位20%は、週平均約250アカウントになる。2018年1ー6月の全期間を通して毎週平均250人以上にツイートされてきたという条件だ。
この条件を使い、Talent Rankから2018年の1-6月期全体を通してテレビ露出量週200分、Twitter週250アカウントを超えるタレントを抽出し、これをTwitterアカウント数の順に並べたのが図1の「スーパースターランキング 2018/1-6月」だ。





…とにかく そ〜ゆうことだ(ちゃんと読め)




第一位は、羽生結弦。前回の記事(最強タレントを探せ!タレントポジショニングで見る旬なタレント、伸びるタレント)でご紹介したタレントパワーを可視化するタレントポジショニングのチャートで、一人だけ突出していたのが羽生であったが、それを数字で裏付けたのがまさにこのチャートになる。
羽生は2018年2月の冬季オリンピックでの活躍でテレビ露出量とTwitterでの話題量が爆発し、特にTwitterは2位の松本潤(嵐)に3倍の差をつけ上半期全体を通してのナンバーワンの数値となった。まさに国民栄誉賞にふさわしい傑出したスコアでである。



なんやて?




うわ〜!頭が痛くなりそうえーん



画像はお借りしました。

ランキング参加中。クリックしてね

ばりぃさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス