オリンピック公式より。特別な絆。 | まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

テーマ:

オリンピック公式サイトに3月2日付で掲載された記事です。

 

https://www.olympic.org/news/figure-skating-stars-hanyu-and-fernandez-share-a-very-special-bond

 




PYEONGCHANG 2018
FIGURE SKATING STARS HANYU AND FERNÁNDEZ SHARE A VERY SPECIAL BOND

フィギュア・スケートのスター、羽生とフェルナンデスは、とても特別な絆を分かち合っている

 


THE ROAD TO BACK-TO-BACK OLYMPIC GOLD MEDALS HAS BEEN LITTERED WITH OBSTACLES FOR JAPANESE FIGURE SKATER YUZURU HANYU, BUT HE HAS ALSO BEEN BOLSTERED BY AN ENDURING FRIENDSHIP WITH ONE OF HIS MAIN RIVALS.
日本のフィギュア・スケーター、羽生結弦にとって2大会連続のオリンピック金メダルへの道にはあちらこちらに障害が置かれていたが、彼は主要ライバルの1人との揺るぎない友情によって支えられて来たとも言える。

 

 

After the results of the men’s figure skating free programme were announced at the Gangneung Ice Arena, when Hanyu and Fernández shared a long embrace. It was one of many such public displays of affection during the years of competition between two of figure skating’s biggest stars, who train together in Canada under coach Brian Orser.
江陵アイス・アリーナで男子フィギュア・スケートのフリー・プログラムの結果が発表されると、羽生とフェルナンデスは長く抱擁しあった。

これは共にカナダにてコーチのブライアン・オーサーの元でトレーニングしているフィギュア・スケート最大級のスターである2人の間で、長年試合の際に何度も人前で見せてきた愛情表現のワンシーンであった。

 


 


“We're never both doing well at the same time. When things are good for him, I'm doing badly, and that pressures me to work harder to keep up. Then when I'm doing well he's doing badly, and he gets sort of emotional about it," Hanyu said after his latest victory.
先日の勝利の後で、羽生は次のように語った。

「僕たちは同時に調子が良いという時はなかった。彼がうまくいっている時は、僕がダメで、そういう時僕は追いつこうとしてもっと練習しないと、というプレッシャーを感じる。それで、僕がうまくいっている時は、彼の方がダメで、彼がそれでちょっとばかり感情的になるというように。」

 


“The fact that we can practise with emotion involved makes it effective. I owe him more than I can ever say."
「特別な思いを抱きながら練習できるということが物事を効果的にしてくれた。言葉では言い尽くせないほど、彼のおかげだと思っている。」

 

 

 

 

Fernández added: "We support each other in a different way. When we're not talking, we just look at each other and make each other better."
フェルナンデスが続けた。「僕たちは様々な方法で互いをサポートしている。話をしなくても、互いの目を見るだけで、互いにうまくなれるんだ。」



Hanyu, 23, welcomes the long-term support he has received from his friend as he has battled not only injury, but the emotional strain and disruption caused by a major natural disaster that struck his home town of Sendai in 2011.
23歳の羽生は、怪我のみならず、2011年の故郷仙台を襲った大きな自然災害による感情面での緊張や困惑とも闘ってきたことからも、友から長期にわたり受けてきたサポートに感謝している。

 

 

 


A training injury just months before the Winter Games in PyeongChang did not just place in doubt his chances of defending his Olympic crown, it also seemed to threaten his entire skating career.
平昌の冬季大会数ヶ月前に負った練習中の怪我により、彼がオリンピックの王冠を守る可能性が怪しくなっただけでなく、それは彼のスケート・キャリア全体をも脅かすことのように思われた。

 

 

"More than worries about my strength, I was actually concerned about whether I'd be able to stand on skates again," Hanyu told reporters after overcoming a stumble in his mesmerising free performance to win his second gold medal. He also suffers from asthma that once limited his training time.
羽生はめくるめくようなフリーの演技で躓きそうになったところを持ちこたえて2度目の金メダルを勝ち取った後、記者たちに次のように語った。

「自分の力についての心配よりも、実はもう一度スケート靴を履いて立てるようになるのかどうかについての心配をしていた。」

羽生は練習時間に制約をもたらした喘息にも苦しんでいる。



As a teenager, he was practising in his hometown of Sendai in northern Japan in 2011 when a 9.0 magnitude earthquake set off a tsunami and nuclear meltdown.
10代後半、マグニチュード9.0の地震により津波と原発事故が起きた2011年、羽生は日本の北部にある故郷仙台で練習中だった。



As the ice cracked around him and the arena shook so hard he couldn't stand, Hanyu crawled off the ice and fled outside in his skates without even putting on the guards, damaging them.
周囲の氷が割れアリーナが激しく揺れると、立っていられなくなった羽生はリンクから這い出て、カバーも付けずにスケート靴を履いたまま外に逃げ、靴は台無しになった。

 

 

 


“Those were really tough days, but I was inland and only suffered from the [earth]quake, although we didn't have electricity, gas or water. Many others suffered much more, from the tsunami and nuclear disaster,” he recalled.
「あの頃は本当に大変だったが、僕は内陸の方にいたので地震の被害のみだったけれど、電気もガスも水もなかった。

他にも多くの人びとが津波や原発事故によりもっと酷い被害に遭っている」と羽生は思い返した。

 

 

“So many people in the disaster zone smiled when I came to them from Sochi after winning the gold. I hope they'll take even more confidence from this and smile even more.”

「金メダルを獲ってソチから帰って災害にあった地域の人たちの所に行くと、本当に多くの人たちが笑顔を見せてくれた。今回(の金メダル)からもっと自信を感じてもらって、もっと笑顔になってくれたらと願っている。」

 

 

 


The support that Hanyu has been able to rely on from his friend Fernández has been an important emotional bolster – so much so that when the Spaniard told Hanyu that PyeongChang 2018 would be his last Olympic Winter Games, the latter is reported to have broken down and said, “I can’t do it without you”.
羽生が友であるフェルナンデスを信頼して彼から得られたサポートは、感情面での支えとなる大事なものであった。

それは、このスペイン人が羽生に対し、2018年の平昌が自身の最後の冬季オリンピック大会になるだろうと伝えた時に、羽生が泣き出して「君なしではできないよ」と言ったほどのものだった。

 

 

 

Fernández summed up their friendship thus: “With ‘Yuzu’, we are everything, we are friends, we are teammates, at some point we have to be rivals.
フェルナンデスは2人の友情について次のようにまとめた。

「ユヅとは、全てであり、友であり、チームメイトであり、そしてある時はライバルにならねばならない。

 


“It’s like having a wife. Your wife is your friend, your wife is everything - but it depends on the time. When we are on the ice, we are competing against each other, but when the competition is done, we are friends again, and we work together again.”
「奥さんを持つようなものだよ。奥さんは友であり、奥さんはすべてである – でもそれは時によるでしょう。

氷に乗っている時、僕たちは互いに競い合うけれど、試合が終わったら、また友になる。そしてまた一緒に練習するんだ。」

 

 

 

 

saikorinさんありがとうございました。

 

サイトに飛んでみると・・・・・

 

 

 

 

 

誰(逃)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像はお借りしました。

 ランキング参加中。ぽちっとな

ばりぃさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。