Japan Timesより。記憶に残るプログラム。 | まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

テーマ:

Japan Timesに掲載されたギャラガー氏のコラムです。

 

日本でもおなじみのキャンデロロ氏のコメントです。

 

 

 

 

https://www.japantimes.co.jp/sports/2018/03/06/figure-skating/candeloro-feels-hanyu-will-skate-2-4-years/#.Wp56nmrFLIU

 

Candeloro feels Hanyu will skate 2-4 more years
キャンデロロは羽生ならあと2-4年は滑ると思っている



BY JACK GALLAGHER
ジャック・ギャラガー

MAR 6, 2018
2018年3月6日

The big extravaganza in Pyeongchang is over now and what a show it was. In every category, the skating performances were simply amazing.
平昌での華やかな祭典はもう終わったが、何というショーであったことか。どのカテゴリでも、スケートの演技はただ素晴らしかった。



Yuzuru Hanyu and Shoma Uno in the men’s, Alina Zagitova, Evgenia Medvedeva, Kaetlyn Osmond and Satoko Miyahara in the women’s, Aljona Savchenko and Bruno Massot in pairs, Tessa Virtue and Scott Moir and Gabrielle Papadakis and Guillaume Cizeron in ice dance.
男子では羽生結弦と宇野昌磨、女子ではアリーナ・ザギトワ、エフゲニア・メドベデワ、ケイトリン・オズモンド、そして宮原知子、ペアではアリオナ・サフチェンコとブルーノ・マソット、アイスダンスではテッサ・バーチューとスコット・モイヤー、そしてガブリエル・パパダキスとギヨーム・シゼロンだ。



For skating fans, it was an intensive period of the world’s best on the sport’s grandest stage. For those of us who were fortunate enough to be there, it was even more than that.
スケートのファンにとっては、この競技の最も大きなステージで世界のベストプレイヤーたちが集まる期間だった。幸運にもその場に居合わせることができた者たちにとって、それでは済まないくらいのものだった。

 

 

Day after day a cavalcade of stars in competition and at practice, all in the very same place. For skating aficionados, it was nirvana.
来る日も来る日も試合や練習にはスターがオンパレードで、みなが一堂に会していた。熱狂的なスケート・ファンにとって、それは至福の境地だった。



On the final day of the Pyeongchang Games, I spoke with two-time Olympic bronze medalist (Lillehammer — 1994, Nagano — 1998) Philippe Candeloro of France about Hanyu at Gangneung Ice Arena.
平昌大会の最終日、私は2度のオリンピック銅メダリスト(1994年のリレハンメルと1998年の長野)であるフランスのフィリップ・キャンデロロと江陵アイス・アリーナで羽生について語り合った。



Even though several days had passed since Hanyu won his second straight Olympic gold medal, the skating community was still in awe of what the Sendai native had accomplished.
羽生が連覇して2度目となるオリンピックの金メダルを獲ってから数日が経っていたものの、スケート・ファンたちは仙台出身の彼が成し遂げたことについて未だに畏敬の念に包まれていた。



I asked Candeloro, who worked for French TV at the Olympics, what he thought of the 23-year-old superstar.
オリンピックでフランスのTVのために仕事をしていたキャンデロロに、23歳のスーパースターについてどう思ったか尋ねてみた。

 

 

“For me, I always say he is an ‘alien’ and ‘alien guy,’ ” Candeloro stated. “He is the first to have done many things and also he is the two-time Olympic champion.
「僕としては、日頃から彼のことを『宇宙人』とか『宇宙から来たヤツ』と読んでいるんだ」とキャンデロロは話し始めた。

「彼は多くのことを成功させて1位になり、2度もオリンピック・チャンピオンになったしね。」



“I spoke to him yesterday and asked him, ‘What are you going to do now? Are you going to be a professional? Or are you going to continue?’
「昨日彼に話しかけてこう訊いたんだ。『これから君はどうするつもりなのかい?プロになるのかな?それとも、このまま続けるの?』って。



“His reply to me was only to laugh and say, ‘I want to do a quad axel.’ “
「彼はただ笑って返しただけで、こう言ったんだ。『4回転アクセルをやりたい』って。」

 


Candeloro saw Hanyu’s comment as an indication that the two-time Olympic gold medalist is nowhere near retiring from competing.
キャンデロロは羽生のコメントを聞いて、2度のオリンピック金メダリストはまだ競技を退く気は全くないと見た。



“This means he is probably going to continue two or four more years to try to be the first man to realize the quad axel in competition,” Candeloro commented.
「これは恐らく、彼がこの先2-4年ほど続けて、最初に試合で4回転アクセルを成功させたいと思っているのだろう」とキャンデロロはコメントした。

 

 

I asked Candeloro, who is still popular in Japan to this day, where he ranked Hanyu among the all-time great skaters.
私は今でも日本で人気のあるキャンデロロに、羽生を歴代の偉大なスケーターの中でどこに位置づけるかと尋ねた。



“I think he is one of the best skaters of the 21st century,” Candeloro said. “Technically, we have never seen a guy like this, and he is very strong. After the injury he had in the beginning of the season, and then he comes back after just three weeks of jumping, he is incredible.”
「僕は、彼は21世紀で最も優れたスケーターの1人だと思っているよ」とキャンデロロ。

「厳密にいうと、こんな人は今まで見たことがないし、彼はとても強い。シーズン当初に怪我した後で、ジャンプしてからわずか3週間後にカムバックを果たすなんて、彼は途方もなく素晴らしい。」

 


Candeloro then bemoaned the loss of the transcendent stars skating has boasted in the past.
キャンデロロは続けて、過去にスケート界が誇ってきたようなずば抜けたスターがいないことを嘆いた。

 


“Since 2000, we have started losing charismatic skaters in every category,” Candeloro noted. “Like we don’t have a great program to remember. We already can’t remember four years ago what he (Hanyu) has done in Sochi, except in his country, because he is like a god.
「2000年以降、どのカテゴリでもカリスマ性のあるスケーターがいなくなり始めたんだ。記憶に残る素晴らしいプログラムがないのと同じだね。僕たちはすでに、日本を除いて、彼(羽生)が4年前にソチでやったことも思い出せないんだけど、それは彼が神のようだからだ。

 

 

“The Japanese have a very long memory, so they remember exactly what he did,” added Candeloro. “The program, every jump, where the jump was, and the spin and everything.
「日本人は記憶力がいいんだよ、だから彼らには羽生がどんなことをしたかを正確に思い出せるんだ。プログラム、1つひとつのジャンプ、どこでジャンプを跳んだか、そしてスピンやその他についてもだ。



“But all around the world, it is more difficult to remember. So we are missing some great programs like people remember more, the atmosphere of the program, than the jumps they have made.”
「だけど世界中では、覚えているのは結構難しいんだよ。だからどんなジャンプを跳んだか以外に、プログラムの雰囲気だとか、人びとの記憶に深く残るような偉大なプログラムが不足しているんだよ。」



Ice Time was in the White Ring that magical night in Nagano in February of 1998 when Candeloro put on a fantastic show to “D’Artagnan” in taking the bronze. When fans left the arena, they weren’t talking about gold medalist Ilia Kulik or silver medalist Elvis Stojko, they were talking about Candeloro.
Ice Timeはキャンデロロが銅メダルを獲った「ダルタニアン」に載せて魅力的なショーを見せてくれた1998年2月の長野の魔法の夜のホワイトリング(訳註:現在の長野市真島総合スポーツアリーナ)にいた。

アリーナを去る時、ファンは金メダリストのイリヤ・クーリックや銀メダリストのエルビス・ストイコの話ではなく、キャンデロロのことを話していた。

 

 

When I mentioned his swashbuckling program of yesteryear, Candeloro demurred.
私が彼の往年の向こう見ずなプログラムについて言及すると、キャンデロロは異議を唱えた。



“It is difficult to talk about myself, but last night we had an interview with Katarina Witt and when she did ‘Carmen,’ people remember it. People remember ‘Bolero’ from (Jayne) Torvill and (Christopher) Dean. Also, the Duchesnays, (Isabelle and Paul), the brother and sister team (ice dancers from France), made many good memories.”
「自分のことを話すのは難しいけど、昨日の夜カタリーナ・ヴィットにインタビューしてね、彼女が「カルメン」をやった時、人びとの記憶に残ったんだ。人びとは(ジェーン)トービルと(クリストファー)ディーン組の「ボレロ」も覚えている。他にも、兄と妹によるチームであったデュシュネー組(イザベルとポール)(フランスのアイスダンス選手)も覚えていて、いい思い出がいくつも作られた。」

 


Candeloro reiterated his admiration for the skaters of the present day, while expressing concern that skating’s artistry is being lost.
キャンデロロは今日のスケーターへの称賛も繰り返し述べたが、スケートの芸術性が失われつつあることへの懸念も表明した。

 


“They give us a very good sport now. We have a lot of very, very good athletes right now on the ice,” Candeloro stated. “But with the rules we lost the artistic impression, where the public can have some remarks about the skaters and remember them.”
「今とても楽しませてもらっているよ。今もとても、とてもいいスケーターたちが氷上にたくさんいるからね。だけど、ルールによってアーティスティック・インプレッションが失われている。スケーターについてコメントが寄せられるのはこういう部分だし、そういうところが記憶に残るんだがね。」

 

 

 

 

アイスショーなどで、個性あふれるパフォーマンスを見せてくださるキャンデロロさん。

フィギュアスケートにおける表現力の幅を見る思いです。

 

 

記録に残る演技はもちろん必須ですが、ジャンプばっか跳んでるってどうよ?

ってのは、未だに私の持論です。

 

 

 


 

saikorinさんありがとうございました。

 画像はお借りしました。

 ランキング参加中。ぽちっとな

ばりぃさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。