Japan Timesより。引退後の新たなスケートツアーへの提案。 | まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

テーマ:

4月3日付のJapan Timesに掲載された、ジャック・ギャラガー氏のコラムです。

 

https://www.japantimes.co.jp/sports/2018/04/03/figure-skating/hanyu-headline-new-pro-tour-future/#.WsNoKC7FLIU

 

 

 

With two Olympic gold medals, Yuzuru Hanyu is one of the greatest skaters of all time. What he will do after he retires someday is unclear, but his name value in almost any endeavor would ensure success. | AP
2つのオリンピック金メダルを手にした羽生結弦は、史上最高のスケーターの1人である。

いつか引退した後、彼が何をするのかは分からないが、どんな試みにおいても彼のネームバリューが必ずや成功を保証してくれるだろう。

 


FIGURE SKATING | ICE TIME
Could Hanyu headline a new pro tour in the future?

羽生が将来新たなプロ・ツアーで見出しを飾ることがあるだろうか?


BY JACK GALLAGHER
ジャック・ギャラガー


APR 3, 2018

A thought crossed my mind recently.
最近、ある思いが私の頭をよぎった。

 


With Yuzuru Hanyu undecided on his athletic future at this point, could he be a part of a new skating endeavor that would be successful?
現時点で羽生結弦がこの先の競技について気持ちを固めていない中、彼は成功を模索する新たなスケートの試みに加わることがあるのだろうか?

 

 

What do I have in mind?
私はどう思っていると思う?



A new professional skating tour, primarily centered in Asia, that the two-time Olympic gold medalist would headline and compete in along with other retired skaters. Hanyu’s contemporaries like Patrick Chan, Javier Fernandez and other prominent names could participate as well.
主にアジアを中心として、2度のオリンピック金メダリストがヘッドラインを飾り、他の引退したスケーターたちと共に競い合う、新しいプロ向けのスケート・ツアーだ。

パトリック・チャンやハビエル・フェルナンデス、その他有名な人たちなど、羽生と同時代のスケーターたちも参加できるものだ。



Hypothetically add in the likes of Mao Asada, Miki Ando, Akiko Suzuki and more skaters from their era, and the prospect becomes even more interesting.
仮定の話だが、浅田真央や安藤美姫、鈴木明子他、多くの同時代のスケーターたちも加えてみるともっと面白い展望になる。



What I envision is a singles circuit that would be held from April-July, after the regular ISU season has ended, with 3-4 events. Two would be based in Japan, one in China, and another maybe in Hawaii. Places that fans from Japan and Asia could easily access.
私が思い描いているのは、通常のISUのシーズンが終わったら、シングルの試合が4月から7月の間に3つか4つ開催されるというものだ。

そのうちの2つは日本を基盤に、1つは中国で、そしてもう1つはハワイあたりで。どこか日本やアジアのファンが行きやすい場所だ。

 

 

I think it is fairly clear now that any initiative Hanyu’s name is attached to in this region is going to be a big success. The Sendai native is a lot more than a great star now, he has become a global celebrity with a golden touch, and skating is booming in this part of the world like never before.
この地域においては、羽生の名前を冠していればどのような構想も大成功となることは明々白々だと思う。

仙台出身の羽生は、今や単なる偉大なスターを遥かに超え、金の指先を持つ世界的なセレブリティになっており、世界のこの地域ではスケートがかつてないほどの隆盛を見せているのだ。



Just imagine for a moment, contacting Japanese TV networks and companies and saying, “Yuzu is starting his own pro skating tour and wants to know if you would be interested in being involved?”
ちょっと考えてみて欲しいのだが、日本のTVネットワークや企業に問い合わせをして、こう言ったらどうだろうか。

「ユヅが独自にプロによるスケーティング・ツアーを始めて、あなた方も一枚噛みたいかどうか知りたがっていますよ」と。



Think the response might be positive?
答えはイエスだと思う?



Ice Time’s take is that the line to sign up would be out the door.
Ice Timeは、申込みの列がドアの外まで連なるだろうと見ている。

 

 

With Hanyu being just 23, it is hard for Ice Time to envision him just walking away from ISU competitions now. I believe he will skate on to Beijing 2022 and try to equal the record of Sweden’s Gillis Grafstrom with three consecutive (1920, 1924, 1928) Olympic golds.
わずか23歳の羽生が、今ISUの試合からこのまま去っていくのを想像することは難しい。

私は彼が2022年の北京大会までスケートを続け、3大会連続でオリンピックの金を獲ったスウェーデンのギリス・グラフストロームの記録に並ぼうとすると信じている(1920年、1924年、1928年)。



If Hanyu does carry on to the next Winter Games in China, he would be 27 at the time. I don’t think age is the issue with Yuzu, he strikes me as the kind of person who just loves to compete. I just can’t see him being satisfied skating only in shows.
本当に羽生が次の中国での冬季大会まで続行するなら、その時彼は27歳だ。

年齢はユヅにとって問題ではないと思っているし、彼は何と言っても試合が大好きなタイプの人だという印象を得ている。

彼がショーで滑るだけで満足している姿など思い描くことができないのだ。

 

 

Even four years from now, I believe Hanyu will still relish the chance to be part of competitive events. Any great athlete who is now retired, be it Michael Jordan, Pele, Wayne Gretzky or Sadaharu Oh, will tell you that the best times of their lives were when they were in the heat of battle.
今から4年後であっても、羽生は競技会に出場する機会を楽しめると思っている。

マイケル・ジョーダンやペレ、ウェイン・グレツキー、そして王貞治など、今は引退しているどんな偉大なアスリートであっても、その人生の最高の時は闘いのさなかにあった時であると語ってくれるだろう。



This is when they made their reputations, forged lifelong friendships, and built up a brand they profit from to this day. It has often been said that athletes actually die twice — once when their careers are over and again at the end of their lives.
彼らがその名声を得て、生涯に渡る友情を築き、今日に至るまで収益を得られる1つのブランドを構築したのもこの時なのだ。

アスリートは実際には2度死ぬ、とはよく言われることだ。

つまり1度目はそのキャリアが終わる時、そして2度目はその人生を終える時だ。

 

 

Ice Time reached out recently to Emi Watanabe, Japan’s first female world medalist, who 38 years ago competed in the World Professional Figure Skating Championships in the United States that was organized by Dick Button and televised on ABC, for her thoughts on the prospects for a new pro tour.
Ice Timeは最近、日本人で初めて世界選手権の女子メダリストとなった渡部絵美に連絡を取った。

渡部は28年前にアメリカで開催された世界プロフェッショナル・フィギュア・スケート選手権に出場したが、その試合はディック・バトンが運営したものであり、ABCでテレビ放映された。

彼女に新たなプロ・ツアーの見込みについての考えを尋ねた。



The event Watanabe participated in was a team one, held in Landover, Maryland, that did not have individual scoring. The Tokyo native was on the Blue team that included the likes of Robin Cousins, Linda Fratianne, Tai Babilonia and Randy Gardner. The opposing Red team had huge names such as Peggy Fleming, Dorothy Hamill and Toller Cranston on its roster.
渡部が出場した試合は団体戦で、メリーランド州ランドーバーで開催され、個人別のスコアリングはなされなかった。

東京生まれの彼女はブルー・チームに属し、他にはロビン・カズンズやリンダ・フラチアニ、タイ・バビロニアとランディー・ガードナーなどがいた。

対するレッド・チームにはペギー・フレミング、ドロシー・ハミルおよびトーラー・クランストンなどのビッグ・ネームがリストに載っていた。

 

 

“Thirty-eight years ago when the professional championship was held, great stars like Peggy Fleming skated and the fans were just looking at the beauty of her artistic performance, which was awesome,” Watanabe recalled. “I was honored to skate with the legends.”
「38年前、プロフェッショナルの世界選手権が開催された時、ペギー・フレミングなどの偉大なスターが滑り、ファンは彼女の芸術的な演技の美しさにただ見とれていたし、素晴らしい演技でした」と渡部は回想する。

「レジェンドたちと滑れたことは光栄でした。」



Watanabe then addressed how skating has changed in the past four decades.
渡部は続けて、過去40年の間にスケートがいかに変わったかについて言及した。



“Fans now are used to seeing the great jumps and spins and more athletic performances,” she noted. “If there is going to a pro circuit they should divide the type of competition. The younger skaters and those who have just retired will of course be jumping and spinning, but the legends still have a lot to offer although not as aggressively. The big names will of course sell tickets.”
「今のファンは優れたジャンプやスピン、それによりアスレチックな演技を見ることに慣れています。

プロによる試合があったなら、競技のタイプを分けるべきでしょう。

より若いスケーターたちや引退したばかりの者たちなら、もちろんジャンプやスピンもできるでしょうが、レジェンドたちもそこまで積極的ではなくてもまだまだ多くのものをお見せできます。

ビッグ・ネームならもちろんチケットも売れますよ。」

 

 

Watanabe said she believes that more focus on artistry would be appealing.
渡部は、もっと芸術性に焦点を当てれば魅力的だろうと思っているそうだ。



“The singles competition might work if it is not another Grand Prix type competition,” Watanabe stated. “It should be free skating doing what they do best and is appealing to the judges.”
「シングルの試合は、また別のグランプリ・タイプの試合でなければうまくいくと思います。それは彼らが最高の演技を滑れるフリー・スケーティングであって、同時にジャッジにもアピールするものであるべきです。」



I spoke with Button on the telephone Monday night to get his take on the possibility of Hanyu fronting a pro tour in the future.
月曜日の夜、私はバトンと電話で話して、将来羽生がプロ・ツアーの先頭に立つという可能性について彼の意見を求めた。



“Yuzuru Hanyu must be a multimillionaire by now,” Button commented. “I’m sure he will continue to skate on and make money. But I don’t know if he will have the motivation to be a part of competitions.”
「羽生結弦ならもうこれまでに大枚を稼いでいるに違いない」とバトンはコメントした。

「彼はきっとスケートを続けると思うし、稼ぐと思うよ。だけど、彼が試合に出場するモチベーションを持てるかどうかは分からない。」

 

 

Button organized a professional championship back in 1973 that was held in Tokyo. His series resumed in 1980 in Maryland and continued until the early 2000s, when skating popularity in U.S. begin to decline.
バトンは1973年に東京で開かれたプロの選手権を運営したことがある。

彼のシリーズは1980年のメリーランド大会で再開され、2000年台の初頭まで続いたが、その頃アメリカではスケート人気が落ち始めていた。



Button said a lot has changed since 1973.
1973年から大きく変わった、とバトンは言う。



“You have to remember that was the amateur era, when skaters were lucky to get a $25 gift certificate for skating,” Button said.
「あの当時はアマチュアの時代だったことを思い出さないとね。当時スケーターたちは滑ると25ドルのギフト券がもらえるほど幸運だったのだ」とバトン。



I asked Button what was the catalyst for the event 45 years ago in Japan.
45年前の日本での試合において、触媒となったものは何であったのかとバトンに訊いてみた。

 

 

“Janet Lynn (the bronze medalist at the 1972 Sapporo Olympics),” Button stated. “She was very popular in Japan and they wanted to see her skate again. We held it at Yoyogi Stadium and Japanese TV broadcast it.”
「ジャネット・リン(1972年札幌オリンピックの銅メダリスト)だよ」とバトン。「彼女は日本で大人気で、もう一度彼女の滑りをみんなが見たがったんだ。あれは代々木体育館で行われて、日本のテレビ局も放送したんだ。」

(ここから女子の話)

 

 

 

 

プロ向けの試合についての提案。

とても興味深いです。

 

I just can’t see him being satisfied skating only in shows.

私もそう思います!

.

 

 

 

saikorinさんありがとうございました。

 

画像はお借りしました。
ランキング参加中。ぽちっと押すのだ

ばりぃさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.