Japan Timesより。日本人スケーターによるベスト・パフォーマンス トップ10。 | まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

テーマ:

10日付のJapan Timesに掲載された、ギャラガー氏のコラムです。

羽生選手の部分をご紹介します。

後半は4回転ジャンプについての考察です。

 

https://www.japantimes.co.jp/sports/2018/04/10/figure-skating/yuzuru-hanyu-leads-list-seasons-top-efforts-japan-skaters/#.Wsy3Av9rzaQ

 

 

Yuzuru Hanyu returned from injury in dramatic fashion in the short program at the Pyeongchang Olympics on the way to making history by winning his second straight gold medal. | PETER KNEFFEL/PICTURE-ALLIANCE/DPA/AP IMAGES
2大会連続金メダルを勝ち取って歴史を作るその途上において、平昌オリンピックのショート・プログラムで劇的な流儀で怪我から復帰した羽生結弦。

 

 

Yuzuru Hanyu leads list for season’s top efforts by Japan skaters
羽生結弦が日本のスケーターによるシーズンの努力賞リストのトップに立つ


BY JACK GALLAGHER
ジャック・ギャラガー

APR 10, 2018

With the epic Olympic season now concluded, Ice Time has come up with a top 10 list of the best performances by Japanese skaters.
壮大なオリンピック・シーズンが終わったことから、Ice Timeは日本人スケーターによるベスト・パフォーマンスのトップ10リストを考えてみた。

 


The list places a priority on results in major competitions like the Pyeongchang Olympics and world championships, while taking into account mitigating factors like injury, record scores and big moves up the standings.
このリストでは例えば平昌オリンピックや世界選手権のような主要な競技会における結果に重点を置いているが、怪我などの緩和要素や記録的なスコア、また大きくランキングを上げた点を考慮した。

 

 

 

1. Yuzuru Hanyu — Pyeongchang Olympics (Short Program)
1. 羽生結弦 – 平昌オリンピック(ショート・プログラム)


This was unquestionably the best performance of the season for any skater. With all of the drama and doubt surrounding the defending Olympic and world champion after his ankle injury at the NHK Trophy three months earlier, Hanyu came through with a fantastic effort that was mind-blowing.
これは間違いなく、全てのスケーターを見てもシーズンのベスト・パフォーマンスであった。

3ヶ月前のNHK杯での足首の怪我の後に前回のオリンピック・チャンピオンかつ世界チャンピオンを取り巻くドラマ性や猜疑心を全て身に受けつつ、羽生は見事な努力でやり抜き、それは極めて衝撃的なものであった。

 


“Hanyu went through one element after another with the style and panache we have come to expect from the skating giant, earning massive roars from the crowd as he ticked off each one,” Ice Time wrote.
「羽生は私たちがこのスケートの巨人に期待してきた通りのスタイルと堂々たる態度で次々とエレメントをこなしていき、その1つひとつをやり遂げるごとに観衆からとてつもなく大きな声援を集めた」とIce Timeは書いている。

 

(訳註:2/16日のIce Timeの記事の内容からです)



“The 23-year-old put on a majestic show for the ages. It was a superb exhibition of technique and showmanship that left many in attendance in awe of Hanyu’s combination of power, grace and artistic prowess.”
「23歳の羽生は威風堂々とした世紀のショーを見せつけた。

それは技術とショーマンシップの見事な表出であり、そこにいる多くの者が、力と優雅さと卓越した芸術性を組み合わせる羽生に畏敬の念を覚えていた。

 

 

I have seen some incredible feats in all of my years as a sportswriter, but this is at the very top of the list. Keep in mind that Hanyu had not even done a full run-through of his short program to Chopin’s Ballade No. 1 in Pyeongchang until that Friday morning. Hanyu’s score of 111.68 points was the second-highest ever recorded.
私はスポーツライターとしての長年のキャリアの中で信じがたいような偉業をいくつも見てきたが、これはそのリストの最上位に来るものである。

羽生はあの金曜日の朝まで、平昌においてショパンの「バラード第一番」に乗せたショート・プログラムの通し練習を一度も完全にこなしてさえもいなかったことに留意して欲しい。

羽生の111.68ポイントというスコアは、歴代第2位の記録であった。

 

 


2. Yuzuru Hanyu — Pyeongchang Olympics (Free Skate)
2. 羽生結弦 – 平昌オリンピック(フリー・スケーティング)


Though not as technically sound as his brilliant free skate at the 2017 worlds to “Hope and Legacy,” Hanyu’s free skate to “Seimei” was a defining moment.
技術的には2017年の世界選手権における「ホープ・アンド・レガシー」の煌めくようなフリー・スケーティングほど確固たるものではなかったものの、「SEIMEI」に乗せた羽生のフリー・スケーティングは決定的なモーメントであった。

 


Would Yuzu be remembered as a guy who won the Olympics once or join legends Gillis Grafstrom, Karl Schaefer and Dick Button as the only men to take the gold twice in a row?
ユヅは、一度オリンピックで優勝した男として記憶に残るのか、あるいは2大会連続で金メダルを獲得した数少ない男としてギリス・グラフストロームやカール・シェイファー、そしてディック・バトンといったレジェンドに加わるのだろうか?

 

 

With very real questions about his stamina after being sidelined for more than two months after his injury, Hanyu came through in resounding fashion, becoming the first man in 66 years to defend the Olympic title.
怪我の後に2ヶ月以上も戦線離脱していた後、彼のスタミナについて極めて実際的な疑念が沸く中、羽生は圧倒的なやり方で成し遂げて、66年振りにオリンピックのタイトルを守ったのである。

 


“Against what seemed almost insurmountable odds after suffering a serious injury to the lateral tendon in his right ankle just three months ago that kept him off the ice for two months, the Sendai native landed four quadruple jumps to scale the summit of the sport in spectacular fashion at Gangneung Ice Arena,” Ice Time wrote. “What he did here was nothing short of phenomenal.”
「ちょうど3ヶ月前に右足首の外側腱に重大な怪我を負い、結果的には2ヶ月間も氷を離れることになり、ほとんど完全に勝ち目のないような逆境にも思えた状況に立ち向かい、仙台出身の羽生は4つの4回転ジャンプを着氷し、江陵アイス・アリーナにおいて目を見張るようなやり方でこのスポーツの頂点を極めた」とIce Timeは書いた。

「彼がここで成し遂げたことは、まさに驚異的としか言いようがない。」

 

 

 

3. Yuzuru Hanyu — Autumn Classic International (Short Program)
3. 羽生結弦 – オータム・クラシック・インターナショナル(ショート・プログラム)


Hanyu began his season at this Challenger Series event in Montreal. Returning to the Chopin’s Ballade No. 1 selection that he had used in two other seasons, the Sendai native broke his own world record with a tally of 112.72.
羽生はモントリオールで開かれたこのチャレンジャー・シリーズの大会でシーズンを開始した。

以前2シーズン使用したことのあるショパンの「バラード第一番」の選曲に戻ると、仙台出身の羽生は自らの世界記録を112.72という得点で打ち破った。


In control from start to finish, Hanyu launched his Olympic season with a commanding performance in front of a huge number of Japanese fans who had traveled to Canada to watch him compete.
最初から最後までコントロールしながら、彼が闘うのを見ようとカナダまでやってきた大勢の日本のファンの前で、羽生のオリンピック・シーズンは威厳のあるパフォーマンスで幕を開けた。

 

 

(ちなみに、以下はこうなります)
4位、宇野昌磨、平昌オリンピックSP
5位、樋口新葉、世界選手権FS
6位、宮原知子、平昌オリンピックFS
7位、坂本花織、四大陸選手権FS
8位、友野一希、世界選手権FS
9位、山下真瑚、世界ジュニア選手権FS
10位、紀平梨花、全日本選手権FS

 

 

Quads in question
問題の4回転について


During a recent interview with Russia’s TASS news agency, ISU vice president Alexander Lakernik was asked if the number of falls during the men’s event was related to the quads they tried.
最近行われたロシアのTASS通信とのインタビューの中で、ISUの副会長であるアレクサンドル・ラケルニク氏は、男子の試合における転倒の数について、彼らがトライした4回転と関係があるのかという質問を受けた。

 


“During the ISU congress in June, we will discuss an offer for limiting the number of each type of quad jump to one per program instead of two which we have right now,” Lakernik responded.
「6月のISUの総会の際に、現行ではプログラムにつき各種類の4回転ジャンプを2回としているところを1回に制限するという提言について話し合う予定だ」とラケルニクは回答した。

 

 

I wanted to know what a coach, who requested anonymity, thought of this proposal.
私は、匿名を希望する あるコーチが、この提案についてどう思ったかを知りたいと思った。

 


“Will science limit the athletes going as high and fast with as many rotations as possible or will people limit it?” the coach wondered. “It appears that people are trying to limit it and I don’t know exactly why.
「アスリートができるだけ多く回転するためにできるだけ高く、またできるだけ速く動こうとするのを科学が制限するのだろうか、それとも人間が制限するのだろうか?」とコーチはいぶかる。

「どうやら、人間がそれを制限しようとしているようだが、その理由は私にはよく分からない。



“When the quad first came in, the feeling was that only a few people would be able to do it. Now you have all 24 men at the worlds doing it.”
「初めて4回転が取り入れられた時、それができるのは限られた人だけだろうという感じだった。今では、世界選手権で24人全ての男子がそれをやっているんだ。」

 

 

The coach sees limiting quads as just a stop-gap measure.
コーチは4回転を制限するというのは単なる応急措置にすぎないと見ている。

 

 

“I’m not a real proponent of that, but yet I understand what the process is,” the coach said. “So if you do one lutz, one flip, one loop, one salchow, one toe loop, that’s good. But that’s going to even the field, then what? The men will all do that, then how do you tell the difference?”
「私は特にそれを主唱するわけではないが、プロセスがどういうものかは理解している。

だから、ルッツを1回、フリップを1回、サルコウを1回、ループを1回、トウループを1回やるというなら、それでいい。

だが、それではこの競技を均一にするだけで、だからどうだというのか?

男子はみなそれをやるだろうし、それならどうやって違いを見極めるというのだろうか?」

 


The coach doesn’t favor legislating against athleticism.
コーチはアスリート魂をルールで禁止することには賛成していない。

 


“At some point in athletics, in the physicality of the sport, there has to be a difference-maker, and if they limit that then right now it would be fine,” the coach pointed out. “Then in the next couple of years people would struggle to get the quad lutz and quad flip, then the field of play will even itself out.
「運動競技のあるポイントにおいて、この競技の身体的な側面から見て、何か違いを生み出すものがなければならないし、それを制限するというなら、現時点ではいいだろう」とコーチは指摘する。

「そうなると、次の2年ほどはみな4回転ルッツや4回転フリップを会得しようと もがくだろうし、その後の闘いの場はそれ自体が平坦なものになるだろう。

 

 

“Then they will have to do something different to distinguish between the top and the rest. It won’t be a big deal right now, but in 4-5 years they will all be doing the same thing.”
「するとトップとその他との差を付けるために何か違うことをすることが必要になるだろう。今はさほど大したことではないが、4-5年経つと、みな同じことをするようになるだろう。」



saikorinさんありがとうございました。





Jack Gallagher氏より

https://twitter.com/sportsjapan/status/983901416077996033?s=21


Here is the Japanese translation of the first section (on Yuzu) and last part (about quads) of this week's Ice Time. 


 https://ameblo.jp/yuzuemon1207/entry-12367395232.html






画像はお借りしました。

ランキング参加中。ぽちされたし

 

ばりぃさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス