柔らかい強さ。穏やかな激しさ。 | まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

テーマ:
表現に やや「?」な部分もありますが、観点が面白いです。
著者は、建築家で名古屋工業大学名誉教授の 若山滋 氏です。


(THE PAGEより抜粋)


羽生と大谷は童顔のサムライだ。

柔らかい強さがあり、爽やかなしぶとさがあり、穏やかな激しさがある。

「武」と「和」、二つの文化を合わせもつところは日本文化の進むべき道を示すように思える。



「童顔のサムライ」から学ぶ日本がとるべき外交術。

読み終えて、つまり主体はハニューとオータニではなかったわけだ、と思ったりしますが(コラ)


スポーツ技術に たけているだけではない。人間として魅力があり、素晴らしいアスリートです。

言わば日本の宝である両選手を、あっちゃこっちゃからの雑音で潰さないように。

それを願います。


画像はお借りしました。
ランキング参加中。ぽちっとな

ばりぃさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス