2日目おさしん来ました。 | まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

テーマ:
ぽぷれが姫 来ました!ラブラブラブラブ



最後の一文が優しくてえーん

羽生結弦が3回転ループを解禁 長野アイスショーで「ホープ&レガシー」

(スポーツ報知より抜粋)

大トリで登場した羽生は16―17年シーズンのフリープログラムで223・20点の世界最高得点を記録した「ホープ&レガシー」を選曲した。同曲は久石譲さんが作曲した1998年長野パラリンピックのテーマ曲。

 この日は短めのショー用のアレンジで、ジャンプは4本跳んだ。3回転ループを着氷、続く3回転トウループは転倒、3回転半(トリプルアクセル)―1回転ループ―3回転サルコーの3連続ジャンプにもトライし、最後は得意のトリプルアクセルで締めた。

 平昌五輪後に右足首のリハビリ加療に努めてきた羽生は、5月のファンタジー・オン・アイス幕張公演時には、右足踏み切りのループについて「軸を取る練習だとか、1回転だったり上がるだけのジャンプなどを少しずつ、毎日1回か2回やるようになってきたところ」と話していた。この日は3回転ループを解禁。段階を踏みながら、前に進んでいる。


(スポーツ報知 五輪競技担当より)

羽生結弦選手は「ホープ&レガシー」。右足の負担を考え、1回転までに控えていたループ。この日は3回転を跳びました。トリプルアクセルからの3連続も‼︎


明日のホーチは買いではないかとラブ






羽生結弦がアイスショー 3回転ループ解禁

(デイリーより抜粋)

大トリで登場した羽生は、長野パラリンピックの開会式でも使用された久石譲氏の曲を組み込んだ16-17シーズンのフリー「ホープ&レガシー」を披露。

 ショー用に短くアレンジしたバージョンだったが、一つ目のジャンプでは、負傷していた右足踏みきりのためにこれまで封印していた3回転ループに挑戦。やや着氷は乱れたが、優雅な演技で会場を魅了した。






あっ、もいっこ。

フィナーレの曲はV6の『輪になって踊ろ』で、めっちゃ歌ってました(*≧v≦)




昨日に引き続き、朝日新聞スポーツ部の浅野有美記者にお世話になりまするお願い


羽生結弦 選手はオープニングで、プルシェンコ さんと登場しました!

(13:12)

積まれる積まれる




この待ち時間にですなグラサン
その浅野記者の呟きをご紹介します。

昨日、羽生結弦 選手への新プログラムについての質問で、「曲は決まっている」と前回と同じ答えになったのを察してくれたのか、「新しい自分を、新しいプログラムで出したい」と続けてくれました。

その心遣いと機転に「ありがとうございます」と心の中で声出してました。



さすがの心遣いですえーん





ランキング参加チュー唇 クリックしてね

ばりぃさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス