続・オリンピアンのトレーナーとして。 | まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

テーマ:

雨粒が窓を打ちつける音が激しくなって来ました。

スマホの ぴぽぴぽぴん~ぴぽぴぽぴん~も鳴り続けていますが(伝われ)


 

ここはひとつ元気の出るお話をば。

 


 

以前、菊地先生のレポをご紹介しました。

 

https://ameblo.jp/yuzuemon1207/entry-12386539017.html

 

 

割愛した部分がありました。

 2014年の中国杯に触れている箇所です。

 

 

 

(略)

勉強を重ねれば重ねるほどに自分の世界が狭すぎたことに気づき、またまた潰されそうになり、またそこから這い上がってくるということの繰り返しでした。

 

潰されそうになったその間も大会は続き 上海大会での激突、流血事故が起きてしまいました。

 

本人は

「絶対に出ます。先生なんとか動けるようにしてください」

と訴えたため必死のサポート。

 

終わってみれば傍にいたチームアメリカのドクターから

「グッドジョブ後は任せて。演技が終わったら直ぐに・・・・」

ドクターからの、それもチームアメリカのドクターからの「グッドジョブ」その言葉が迷いに迷っていた自分の背中を押してくれたことは間違いありませんでした。

(略)

 

 

 

 

あの強行出場には賛否あったことはご承知の通りです。

菊地先生がどのような心境で つきそっていらっしゃったのか。周囲の関係スタッフの皆さんはどんな反応だったのか。

 

 

知ることが出来たことで、なお一層 中国杯への想いが強くなりました。

 

 

 

 大好きなシーン。報ステより。


 




画像はお借りしました。

ランキング参加中。クリックしてね

ばりぃさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス